いつまでも終わらない産後クライシス…いつまで続くの?解決方法はある?

「出産後、妻の夫への愛情が下がり続け、いったん下がってしまった愛情はその後、ほぼ回復することがない」こういう現象が「産後クライシス」と呼ばれています。出産後、育児で疲れている妻に対して、夫からの協力がないと、イライラが募り、深刻な場合は、離婚へとつながる恐れもあります。夫婦でどう乗り越えていけばいいのか、考えていきましょう。

公開日:    最終更新日:

 辛い産後クライシス…みんなが体験しているの?

https://www.pakutaso.com/

「産後クライシス」。すべての女性が陥るわけではありません。妻の性格や夫婦関係に起因することが多いようです。

・真面目で、完璧を求める

・神経質

・素直に助けを求めることができない

こういう性格の女性は要注意です。いつまでも終わらない育児や家事。両方完璧にする時間などありません。家事が思うようにできなくてもいいや。少し楽天的に考えられると育児を楽しむ余裕ができると思います。

しかし、一番大きく影響するのは夫婦関係です。夫が出産後、育児に協力的でないときいつまでも終わらない「産後クライシス」に陥る可能性が高くなります。育児は決して一人で行うものではありません。夫が自発的に手伝ってくれるならば、いつまでも終わらないような「産後クライシス」を避けることができます。

産後クライシスはいつまで続くもの?

https://www.pakutaso.com/

「産後クライシス」がいつはじまり、いつまでに終わるのか。終わらないのか。はっきり証明するものはありません。答えは夫婦の数だけあると言えるでしょう。

産後、女性の生活スタイルは大きく変化します。いつまでも終わらない赤ちゃんの世話。夜中の授乳。まともに寝ることもできません。また、産後の女性の体は、全治1ヶ月の交通事故に相当するダメージを受けている、と例えられています。産後の女性には助けが必要です。この時期に「夫が助けてくれない」と女性が感じれば、それが「産後クライシス」の始まりと言えます。

では、「産後クライシス」がいつまで続くのか。それとも終わらないものになるのか。それは、夫婦次第です。妻が育児、家事に大変そうだ。自分も手伝わなければならないと夫が気づき、手伝ってくれる。いつまでも終わらない育児に奮闘する妻の頑張りを認め、ねぎらいの声をかけてくれる。そのような夫であれば、妻の疲れやイライラが少しずつでも解消されることになり、終わりのないように見えた「産後クライシス」から抜け出せるはずです。

ところが、仕事で疲れているからと家事を手伝ってくれない。つき合いだからと呑んで帰ってくる。自分の趣味を楽しんでいる。こんな状態が続くと、どうでしょう。妻の夫への愛情が冷めてしまうことになりかねません。いつまでも「産後クライシス」が終わらない。そういう状況に陥ってしまうはずです。

【体験談】産後クライシスを改善した夫婦が実践したこと

終わらないと思っていた「産後クライシス」をうまく終わらせた夫婦もいます。どのように夫婦関係を改善できたのか、参考にしてみましょう。

関連記事