胸が大きくなる!ヨガのポーズで効果的にバストアップ

ヨガの歴史

ヨガの起源

ヨガの起源は、今から約4500年前(紀元前2500年)頃、インド地方に生まれたインダス文明にさかのぼります。ヨガは、次世代への継承を繰り返し発展していき、ヨガの経典といわれる「ヨーガ・スートラ」が成立しました。この経典に記されている内容が、現在のヨガの指針となっています。

日本ではヨガブームの到来、多様なスタイルのヨガが誕生し、現在のヨガ人口は100万人以上といわれています。そして、その数は年々増え続けているのです。

ヨガの効果とは?

 

約4500年もの時を経て、現代に受け継がれるヨガがもたらす効果には、様々なものがあります。

ヨガは、現代社会で生活する私たちにとって、自我のバランス、相手と自分のバランス、社会と自分のバランス、身体と精神のバランスを整えてくれるといえます。つまり、身体の健康や美容、心のバランスを整えてくれるという効果があるのです。

デトックスやスリムアップ、バストアップなど女性には嬉しい効果がたくさんです。また、このような美容効果だけではなく、ヨガには現代社会が直面する心と身体の健康にも最適なのです。

ヨガのポーズは何種類?

次に、約4500年もの歴史があるヨガですが、具体的にヨガのポーズは何種類あるのでしょうか?一般的に知られていている名前のついているヨガのポーズは、おおよそ200種類あると言われています。

そかし、ヨガの教本には、8400万種類に及ぶと書かれており、その数は日に日に増えています。もはやヨガのポーズの種類は、無限大ともいえるでしょう。

今回は、この無限大ともいえるポーズの中から、「胸が大きくなるヨガのポーズ」についてご紹介します。

バストサイズは何が影響している?

上記にてヨガの歴史についてご紹介しました。ヨガには長い歴史があり、その長い歴史の中で進化を遂げたヨガには、様々なポーズがあることがよく分かりましたね。

実は、このヨガはをすることで、バストアップへの効果も得られるのです。ヨガとバストアップの関係についてご紹介する前に、まずは、バストサイズに影響を与える事項についてご説明していきます。

バストアップの要因が分かったところで、ヨガとアストアップの関係性についおて述べていくので、下記にてご紹介する内容にしっかり目を通してくださいね!

バストサイズへの影響➀遺伝

バストの大きさには、ご存知の方も多いですが、遺伝が影響しています。胸の大きさが遺伝する確率は30%〜40%と言われています。お母さんの胸が大きいからといって、子供も大きくなるというわけではないのですが、その影響は少なくありません。

また、生活環境が同じだと、遺伝に加えて同じようにバストが育つ確率は高くなります。下記にて詳しくご紹介しますが、成長期の生活習慣が実は大きく影響しているのです。

同じような生活を送る親子や姉妹であっても、成長期の生活習慣の違いから、サイズが違うことはよくあることなのですよ。

バストサイズへの影響②女性ホルモン

バストサイズの大きに影響を与えるポイントとして、女性ホルモンが挙げられます。なぜなら、バストの大きさというのは、女性ホルモンの分泌量で決まるからです。

女性ホルモンの分泌量が多い人ほど胸が大きくなると考えられます。乳腺を発達させるのが女性ホルモンなので、成長期にストレスや生活習慣の乱れなどによって女性ホルモンの分泌量が減ると胸は大きくなりにくいということです。

また、乳腺が発達している人の方が胸が大きいと言われていて、女性の胸の9割が脂肪で、1割は乳腺で出来ています。脂肪は乳腺を守る役割があるので、乳腺が発達すると胸も大きくなるという仕組みになっていますよ。

バストサイズへの影響③成長期の生活習慣

影響➀でご紹介した通り、成長期の生活習慣が、その後のバストの大きさに影響を及ぼしています。一般的に、成長期に生活習慣が乱れていると胸が小さくなると考えられています。

例えば、深夜22時から2時のゴールデンタイムに寝ずに夜更かしをしていたり、過度なダイエットをして負担がかかってしまったり、すると、バストが育まない可能性が高いです。また、受験などの精神的なストレスや人間関係や将来への不安など、影響を受けやすい時期でもあるのです。

バストアップを目指したいのであれば、言うまでもなく、成長期に規則正しく、ストレスの少ない生活を送ることがポイントになりますよ。

なぜヨガのポーズで胸が大きくなるの?

今回は、バストアップが期待できるヨガのポーズをご紹介しますが、ヨガのポーズで胸は大きくなるのでしょうか?単刀直入に言うと、その答えは「イエス」です。

ヨガには女性の身体を美しく見せてくれる効果がたくさんあります。そのたくさんある効果の中でも、ヨガには胸を大きくするために必要不可欠な、女性ホルモンを活性化する効果があるのです。

では、下記にて具体的なバストアップの効果をみていきましょう。

ヨガのポーズで胸が大きくなる理由①リラックスして女性ホルモンを活性化

ヨガには、リラックス効果があるため、女性ホルモンの活性化を促進させます。女性ホルモンを活性化することは、胸を大きくする上でとても重要なことです。

また、ヨガを通して、普段は伸ばさないような筋肉を伸ばすため、筋肉を目覚めさせます。

さらに、身体全体がリラックス状態になり、気持ちも前向きになれるという嬉しい効果もあるのです。

ヨガのポーズで胸が大きくなる理由②血行を良くしてバストに栄養を届ける

ヨガで胸が大きくなる理由は、血行を良くして胸に栄養を届けることができるからです。

胸が大きくなるポイントは、乳腺を発達させることです。全身の血行が良くなると、乳腺に女性ホルモンを届けることができるようになり、さらに適度な筋力アップとストレッチをすることで、バストアップ効果は倍増します。

こんなに嬉しい効果がたくさ得られるなら、ヨガをやらない理由が見つかりません!

ヨガのポーズで胸が大きくなる理由③背中と胸を伸ばして垂れ乳を予防

 ヨガのポーズにはストレッチ効果があり、適度に筋肉を鍛えることができます。とくに背中と胸を伸ばしたり縮めたりすることで、垂れ乳を予防してくれるのです。

また背中と胸を伸ばすことで、血行を促進する効果も期待できます。このように、ヨガは美乳効果抜群なのです。

ヨガのポーズで胸が大きくなる理由④姿勢が正され胸が綺麗な形になる

ヨガのポーズをとることで、姿勢が正され、胸を張ることになります。そして、形が綺麗に大きく見えるという効果が得られるのです。

 猫背という方も多いかと思いますが、猫背だとどうしても胸が下向きになってしまい、同じサイズのバストでも小さく見えてしまいます。そこで、ヨガで姿勢が正しくなると、猫背が改善されて胸を張るようになります。そのため、胸が綺麗に見え、また上向きになることで、大きくも見えるという効果を得ることができるのです。

姿勢が正されることで、美胸を手に入れることができるわけです。さらに、背筋を伸ばしていることで、自然に大胸筋を鍛える効果も期待できます。

では以下より、バストアップ効果のあるヨガポーズを具体的にご紹介します。

胸が大きくなる効果があるヨガポーズ:椅子のポーズ

この投稿をInstagramで見る

@stm41244572loveがシェアした投稿

腕をまっすぐ上に伸ばす「椅子のポーズ」には、バストアップの効果が期待できます。椅子のポーズは、全身の筋肉をバランスよく使うので高いシェイプアップ効果も期待できるのです。

【ポーズの取り方】

  1. 手のひらを外に向けます。
  2.  透明のイスに座るイメージでおしりを下げます。
  3.  腕を上にまっすぐ上げます。
  4.  腕を前に伸ばして10秒間キープします。
  5.  ゆっくりと身体をもとに戻ります。

胸が大きくなる効果があるヨガポーズ:英雄のポーズⅠ

様々なヨガのポーズの中でも、代表的なポーズの1つ「英雄のポーズ」。体を大きく後ろに反らすことにより、肩甲骨周辺の筋肉がほぐれ、肩こりの緩和やバストアップの効果が期待できます。

【ポーズの取り方】

  1. リラックスした状態で立ちます。その際、足の親指同士と踵をくっつけた状態で立ちます。
  2. 片足を後ろへと移動させます。
  3. 左足はまっすぐ前方を向け、右足のかかとは左足と一直線上におき、右足のつま先を45度に開きます。その時、体は骨盤から前面を向くようにして、腰を落とします。
  4. 息を吸いながら、両腕を天井へ向けます。
  5. 息を吐きながら、膝を90度に曲げ、ゆっくりと腰から上体を反らします。
    (ヒザが左右に振れないよう、正面に向けたままを意識しましょう)
  6. 約10秒間④のポーズをキープしたら、ゆっくり上体をもとに戻しましょう。

胸が大きくなる効果があるヨガポーズ:板のポーズ

この投稿をInstagramで見る

hana_yoga(@hanayoga_am)がシェアした投稿

「板のポーズ」は、プランクポーズとも呼ばれ、まさに「板」のように姿勢を整えるポーズです。

体幹トレーニングの主要なトレーニングとしてもよく取り入れられるポーズですが、普段使われない筋肉が使われるため、筋力がアップし、バストアップが期待できるのです。

1日5分あれば自宅でカンタンにできるポーズなので、日々の生活にも取り入れやすいです。また、板のポーズは太陽礼拝の一部でありますが、独立して練習することもできます。

【ポーズの取り方】

  1. 下向きの犬のポーズ(顔を下に向けて四つん這いになる)をとり、息を吸いながら体を前に移動して、腕が床に対して直角に、肩が手首の真上になるようにして、胴体を床と平行にする。
  2. 両腕の外側を内側に押して、人さし指の付け根を床へ押します。そして、肩甲骨を背中に安定させ背骨に広げ、また鎖骨を胸骨から引き離します。
  3. 腿の前側を天井の方向へ押しつつ、尾骨は床の方向へ引き入れて、かかとのほうへ長く伸ばします。首の後ろ側から頭蓋の下を引き離すように上げて、正面の床を見つめます。
  4. 3.のポーズを30秒〜1分キープします。吐く息で両膝を床へ下ろしてリリースします。

胸が大きくなる効果があるヨガポーズ:かんぬきのポーズ

「かんぬきのポーズ」は、別名「門のポーズ」とも呼ばれています。このかんぬきのポーズは、体の側面をしっかりと伸ばし、リラックスできるポーズの1つです。

体の側面を伸ばすことで、背中や脇腹、太ももなどのシェイプアップに効果があります。また、リラックス効果の高いポーズのため、バストアップも期待できます。

一見簡単そうに見えるかんぬきのポーズですが、実は意外と難しいポーズといえます。決して無理はせずに、厚く折ったタオルの上にのせたり、壁を押したりして実践するのがおすすめです。

【ポーズの取り方】

  1. 床の上にひざまずきます。右脚を右へ伸ばし、足を床へ移動させます。左膝は左腰の真下(腿が床と直角になるように)、右かかとと左膝が同じライン上にあるようにします。骨盤をやや右へ(左腰が右腰よりも前になるように)、なおかつ胴体上部は左へもっていきます。膝頭が天井のほうへ向くように、右脚を外側に向けます。
  2. 息を吸いながら両腕を横に伸ばして広げ、床と平行にします。手のひらは下向きにし、右脚の上に向けて体を曲げて、右手をすね、足首、または右脚の外側の床に下ろします。胴体の右側を収縮させ左側を伸ばします。左手は左腰外側に置き、骨盤を床の方へ押します。その手を肋骨左の下まで滑らせて、左のウエストにスペースをつくりながら、肩のほうへ上げます。
  3. 吸う息で左腕を左耳の後ろへ伸ばします。この側屈では、胴体が床のほうへ傾きやすいです。左腰を後ろに押さないようにして(やや前に回す)、胴体上部を床から遠ざけていきます。このポーズを30秒〜1分間キープします。
  4. 息を吸いながら起き上がり、胴体を垂直にします。右膝を左膝の脇に戻し、脚を反対にして繰り返しましょう。
  5. 最後は、ステップ2の最初のポジションから伸ばした脚の上に体を傾けていきます。胴体の下側を低くして、伸ばした脚の上にできるだけ近づけます。下の手を足の甲に置き、上の腕を耳の後ろから伸ばしていって、両手のひらを合わせます。ステップ4を行ってリリースします。

胸が大きくなる効果があるヨガポーズ:魚のポーズ

「魚のポーズ」は、背中から腰を反らせると肩甲骨周りにある、広背筋や菱形筋という筋肉に力が入ります。背中が反そって頭が浮くと、首や肩から上の筋肉から力が抜けて筋肉は縮みます。

さらに、背中側を反って胸を開くことで、猫背は改善され、首から肩の力が抜ければ、首肩のこりが改善されます。こりが改善されると血行やリンパなどの流れが良くなり、バストに栄養が行き渡るのでバストへ脂肪がつくようになるのです。

このように魚のポーズには、バストアップの効果が大きく期待できるんです!さらに、寝ながら簡単にできるポーズなので、ちょっとした隙間時間にポーズをとってみるのもありですよ◎

【ポーズの取り方】

  1. 両脚を揃えて仰向けの姿勢をとり、リラックスして体の力を抜いていきます。
  2. 両手をお尻の下に入れて両肘を体の下で寄せます。その時に、肘を曲げずにまっすぐに伸ばして下さい。
  3. 息を吸いながら肘で床を押し付けるように胸を開きます。胸を大きくはるイメージです。
  4. 肩甲骨を軽く寄せ首を長く伸ばし5回ほど深呼吸して下さい。体に力を入れすぎずにリラックスをして伸ばしましょう。

胸が大きくなる効果があるヨガポーズ:太陽礼拝のポーズ

朝ヨガにふさわしい「太陽礼拝のポーズ」も、バストアップ効果が期待できます。朝日に向かって、東の方角を向いてやるとさらに効果的ですよ。前向きな気持ちになって、一日を快適にすごすことができるでしょう。

【ポーズの取り方】

  1. 真っすぐに立ち、両手を上に上げて顔も上を向きます。
  2. そのまま前屈して、右足、左足と言う順番で後ろに下げます。
  3. 腕立てのポーズで肘を伸ばし、膝をついて肘を曲げます。
  4. 脇を締めて肘を伸ばし、上体を反らします。
  5. 四つん這いになり、お尻を持ち上げます。
  6. 右足、左足の順番で両手の位置に足を戻し、前屈したらゆっくりと両手を上に伸ばします。
  7. 1~6をくり返します。2回目は、右足と左足の順番を逆にしてやってみましょう。

胸が大きくなる効果があるヨガポーズ:コブラのポーズ

太陽礼拝のポーズの中にも出てきましたが、「太陽礼拝は長くて良くわからない」という人は、「コブラのポーズ」だけやってみましょう。胸を開くヨガポーズなので、バストアップに効果的ですよ。

また、コブラのポーズは、バストアップに効果のある大胸筋をストレッチすることができます。またバストアップにはマイナスの猫背を改善することもできます。

【ポーズの取り方】

  1. うつ伏せに寝ます。
  2. 両足は伸ばして、少しだけ開きましょう。
  3. 胸の横に手を着いて、脇を締めながら上体を反らします。
  4. 肘が伸ばせる人は伸ばして、顔は上に上げます。

バストアップのためのヨガの効果を最大限に得るポイントとは?

ヨガのポーズをとるベストな時間帯

最後に、今回バストアップ効果が期待できるヨガのポーズについてご紹介しましたが、効果を最大限に得るためのポイントについてお話します。

まず、ヨガを行うベストな時間帯は、起床時や入浴後が最もおすすめです。朝起きた時にヨガを行うと、血行が良くなった状態で一日をはじめることができます。入浴後は血行が良くなっているので効果が高まります。

このように、起床時や入浴時にヨガのポーズをとることで、より高いバストアップの効果を得られるのです。

ヨガの継続が何よりのポイント

続いてのヨガの効果を最大限に得るためのポイントは、「継続」です。1週間に1回1時間やっても、効果が得られるとは言えません。それなら、1日5分、10分でも毎日行う方が、効果を得られるのです。

あなたも始めやすいポーズから取り入れて、1日5分でも10分でも、バストアップのためのポーズをとってみることをおすすめします!何よりも継続が大切です。

身体が慣れるまでは無理せず柔軟性を高めることから始めよう

はじめてヨガをする人やもともと身体が固い人にとっては、身体の筋肉がほぐれておらず、簡単なポーズでも難しく感じることがあります。

そのような中、体が硬いのに無理してポーズをとると、変なところに力が入ってしまいます。そうなると、本来のヨガの効果を発揮できなくなり、体を壊すことさえありますし、バストアップの効果を得ることができません。

体が硬いうちは無理せずに、まずは柔軟性を高めることからはじめましょう。ストレッチを毎日おこなってみたり、ヨガポーズでもストレッチをゆるめるなど調整してみてはいかがでしたでしょうか?

ヨガは、気持ち良くリラックスできるのが最大のメリットです!無理は禁物ですよ!

焦らず自分のペースでヨガをすすめていく

ヨガの魅力は、焦らないでマイペースにできることにあります。実は、マイペースでやることで、ヨガの効果も倍増するのです。

ストイックにエクササイズをするような感覚でヨガを頑張りすぎると、女性ホルモンより男性ホルモンが優位になってしまいます。するとバストは小さくなるばかりなのです。

女性らしい魅力は、やっているエクササイズだけではなく、気持ちの面も大きく関わっていることを忘れてはいけません。気持ちいいと感じるくらいがベストですよ。ポーズを上手く取れないからと言って、焦るのではなく、自分のペースで楽しみながらヨガを始めて下さいね!

ヨガを通してバストアップに挑戦しよう

バストアップの効果が期待できるヨガのポーズはいかがでしたか?女性の永遠の憧れともいえる美しいボディを目指して、まずはバストアップから挑戦してみるのはいかがでしょうか?胸が大きくなると、なんだか自信がもて、美しさも倍増した気分になります。

まずは、気軽に始められるポーズから取り入れて、身体のメンテナンスを始めましょう!気分も身体もすっきりすること間違いなしです♪

タイトルとURLをコピーしました