スポンサーリンク

【旦那の実家への帰省】気をつけたいポイントと注意点
スポンサーリンク

憂鬱!旦那さんの実家へ帰省することに…

お盆やお正月など、旦那さんの実家へ帰省する時期が近づくと、気分が重くなる人は多いものです。旦那の実家へ帰省するのが楽しみだという人には会ったことがない程です。しかし、結婚すると帰省は、なかなか避けられないもの。どうにか上手く乗り切りたいですね。ここでは、旦那さんの実家で上手に過ごせるコツやポイントをご紹介していきます。

旦那さんの実家への手土産なら

まず最初に悩むのが手土産ではないでしょうか。手ぶらで行くのも何だし、かと言ってあまり大袈裟なのも他人行儀な気がするし、など、様々な考えが頭を過ります。そこで、帰省の際の手土産を選ぶポイントをご紹介します。

旦那さんの実家の人が喜ぶものを手土産に選ぶ

帰省する際の手土産は、旦那さんの実家の方達が喜ぶものを選ぶことがポイントです。例えば、お義父さんがお酒が好きな人だったなら、普段は買わないようなお酒を持っていくとか、珍しいおつまみなどがいいでしょう。また、お義母さんが甘味好きだったなら、今流行りのスイーツを持って行くとか。旦那さんの兄弟がまだ実家にいるのなら、その方の分も忘れずに持っていきましょう。

しかし、新婚で、まだ旦那さんのご両親の好みが分からないという方は、今、自分たちが住んでいる地元の名物や、東京から地方へ帰省する方は、東京でしか買えないような、ちょっとした菓子折りなどで良いでしょう。手渡す時に「今、流行ってる〇〇〇だから、お土産にしました」など、一言添えると話題が増えていいでしょう。

旦那の実家への手土産ならこれ!おすすめ商品

旦那の実家へ帰省する時の手土産なら、旦那の実家が喜ぶものをとご案内しましたが、「実際どんな物を手土産に選んだらいいか分からない」という人も多いでしょう。また何回も旦那の実家へ帰省している人の中には「毎年定番のお菓子だけでちょっと飽きたから、目新しい手土産で驚かせたい」という人もいるかもしれませんね。

帰省は年に数回とはいえ毎年あることですから、どんな人でも手土産選びには毎回頭を悩ませてしまうものです。そこで、ここからは旦那の実家へ帰省する時におすすめの手土産をいくつかご紹介しましょう。帰省時の手土産の定番であるお菓子やお酒はもちろん、実は旦那の実家へ帰省する時に持って行くと喜ばれるという意外な手土産までありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

絶対はずれなし!日持ちする個包装のお菓子

旦那の実家への帰省が初めてという人、とにかく旦那の実家が親戚が多くて数がたくさんある手土産が欲しいという人には、帰省時の手土産の定番であるお菓子がおすすめです。お菓子にもいろいろ種類がありますが、帰省時は旦那の実家がご飯やデザートを用意していることも多いですから、いつ食べてもらってもいいように賞味期限が長めな日持ちするお菓子を選びましょう。手土産の代表格であるクッキーやバームクーヘン、チョコレート菓子などがおすすめです。たくさん来る旦那の実家の親戚にも気軽に楽しんでもらえるよう個包装になっているものを選びましょう。

もし旦那の実家が地方なら、都内近郊でしか購入できない「限定のお菓子」なども手土産にぴったりですね。「実はこれ東京で人気のお菓子なんです」と紹介すれば、なにかと困る帰省時の話のネタにもなりますよ。

旦那の実家が何が好きか分からなければフルーツ

帰省する時に手土産を購入しようとして、「あれ?旦那の実家って何が好きなんだろう?」と悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。自分の実家なら好き嫌いが分かっても、旦那の実家の好き嫌いまでは細かく把握できないもの。旦那に聞いてみても「何でもいいんじゃない?」の一言で全然分からない!という人は、フルーツを帰省時のお土産として旦那の実家に持って行くのはいかがでしょうか?お菓子は定番ですが、年配の方はあまり手が進まなかったり旦那の実家で用意していることもあります。しかしフルーツなら老若男女みなさん食べやすい上に、旬のものを手土産として旦那の実家に持っていけば話に花を咲かすことも出来ますね。

またフルーツの詰め合わせはそれだけで豪華で華やかに見えるので、ちょっと奮発したい旦那の実家への手土産にもぴったりです。フルーツを帰省の手土産として選ぶ時は、出来るだけ変色などせず長い時間美味しさを楽しめるフルーツを選びましょう。自分で分からなければ店員さんにアドバイスを貰って、予算に合わせてフルーツを詰め合わせてもらうのもおすすめです。

帰省時に実は意外と喜ばれる!お花

「旦那の実家には何回も行っていて、帰省のたびにいつも同じ手土産になっちゃう」というお悩みがある方も多いかもしれません。帰省の手土産は他の人とも被りやすいもの、出来ればちょっと変わった手土産を旦那の実家に渡したいという人は、帰省の手土産としてお花がおすすめですよ。「帰省時の手土産にお花?」と思う方もいるかもしれませんが、実はお花は選ぶお花やアレンジによってバリエーションが無限大にあるプレゼントにぴったりの品なんです。またそもそもお花というのは、家の中にあるだけで雰囲気が明るくなる力を持っているもの。帰省で親戚や友人が旦那の実家に集まる場所にブーケや花束が一つ飾られていれば、賑やかな席をより華やかに彩ることが出来るでしょう。

お花を選ぶ時にはその時期最も美しく咲く花や、旦那の実家が好きな花を選ぶとよいでしょう。また花言葉からお花を選ぶのも素敵ですね。店員さんに相談しながらブーケや寄せ植えなどにアレンジしてもらいましょう。

旦那の実家がお酒好きなら!ビールなどの詰め合わせ

「旦那の実家はみんなお酒が好き!」「お義母さんの好みは分かるけどお義父さんをはじめ他の旦那の実家の人の好みが分からない」という時は、ビールをはじめお酒を帰省の手土産にするのがおすすめです。みんなが旦那の実家に集まる時にお酒はかかせないものですから、いくらあっても困ることはありませんよね。

さらにワンランク上の手土産を目指すなら、贈るお酒にこだわってみましょう。例えばビールでも地方限定ビールや数量限定で生産されているちょっと高価なビールもあります。そんなビールをお酒が好きな方への手土産として渡せば、いつものお土産とは違うと旦那の実家で話題になること間違いありません。お酒が入ることでいつもよりフランクに会話も出来そうですね。

お酒だけでは帰省時のお土産として物足りないという時は、ぜひお酒に合うおつまみも一緒に渡しましょう。最近ではちょっと高価な缶詰などお土産に最適なおつまみも増えています。ぜひこだわって選んだお酒と詰め合わせて帰省時の手土産に利用しましょう。

旦那さんの実家へ帰省する時の注意ポイント【食事編】

旦那さんの実家での食事も帰省の際の憂鬱の種ですね。外食ならまだいいのですが、実家で料理を作る際は、お手伝いをしなければいけませんし、何処まで手を付けていいのやら、下手に出しゃばって変な空気が流れるのも嫌ですよね。なかなか加減が掴めないのがお義母さんと一緒のキッチンです。

お義母さんと一緒に料理をする時には

お義母さんと一緒のキッチンでは、もう声かけして行くしかないですね。「お義母さん、これ切りますか」「お義母さん、これ味付けお願いしていいですか」など、お義母さんを立ててやっていくしかないです。また、「お義母さんのこの料理、○○さん(旦那の名前)好きなんですよ」とリップサービスも時には必要です。

食事中に気を配ること

旦那さんの実家へ帰省した際の食事では、大皿料理が多いのではないでしょうか。そのような時、料理のお皿に手が届かない人もいますから、「これ、取りましょうか」と声をかけたり、小皿に取り分けて渡すなど、ちょっとした心配りも大切です。また、言わずもがなですが、後片付けは率先して行いましょう。やることをやっておけば気が楽ですから、何に付け「これやりましょうか」ですとか、「これは、ここでいいのでしょうか」とか声かけが大切です。

朝は早めに起きて朝食作りのお手伝いを

 

夏休みやお盆などの長期休暇に自分の実家への帰省なら、「家事から解放される!」と朝はゆっくり寝ていられますが、旦那の実家への帰省ならそうはいきません。せっかくの休みぐらいゆっくり寝ていたいものですが、旦那の実家へ帰省した時はできるだけお義母さんより早く起きるようにしましょう。旦那の実家が朝何時に起きるのか分からなければ、それとなく旦那に聞いてもらうと良いでしょう。

早く起きれたらなるべく朝ごはんを作るお義母さんのサポートをしましょう。そうはいっても出しゃばって料理を頑張る必要はありません。ご飯やお味噌汁を食卓に運んだり、洗い物を率先してやる程度で大丈夫です。「さりげなく手伝いをしている」という雰囲気が伝われば、旦那の実家におけるあなたの評価も上がるでしょう。

旦那さんの実家へ帰省する時の注意ポイント【お風呂編】

旦那さんの実家への帰省で、もう一つ面倒だな、と思うのがお風呂です。お風呂に入る順番やタイミングもさることながら、お風呂上りの格好にも気を使うものです。そんななにかと気を使う旦那の実家でのお風呂で、「こんな時はどうすればいいんだろう?」というシチュエーションと、それの解消方法をご紹介しましょう。

先に入っちゃってと言われたら

旦那さんの実家でのお風呂は気を使うもの。お義母さんが「先に入っちゃって」と言ってくれればそうしましょう。出る時には、次に入る人のことを考え、きちんと整えてから上がるのが基本。また、数日の滞在なら、お風呂洗いを請け負うのもいいでしょう。誰もが面倒くさいお風呂洗いですから、たまの帰省の時には、旦那さんの親への孝行だと思って張り切ってやっちゃいましょう。

お風呂上りの格好は?

お風呂上りも、どのような格好をしたらよいのか迷いますよね。お風呂の後、そのまま部屋へ行って眠れればいいのですが、まだみんながお茶の間でくつろいでいるのに、一人だけ部屋に戻るのも気が引けます。あまり砕けた格好も、いかがなものかと思いますし、きっちりとした服も着たくない。そんな時におすすめなのが、ゴムベルトのフレアーパンツです。あまり砕けていないし、ウエストがゴムなので締め付け感がありません。これだとトップは、Tシャツとパーカーでも大丈夫。お試しあれ。

旦那の実家への帰省は頑張りすぎずほどほどに

頑張り過ぎて続かなければ意味がない!

旦那の実家へ帰省するのが初めてという人の中には、「こんなにいろいろ気をつけなければいけないのか…」と旦那の実家へ帰省する前から落ち込んでしまった人もいるかもしれませんね。しかし、今回ご紹介したことをすべて完璧にしても今後ずっと続けることが出来なければ意味がありません。それに加えて当たり前ですが旦那の実家の人や雰囲気、あなたとお義母さんの関係によって、旦那の実家に帰省した時の振る舞いがどんなものが良いのか正解は変わってきます。最初からあまり気張りすぎず、「旦那の実家に悪い印象を与えなければ大丈夫!」ぐらいの心持ちでいましょう。

「帰省は年に数回のこと!」と割り切ってほどほどに

誰しも旦那の実家には悪く思われたくない、良いお嫁さんだと思ってもらいたいと思うものです。しかしあんまり意気込んで帰省すると、かえってミスをしてしまったり、取り返しの付かない大失態をしてもう2度と旦那の実家に帰省できない!ということにもなりかねません。とにかく旦那さんの実家への帰省は気が重いもの。しかし、帰省は避けては通れないものですから、心を決めて、こちらからコミュニケーションを取っていきましょう。中には、気難しい親御さんもいるでしょうが、会うのは帰省の際の年に数回のこと、と割り切り、程々にがんばりましょう。

スポンサーリンク