出産後の離婚、その前に読んでみて!産後クライシスの乗り越え方

産後クライシスという言葉はNHKの情報番組からできた造語です。育児ノイローゼやマタニティブルー、産後うつなど女性のからだと心のバランスがとれなくなったときに、一時的な感情で、離婚をしてしまう夫婦もすくなくありません。産後クライシスになる原因や、乗り越えるための方法など、正しい情報を知っておきましょう。

公開日:    最終更新日:

産後クライシスってどんな状態?

https://www.photo-ac.com/

産後2年以内に急激に夫婦の仲が悪くなる現象のことをいいます。クライシス(crisis)とは、危機、局面、崩壊などの意味があります。

この産後クライシスは近年6から7割以上の産後ママが経験しているといわれています。

※「産後うつ」と「産後クライシス」は違います。

「産後うつ」は産後数週間で、身体、心理的に症状が出始めその後2週間以上改善しない場合は医師の受診が必要になる「病気」です。

「産後クライシス」は、夫婦間の状況が急激に悪くなる現象をいいますので病気ではありません。

産後クライシスの現象は

https://www.photo-ac.com/

・家事育児の分担

育児優先になる妻と夫婦2人のときと変わらないスタンスの夫に、イライラが募る。

・経済的困窮

産休や育休の期間や、仕事を辞めてしまった場合に経済的な余裕がなくなってしまう。

・コミュニケーション不足

妻は慣れない育児と家事の日々が続き、夫は仕事も忙しく子供の世話を任せきり。口論になることも多くなり、結果会話もなくなっていく。

主な現象に思い当たることがある場合は、大きな溝になるまえに対応しておくことが必要です。

なぜ産後にクライシスになるの?

産後クライシスになる原因は、実は一つではありません。主な原因をみていきましょう。

出産によるホルモンの変化

https://www.photo-ac.com/

・ホルモンバランスの乱れからくるのは体調の変化と感情の変化(不安定)

・妊娠中には赤ちゃんを育てるホルモンが大量に分泌され、出産が済むと不要になるので一気にバランスがくずれてしまう。

・イライラや攻撃的な言動になることが本人にも自覚がないことが多い。

・ホルモンバランスの乱れからくる感情の不安定さは、理性でコントロールすることは難しい。

子ども優先の生活になる

https://www.pakutaso.com/

・女性は子どもが第一になり、なれない子育てが24時間続く。

・自分の時間が極端に少なくなり睡眠時間や食事の時間すらままならずイライラが募り、身近にいるマイペースな夫にあたってしまい口論になってしまう。

関連記事