自律神経の乱れによる体の不調は大変…自律神経を回復させる方法

生活リズムの乱れやストレスなどによって引き起こされる自律神経の乱れ。自律神経が乱れてしまうと、自律神経失調症や神経性胃炎などといった、あらゆる不調が体に現れてきます。それらを改善する方法はあるのでしょうか?また、元凶となる自律神経の乱れを整えるのに効果的な方法はあるのでしょうか。詳しく解説していきます。

公開日:    最終更新日:

そもそも自律神経が乱れてしまう原因は?

https://pixabay.com/ja/

自立神経の乱れの最大の原因は、なんといっても「ストレス」です。適度なストレスは、生きている上でやる気や張り合いを保つために必要になってきますが、極度のストレスを抱えていると、自律神経が乱れてしまいます。

自律神経が乱れることで、からだは、体温調節が出来なくなったり、イライラしやすかったり、ひどく落ち込みやすくなったりしてしまいます。

その他に、規則正しい生活ができていないときの場合にも、自律神経は乱れてしまいます。「不規則な生活」はあなたのからだに大きな負担をかけています。環境の変化や疲労感から生活のリズムが崩れていき、からだが重たくてついダラダラしてしまうことありませんか。

例えば、休みの日に夕方まで寝ているときは「よく寝た〜」と思ってもからだが重たく感じて、なんだか「だるい」と感じ休んだ気がしないという経験はありませんか。このときに、自律神経が上手に活動できていないことが原因になります。

まず、自律神経には二つの神経があり「交感神経」と「副交感神経」があります。その二つの神経が上手にバランスよく昼と夜に交互に活動してくれることで、からだはより健康でいきいきと過ごすことができるでしょう。

昼は活発に動くために、太陽の光にあびて朝のスイッチをいれて、朝食をたべて、朝の支度をし、1日をスタートさせて交感神経を働かせていきます。夜はゆっくりリラックスするために、お風呂で疲れたからだを癒して、アロマやキャンドルなどで香りや音楽でリラックスタイムを楽しみ副交感神経を刺激させて、ぐっすりと就寝につきくようにしましょう。

自律神経の乱れがあるかセルフチェックを行いましょう

その1.「睡眠」チェック

https://pixabay.com/

□床に就いたらだいたいすぐに眠れる…A 1点/B 1点
□夜にしっかり眠っても、昼間はなんとなく眠い…A 1点
□なかなか寝付けない…B 1点
□寝付きが悪く、寝ても途中で目が覚める…A−1点/B−1点

その2.「仕事・家事・勉強」のチェック

□やりがいを感じ、結果に結びつけられると思っている…A 1点/B 1点
□おっくうになって眠くなったり、やる気が起きなかったりする…A 1点
□できなかったときのことを考えると不安なので集中して取り組む…B 1点
□やれないことに対して不安を感じるが体がついていかない…A−1点/B−1点

その3.「食欲」のチェック

https://pixabay.com/ja/

□時間がくるとおなかが減り、食事はおいしく食べられる…A 1点/B 1
□すぐにおなかが減って、おなかが鳴る…A 1点
□仕事などに集中しているとおなかがすかない…B 1点
□食欲がない、もしくはお腹がすいていないのに食べてしまう…A−1点/B−1点

その4. 「食後」のチェック

□胃もたれはほとんどしない…A 1点/B 1点
□食べてもすぐにお腹が減る…A 1点
□食後によく胃もたれする…B 1点
□食事の前後に胃が痛くなることが多い……A−1点/B−1点

その5.「課題や問題」のチェック

https://pixabay.com/ja/

□すぐにどうすればいいか考えがまとまり、実行できる…A 1点/B 1点
□いつのまにかほかのことに注意が向いて、考えがまとまらない…A 1点
□息をつめて考え込んだり、考えすぎて不安になったりする…B 1点
□考えようとしても集中できず、やる気も起こらない…A−1点/B−1点

その6.「睡眠や疲労」のチェック

□疲れても眠ればリセットできる…A 1点/B 1点
□すぐに眠くなりよく眠れるが、昼間にややだるい…A 1点
□疲れが抜けにくいが、仕事になればがんばれる…B 1点
□何をするにもおっくうなほど、常に疲れを感じている…A−1点/B−1点

その7.「メンタル」のチェック

関連記事