【終わらない産後クライシス】いつまで続くの?解決方法はある?

 辛い産後クライシス…みんなが体験しているの?

「産後クライシス」。すべての女性が陥るわけではありません。妻の性格や夫婦関係に起因することが多いようです。

  • 真面目で、完璧を求める
  • 神経質
  • 素直に助けを求めることができない

こういう性格の女性は要注意です。いつまでも終わらない育児や家事。両方完璧にする時間などありません。家事が思うようにできなくてもいいや。少し楽天的に考えられると育児を楽しむ余裕ができると思います。

しかし、一番大きく影響するのは夫婦関係です。夫が出産後、育児に協力的でないときいつまでも終わらない「産後クライシス」に陥る可能性が高くなります。育児は決して一人で行うものではありません。夫が自発的に手伝ってくれるならば、いつまでも終わらないような「産後クライシス」を避けることができます。

産後クライシスはいつまで続くもの?

「産後クライシス」がいつはじまり、いつまでに終わるのか。終わらないのか。はっきり証明するものはありません。答えは夫婦の数だけあると言えるでしょう。

「産後クライシス」の始まりは?

産後、女性の生活スタイルは大きく変化します。いつまでも終わらない赤ちゃんの世話。夜中の授乳。まともに寝ることもできません。また、産後の女性の体は、全治1ヶ月の交通事故に相当するダメージを受けている、と例えられています。産後の女性には助けが必要です。この時期に「夫が助けてくれない」と女性が感じれば、それが「産後クライシス」の始まりと言えます。

「産後クライシス」がいつまで続くのか

では、「産後クライシス」がいつまで続くのか。それとも終わらないものになるのか。それは、夫婦次第です。妻が育児、家事に大変そうだ。自分も手伝わなければならないと夫が気づき、手伝ってくれる。いつまでも終わらない育児に奮闘する妻の頑張りを認め、ねぎらいの声をかけてくれる。そのような夫であれば、妻の疲れやイライラが少しずつでも解消されることになり、終わりのないように見えた「産後クライシス」から抜け出せるはずです。

ところが、仕事で疲れているからと家事を手伝ってくれない。つき合いだからと呑んで帰ってくる。自分の趣味を楽しんでいる。こんな状態が続くと、どうでしょう。妻の夫への愛情が冷めてしまうことになりかねません。いつまでも「産後クライシス」が終わらない。そういう状況に陥ってしまうはずです。

【体験談】産後クライシスを改善した夫婦が実践したこと

終わらないと思っていた「産後クライシス」をうまく終わらせた夫婦もいます。どのように夫婦関係を改善できたのか、参考にしてみましょう。

【体験談】産後クライシスを改善した夫婦が実践したこと①

https://www.pakutaso.com/

出産前までAさん夫婦の仲は良好でした。旅行をしたり、外食を楽しんだり。二人とも赤ちゃんの誕生を心待ちにしていました。ただ仕事で忙しかった夫は父親教室に参加していませんでした。そのため、夫は「赤ちゃんは一日中寝ているもの」という間違った認識でした。そのまま出産後の生活に突入。待ち受けていたものは、夫に対するイライラでした。

私は夜中何度も起きて寝不足なのに、「朝ご飯まだ?」

寝不足でフラフラなのに「どっか行かない?」

ゆっくり食事を作る時間もないのに「他に食べ物ないの?」

二人だけの生活気分がいつまでも終わらない夫のように感じられます。何とかこの状況を改善したいと望んだAさんはこう考えました。

タイトルとURLをコピーしました