ママも辛い!赤ちゃんの夜泣きはいつからいつまで?やってはいけない対処方法があるって本当?

赤ちゃんのお世話をしていると、日々悩みは尽きませんよね。その中でも特に、「赤ちゃんが夜中に何度も起きて辛い!」「夜泣きにはどう対処したら良いの?」とお悩みの方は多いのではないでしょうか。そこで今回は、赤ちゃんの夜泣きはいつからいつまでなのか、夜泣きにはどんな対処法があるのかを紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

公開日:    最終更新日:

ママも辛い赤ちゃんの夜泣き

日中の赤ちゃんのお世話や合間の家事に、いつからか夜泣きまで加わると、なかなか休まる時間が無くて辛くなってしまいますよね。夜泣きにはどう対処したら良いのでしょうか。

そもそも夜泣きとは、「これと言った理由が分からず、夜間に泣き続けること」をいいます。この現象は、生後3ヶ月前後から見られ、理由があって泣く場合は除きます。

授乳したら寝る、あたたかくしたら寝るなどの場合は、お腹がすいたり寒かったなどの理由があって泣いたということなので、夜泣きではないのです。

赤ちゃんの夜泣きはいつからいつまである?

https://www.photo-ac.com/

それでは、夜泣きはいつからいつまであるのでしょうか。

実は、赤ちゃんの夜泣きは個人差が大きく、長く続く赤ちゃんもいれば、まったく夜泣きがなかったという赤ちゃんもいます。兄弟間でも差が出てくるので、環境の問題でもなく、はっきりとこれといった原因が分からないことが多いです。

早ければ大体生後3ヶ月前後から、3歳くらいまで続く子もいるようです。

生後半年くらいまでの生まれたばかりの赤ちゃんは、体内時計が未発達なので、昼夜の区別がついていません。それで夜中でも関係なく泣いてしまうことが多いようです。

さらに、その後1歳前後くらいの夜泣きの原因としては、夜中の授乳が眠りに関連付けられていて、口さみしくて起きてしまったり、昼間の刺激が強すぎて夢に出てきてしまい、夜泣きに繋がってしまいます。

2歳前後くらいの夜泣きになると、いわゆるイヤイヤ期が始まってきているので、起きている時の嫌なことを思い出したりと、精神的に不安定なのが原因で夜泣きしてしまうことがあるんだそう。

やってはいけない対処法とは

まずは、これはやってはいけないという対処法を3つ紹介します。

良かれと思ってやっていたことも、実は逆効果だったなんて辛いですよね。

ついついやりがちなこともあるので、以下で確認してみましょう。

泣き出したらすぐにあやす、抱っこする、授乳する

https://www.photo-ac.com/

赤ちゃんが泣き出すと、「すぐに対応しなきゃ!」と考えてしまいがちですが、実は赤ちゃんは泣いたからといって必ずしも起きているとは限りません。

これは、「寝言泣き」といって、眠りが浅くなった時に寝言のように泣いているだけという場合です。

これは大人でいう寝言と同じです。

この状態の時に抱っこなどをすると、かえって赤ちゃんを刺激してしまい、夜泣きにエスカレートしてしまいます。

まずは、少し構わずに様子を見てみましょう。自分で泣き止んで寝てくれるかもしれません。

昼寝のさせすぎ

関連記事