スポンサーリンク

お金がなくて夫婦喧嘩なんて悲しすぎる…仲直りの方法と解決策とは
スポンサーリンク

 実は夫婦喧嘩の原因上位「お金がない」問題

 

「今月は赤字になりそう」「子供のためにもっと貯金しなくては」とあなたは毎月ため息をついているかもしれません。夫に話すと、「僕の稼ぎが少ないってこと?」ととられ、婦喧嘩になった、ということもありますよね。「何のためのお金が足りないのか」をはっきり数字で示し、具体的に解決策を示すと、男性はすんなり受け入れやすいと言います。お互いが家計の数字を知り、解決策を探っていくことで、避けることのできる夫婦喧嘩があるはずです。

スポンサーリンク

妻の立場からしたら、ついつい言いすぎてしまうことも

「お金がない」とあなたが夫に訴えたとき、「夫が無駄遣いをしているのではないか」という疑いの気持ちが入っていること、ありませんか?夫婦喧嘩をしても何の解決策にもならない、喧嘩すると仲直りするまで大変、と分かっていても、ついつい言い過ぎてしまうこともありますね。例えば結婚前、「彼はつき合いがいいわ。友達が多く、人望も厚いのね」と、彼の人付き合いの良さを褒めていても、結婚して同じ家計になると、「つき合いが良すぎじゃない?」「たまには断ってよ」とぼやきたくなります。

また「趣味が多くて、一緒にいると楽しいわ」結婚前は、こう見えていた夫も「趣味にどれだけお金かければ気がすむの!」「高くつく趣味ね!」と思わず嫌みを言ってしまうこともあるでしょう。独身時代は、好きなように使えたお金も結婚すると、そうはいきません。夫のお金の使い方に不満を抱くようにもなることもあるでしょう。

そんなとき、ついつい言い過ぎてしまっては、夫婦喧嘩になるだけです。あとから言い過ぎたと思って仲直りしたくても、夫が口をきいてくれない。そんな状況になってしまっては面倒ですね。ぜひ夫婦で、お金の使い道について話し、解決策を探る機会を持ちましょう。

スポンサーリンク

お金がないことが原因の夫婦喧嘩!仲直りの方法は?

「毎月の家計が赤字」という深刻なものから、「貯金にまわすお金がない」というものまで、お金をめぐる夫婦喧嘩の原因はさまざまです。では喧嘩のあと、どのように仲直りをすればいいのでしょうか。ぜひ参考にしてみて下さい。

素直に謝る

これができたら本当に簡単で、仲直りもすぐにできるでしょう。しかし、なかなかできない方、多いと思います。なかには妻に謝らせることで、優越感を感じる夫もいるようです。みなさんの夫がそうでないと祈りたいですが。悪いのは相手だ。謝りたくない。仲直りなんて無理。そんな気持ちになると思います。喧嘩両成敗。喧嘩をしたら、どちらに非があるかを問わない。素直に、早めに謝ることが仲直りの解決策だと思います。お金の問題は、ゆっくりと落ち着いて、話し合いをしましょう。

うまく言葉で言えないときは

早く夫婦喧嘩を終わらせたい、仲直りしたいと思っていても、自分より夫に非があると感じていると、仲直りまでに時間がかかるかもしれません。夫が何か言ってこないかなぁ…と待ちわびる日が続くかもしれません。そんなときにお薦めの解決策があります。あなたから、「仲直りしたい」というサインを出すのです。夫の好物のおかずを用意するのもよし。好みのスイーツを冷蔵庫に入れておくのもよし。きっと「仲直りしたい」というサインに気づいて、話しかけてくれる日も近いかもしれません。

夫婦喧嘩もよし!と考える

喧嘩は本音と本音のぶつかりあい。夫の本音が聞けたと、プラスに考えましょう。あとは、解決策を二人で話し合いながら、仲直りしましょう。そのような考え方を夫婦で共有できると夫婦喧嘩しても大丈夫。仲直りもすぐにできると思えるはずです。

散歩に誘おう!

散歩?と思う方も多いかもしれません。散歩にはいろいろな効能があるのをご存知ですか。歩くことで、脳内を活性化させ、ストレスを解消してくれる。また行き詰まりを感じたときに、散歩をすれば、発想力を鍛えることができるそうです。

夫婦喧嘩のあとの嫌な雰囲気。家に帰るころまでには、もう仲直りできているはず。

ぜひ散歩を解決策として取り入れて、早めに仲直りしましょう。

お金が原因で夫婦喧嘩をしない為の解決策

夫婦喧嘩のあとの嫌な気持ち。仲直りまでに時間がかかる。なるべく味わいたくないものです。では、お金が原因での夫婦喧嘩を最大限避けるためには、どうしたらいいのでしょうか。お薦めの解決策をご紹介します。夫婦にぴったりのものが見つかりますように。

落としどころを探ろう

毎月削りたくない支出が、夫婦共々あると思います。夫は金曜夜、仕事帰りの一杯は止めたくない。妻は、化粧品にだけはどうしてもお金をかけたい。これだけは認めてほしいというものを示しましょう。そしてその代わり、他の出費をお互いに抑える。お互い納得しあえれば、夫婦喧嘩を遠ざけることができるでしょう。

小さな罰則を作ろう

夫の飲み会が今月は多かった。妻は、つい衝動買いしてしまった物があった。お互いに報告し合いませんか。そして、節約につながる、しかしそれほど負担にならないような罰則を作りませんか。例えば、今月夫が使いすぎたならば、来月は何かを節約してもらいましょう。毎日のお茶やコーヒー代も馬鹿になりません。マイボトルを持って行ってもらいましょう。もしくは、弁当を持っていってもらうことにしましょう。妻が無駄な出費をしてしまったら、来月の食費は○万円に抑えると宣言しましょうか。

このようなコミュニケーションができると、喧嘩どころか、お互いに助け合って生活していると実感できますね。ストレスの少ない解決策だと思います。

達成しやすい目標を立てよう

毎日、節約だけを目的にしていると、どこかでストレスが爆発しそうです。短期間で達成できそうな目標を夫婦で立てませんか。子供に習い事をさせようか。長年使っている物を買い換えようか。

夫婦で同じ目標を持つことで、目標を達成できる日まで一緒に頑張ろうと思えます。前向きな目標があれば、家庭内も明るくなるはずです。解決策のひとつにいかがですか。

ライフスタイルを見直そう

今までの生活スタイルを変えることに、抵抗があるかもしれません。しかし、これも「お金がない」を脱する解決策の一つです。車を手放す。格安スマホに変える。電気の契約アンペア数を変え、基本料金を下げることなど。面倒な作業が必要ですが、支出を抑えることができます。

また、「ミニマリスト」と呼ばれる人たちがいます。最低限の持ち物しか持たなくても、精神的に豊かな生活を送ることを大切にする生活スタイルを確立させています。ぜひブログなどを参考にしてみて下さい。浪費が減ったという記事をたくさん目にします。参考にすることで、「お金がない」状況を変える解決策に出会えると思います。

夫婦の協力で乗り越えて行こう

あなたにぴったりの解決策、見つかりましたか?「お金がない」そういう言葉を口にしたり、聞くだけで、家庭内の雰囲気も悪くなってしまいますね。解決には夫婦の協力が不可欠。二人が協力して「お金がない」という現実を乗り越える。ピンチを乗り越えたあとは、さらに夫婦の仲が揺るぎないものになっているはずです。

※最後までお読みいただきありがとうございます!
プラスクオリティーはスポンサー料で成り立っている無料の情報発信サイトです。

スポンサーリンク