【秋の夜長に】絶対に観るべき、何度観ても感動の恋愛名作洋画10選

見ているだけでドキドキしてきて、思わず恋愛がしたくなってしまう…そんな恋愛映画は何本観ても飽きないものですよね♪しかし、邦画の恋愛映画ばかり見てしまって、洋画の恋愛映画は飛ばしてしまいがち…そんな人も意外と多いのではないでしょうか。そこで今回は、そんな方におすすめな名作恋愛洋画をご紹介していきます。

公開日:    最終更新日:

いつ見てもドキドキできる名作恋愛洋画♪


https://www.instagram.com/p/BppK5_Wh2wn/

恋愛映画を観ると、しばらくはその世界観に浸ってしまうものですよね。洋画の名作ともなれば、日本ではありえないようなシチュエーションや女性が憧れる甘い言葉がたくさん出てくるものです。洋画ならではのセリフは、女性なら一度は言われてみたいもの。

新作の恋愛洋画も良いけれど、少し昔の恋愛映画も素敵ですよ。また、タイトルは聞いた事がある、以前から観てみたいと思っていたなど、この機会に恋愛洋画の名作を鑑賞してみるのもおすすめです!恋愛映画には、切なさ、憧れ、共感できるものがたくさん詰まっています。

最近ドキドキしていない方も、恋愛洋画を観れば素敵な恋をしたくなってしまうかも知れませんよ。

人生で一度は観るべき名作恋愛洋画10選

恋人たちの予感


https://www.instagram.com/p/BgGlv_vFqNa/

ある男女の11年にわたる愛と友情を描いています。出演はビリー・クリスタルとメグ・ライアン。原題は「When Harry Met Sally…」。制作・監督は「スタンド・バイ・ミー」のロブ・ライナーです。主題歌はジャズのスタンダード「It Had To Be You」のフランクシナトラ版。この曲が映画にぴったりなんです。

男女の友情はありえるのか?友達以上だけど恋人ではない二人の関係の行方を見終わった後、何とも言えない幸せな気持ちになれる恋愛洋画の名作です。キュートなメグ・ライアンが可愛い大人の女性を見事に演じています。

(あらすじ)
77年のシカゴ。大学を卒業したばかりのハリー・バーンズ(ビリー・クリスタル)とサリー・オルブライト(メグ・ライアン)は、NYへ引っ越しするために車で相乗りすることになります。軽いタイプのハリーに対して生真面目さを持ち合わせているサリーは、映画「カサブランカ」の結末の受け取り方の違いから言い争いに。

それから5年後、再会した2人はお互いの名前を覚えていたことに驚きますが、飛行機の中でまたしても口論に。さらに5年後、離婚寸前のハリーと恋人との別れから立ち直ろうとしているサリーが再会します。これを機会に2人は友達同士になっていきます…。

イルマーレ


https://www.instagram.com/p/Bp0iJOGHQ-G/

スピード以来、12年ぶりの共演となったキアヌ・リーブスとサンドラ・ブロック主演の大ヒット・ファンタジー・ラブストーリーです。原題は「The lake house」。ポール・マッカートニーが歌う「This never Happened Before」をバックに2人が抱き合って踊るシーンは最高にロマンティックです。時を超えた幻想的な恋愛洋画の名作を観たい人におすすめです。

(あらすじ)
シカゴの大学病院で働くために、お気に入りの湖畔の家を引き払うことになったケイト(サンドラ・ブロック)。彼女は新たな勤務先のあるシカゴへ引っ越すことになり、手紙の転送をお願いするために次の住人宛てに置き手紙をポストに入れていきます。しかし、その手紙は魔法のようなタイムスリップによって2年前の住人アレックス(キアヌ・リーブス)のもとへ届きます。2人はその日から文通を始め、人生や恋について語り合っていきます。いつしかお互いがかけがえのない存在になっていきますが…。

きみに読む物語


https://www.instagram.com/p/Bqmt7OlAoxH/media/?size=l

2005年に公開されたニコラス・スパークスのベストセラー小説を映画化した正統派の青春ラブ・ロマンスです。身分違いの若い男女の愛の軌跡が、ある老人の回想を通して語られていきます。切なくて泣ける名作恋愛洋画ですが、とても感動的で素敵な物語です。

(あらすじ)
療養施設で暮らしている初老の女性(ジーナ・ローランズ)は、アルツハイマー病により過去の思い出を失っています。そこへ、デュークと名乗る男性(ジェームズ・ガーナ―)が定期的に通ってきて、彼女に「恋の物語」を読み聞かせます。

物語は1940年代のノース・カロライナ州シーブルック。家族とひと夏を過ごすためこの地にやって来た良家の子女、17歳のアリ―(レイチェル・マクアダムス)と材木工場で働く地元の青年ノア(ライアン・ゴズリング)が恋に落ちる話。実はこの物語は…。

ゴースト


https://www.instagram.com/explore/tags/ghostニューヨークの幻/

1990年に公開された恋愛洋画の名作「ゴースト・ニューヨークの幻」は、幽霊となっても愛する人を守ろうとする男性の姿を描くファンタジックなラブストーリーです。この映画には「天使にラブソングを」などに出演したウーピー・ゴールドバーグが霊媒師役で出演していますが、存在感抜群です!主題歌の「アンチェインド・メロディ」が流れるラブシーンは今なお語り継がれる名作ですよ。

(あらすじ)
銀行員のサム・ウィート(パトリック・スウェイジ)は恋人のモリー・ジャンセン(デミ・ムーア)と幸せな共同生活を始めます。しかしサムがモリーにプロポーズした晩、2人は暴漢に襲われ、モリーを守ろうとしたサムは撃ち殺されてしまいます。サムの魂は天国行きを拒否し、モリーをいつまでも見守ることを選びますが…。

トワイライト


https://www.instagram.com/p/BbVQv_nHw9X/media/?size=l

ヴァンパイアと人間の禁断の恋を描いたステファニー・メイヤーのベストセラー小説を映画化したのが「トワイライト」です。主演はクリステン・スチュワートとロバート・パティンソン(ハリーポッターと炎のゴブレット出演)。女性なら誰もが憧れるシチュエーションが多く、主人公のベラを羨ましい!と感じてしまうシーンも多いはず。この恋愛洋画はシリーズ化していて、2作目の「ニュームーン」から、「エクリプス」「ブレイキングドーンPart1、Part2」へと続きます。オオカミ族のジェイコブとの三角関係もみどころです。

(あらすじ)
アリゾナからワシントンの高校に転校してきたベラ(クリステン・スチュワート)は、謎めいた美青年エドワード(ロバート・パティンソン)に心を奪われます。しかし彼は陽の光を浴びても死ぬことのない永遠の命を持つヴァンパイアだったのです。

ベラは真実を知っても恐怖を感じるどころか、さらにエドワードへの想いを募らせていきます。一方エドワードの方も、ベラの放つ特別な香りにヴァンパイアとしての欲求が沸き上がるのを抑えながら、彼女に惹かれていきます。

そんなとき、放浪していた別のヴァンパイアの一族がベラを獲物として狙い始めます…。

風と共に去りぬ


https://www.instagram.com/p/BqCtpjpFkuj/

1939年に制作され、アカデミー賞主演女優賞を始めとした10部門に輝いた誰もが知っている名作。愛や戦争に翻弄されながらも力強く生き抜いていく令嬢スカーレット・オハラの姿を描いている映画です。

ベストセラーになったマーガレット・ミッチェル原作小説を映画化したもの。ヒロイン役のヴィヴィアン・リーがとにかくチャーミングで、映画の内容も濃く、上映時間228分なのに飽きずに一気に観ることができる恋愛映画の名作です。最後のシーンでスカーレットが言うセリフは有名。主題歌「タラのテーマ」を聴くたびに映画のワンシーンを思い出すことでしょう。

(あらすじ)
時代は南北戦争勃発寸前のアメリカ。名家の御曹司アシュレー(レスリー・ハワード)に想いを寄せていた大富豪の娘スカーレット(ヴィヴィアン・リー)。しかし、彼は別の女性と結婚してしまいます。嫉妬したスカーレットはとんでもない行動をとってしまいますが…。

ローマの休日


https://www.instagram.com/p/Bp_D66YleCs/

関連記事