アロマオイルで良質な睡眠を♪安眠に効果的なアロマオイル8選

最近良く眠れていますか?あまり寝れていないという方におすすめなのがアロマオイルです。アロマオイルをうまく活用すると、睡眠の質が上がりスッキリと起きられるのだとか。今回は、良質な睡眠をとるためにおすすめなアロマオイルをご紹介します。

公開日:    最終更新日:

睡眠の質が向上?アロマテラピーとは


http://girlydrop.com/girls/7771

アロマテラピーとは、精油(エッセンシャルオイルとも。本記事ではアロマオイルと表記します)を用いて行う香料治療のことを言います。アロマテラピーは医療行為ではありませんが、心身に様々な作用が期待できるため、とても人気が高いです。今回は睡眠の質を向上させる効果が期待できるアロマオイルをご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

睡眠の質を上げるアロマオイル:ネロリ


http://girlydrop.com/beauty/1345

ネロリは甘さとほのかな苦みが混ざり合った、ほのかに柑橘っぽさも感じさせる上品なフローラル調の香りのアロマオイルです。ビターオレンジの花から抽出されます。鎮静作用や抗不安作用のあるアロマオイルで、心を穏やかな状態に整える効果が期待できます。自律神経のバランスが乱れてしまって睡眠の質が下がっているときや、不安感が強く眠れないときにもおすすめできるアロマオイルです。

ネロリは香りが強めなので、使用する際には量と濃度に気を付けましょう。最初に使うときには少なめから始めると良いですよ。また心身をゆったりとした心地に導くため、集中したいときや車の運転をする前などの使用は控えるようにしてください。

睡眠の質を上げるアロマオイル:フランキンセンス


http://girlydrop.com/beauty/1267

フランキンセンスは乳香とも呼ばれています。レモンのようなさわやかさをほのかに感じさせる、澄んだ甘さのある香りが特徴的です。鎮静作用があり、瞑想時に使用されることもあるアロマオイルで、ゆらぎがちな不安定な気持ちを整える効果が期待できます。イライラや緊張感などで眠れないとき、睡眠の質が低下してしまっている際に使用すると良いでしょう。また寝る前のマッサージやストレッチのときに焚くのも効果的ですよ。

フランキンセンスは妊娠初期の使用はNGなので、避けるようにしましょう。そのほかには特に目立った禁忌もなく、基本的な用法を守れば使いやすいアロマオイルであると言えます。

睡眠の質を上げるアロマオイル:ベルガモット


http://girlydrop.com/beauty/1242

ベルガモットは柑橘系のアロマオイルの中でも甘さが少なめの、大人っぽい雰囲気を持つ香りが特徴です。ベルガモットは情緒が不安定になりがちな時や、睡眠の質が下がってしまっているとき、うまく寝付けないようなときに使うのに適しているアロマオイルです。またストレス性の胃痛などの症状を緩和させる効果もあるので、ストレス由来の身体の症状が気になるときに活用するのも良いでしょう。

柑橘系のアロマオイルには基本的に光毒性がありますが、ベルガモットはそれが特に強いそうなので、お肌に塗布した場合やアロマバスに使った場合には、その後半日程度は直射日光を浴びないように注意してください。お肌につけるなら夜にするのが良いでしょう。

睡眠の質を上げるアロマオイル:オレンジスイート


http://girlydrop.com/cafe/5446

オレンジスイートも柑橘系アロマオイルの一つです。名前の通り甘くフレッシュなオレンジの香りは、アロマオイルになれていない方でも親しみやすいですよ。オレンジスイートには精神疲労感や不安感があるときに使うことで、気持ちを安定させる効果が期待できます。また血行を促進させる効果もあるので、冷え性の方にも向いています。「手足が冷えてよく睡眠がとれない」というようなときには、オレンジスイートのアロマオイルを使ったアロマバスにゆったり入ってみてはいかがでしょうか。

柑橘系アロマオイルであるオレンジスイートには光毒性があるため、お肌に塗布したりした場合には、直後に直射日光を浴びないよう注意が必要です。また高い濃度でお肌に塗布してしまうと刺激になることがあるので、敏感肌の方は特に注意して使うようにしてください。

睡眠の質を上げるアロマオイル:ラベンダー


https://www.pakutaso.com/20151005282srthsrt.html

ラベンダーはかなり定番のアロマオイルで、香料としてフレグランスをはじめとする様々なアイテムに使用されることも多いためアロマテラピーに馴染みがないという方でも、その香りは想像しやすいのではないでしょうか。甘いハーバル調の香りで、優れたリラックス効果が期待できます。安眠効果の高いアロマオイルとしても知られており、しっかり睡眠をとりたいときやなかなか寝付けない夜に活用すると良いでしょう。ただし高濃度で使用してしまうとかえって眠れなくなってしまう場合もあるようなので、量には気を付けて使ってください。

ラベンダーは妊娠初期の使用はできないので、妊娠の可能性がある方は十分に注意してください。その点以外はとても使い勝手の良いアロマオイルなので、初心者の方にもおすすめです。活用の幅も広く、持っていて損のないアロマオイルであると言えるでしょう。

睡眠の質を上げるアロマオイル:カモミール


https://www.pakutaso.com/20130519148post-2802.html

カモミールはりんごのようなやさしい香りが特徴のアロマオイルです。カモミールのハーブティーはとてもメジャーなので、口にしたことがある方も少なくないのではないでしょうか。カモミールには優れたリラックス効果があり、睡眠の質を向上させてくれる効果も期待できます。ストレスなどで寝付けなくなってしまっているときに使用するのにも向いています。

カモミールは香りが強めなので、量と濃度を調節しつつ使うようにしてください。またキク科のアレルギーを持っている方は、注意して使うか控えるようにしましょう。妊娠初期の使用も避けてください(妊娠中期・後期に使用する場合には、体調に留意しながら使うようにし、少しでも不調を感じたらすぐに使用を中止するようにしてください)。

睡眠の質を上げるアロマオイル:マートル


http://girlydrop.com/beauty/1250

マートルはユーカリをやや甘く穏やかにしたような香りが特徴です。比較的作用が優しいため、アロマオイルをあまり使い慣れていない方や小さなお子さんのいるご家庭で使うのにもおすすめできます。マートルは気持ちを穏やかにし、睡眠の質を高めてくれる効果が期待できます。すっきりとした香りなので、お部屋の空気をさっぱりさせたいときに使用するのも良いでしょう。

マートルは基本的な用法を守れば、目立った禁忌もないためかなり使いやすいアロマオイルです。香りにも癖がすくないので、他のアロマオイルとのブレンドもしやすいですよ。

関連記事