スポンサーリンク

贈り物のお礼には何を贈るのが正解?お返しにおすすめギフト特集
スポンサーリンク

贈り物をいただいたら、きちんとお礼を

贈り物をいただいた時、お礼はしていますか?

誕生日や結婚式、転職や退職、出産など、大人になると贈り物を贈ることはもちろん、贈り物をもらう機会も増えますよね?贈り物をもらった時、みなさんはお礼やお返しをしていますか?「ありがとうございますと感謝の言葉は伝えている」という方、「感謝やお祝いの気持ちでもらったものだから、お返しはしないでそのままでいいんじゃない?」という方、さまざまな方がいるでしょう。

もちろん贈り物は贈ってくださる方の好意ですから、相手がお返しを期待しているわけではありません。しかし、贈り物をいただいて嬉しい気持ちを何らかの形で返してくれると、ギフトを贈って良かったと思いますよね?贈り物を贈ってくれた方に感謝の気持ちを伝える意味でも、お返しをするのが大人としてのマナーなのです。

お礼って具体的に何をしたらいいの?

「でもお礼ってどんなことをしたらいいんだろう…」、もちろん贈り物のお礼ですから感謝の気持ちは相手に伝えたいですよね?その気持ちを相手にぴったりと合ったギフトとして贈ってみてはいかがでしょうか?贈り物を贈ることで相手に美味しい時間を過ごしてもらえたり、形に残るギフトなら見るたびに相手に思い出してもらうことができますね。でも贈り物のお礼として贈るギフトにどんな物を選んだらいいのか、予算はどの程度にしたらいいのか、贈り物のお礼としてギフトを贈る時はどんな人でも悩んでしまうものです。実際お礼としてギフトを贈る時には、こちらから贈る贈り物とはまた違うポイントに気をつける必要があります。

ここからは贈り物のお礼として贈るギフトの予算や選び方をご紹介します。贈り物初心者の方はぜひ参考にしてみてください。

贈り物のお礼の平均予算はどれくらい?

贈り物をもらった時に、みなさんはお返しで贈るギフトの予算はどの程度でしょうか?いただいた贈り物と同じ金額を返した方が感謝や嬉しい気持ちが伝わると思うかもしれませんが、あまりに高額なお返しはかえって相手に気を使わせてしまう場合がありますので注意が必要です。では贈り物のお礼はどの程度が相場でしょうか?一般的に贈っていただいた物の3分の1から半額程度のものをお返しするのが、相手に負担にならず感謝の気持ちを伝えられる金額と言われています。

例えば5000円程度の贈り物をもらった場合は、2000円から2500円程度のお礼を送れば相手に気を使わせることなく喜んで受け取ってもらえるでしょう。ただしもらった贈り物が高額なものだった場合は、3分の1から半額程度で返してしまうと高額なお礼をすることになり、贈った相手が恐縮してしまう場合があります。

また贈り物をいただいた相手がかなり目上の方の場合、あまりに高額なお礼は相手を下に見ていると判断されかえって失礼にあたる場合もあります。その場合相手の負担にならず感謝の気持ちを伝えられるよう、5000円から1万円程度のものを選んで贈るとよいでしょう。

お礼を贈る際には手紙などを添えても◎

贈り物のお礼としてギフトを贈る時には、手紙などを添えるのもおすすめです。贈る相手を思って直筆で心を込めて書いた手紙は、その文章はもちろん文字からも人柄や気持ちが伝わるものです。もし得意であればちょっとしたイラストや贈る方の似顔絵などを添えてもいいですね。せっかく贈るなら手紙を書く便箋やメッセージカードも、贈る方に合わせて選んでみてはいかがでしょうか?例えば便箋には季節に合ったものがたくさんあります。春なら桜、冬なら雪という風に、手紙を開けた時に贈った方に季節を感じていただけるようなものを贈るとよいですね。

また便箋には金箔などがちりばめられた華やかな和紙で出来ているものもあります。感謝の気持ちを込めてそういった便箋を使うのもおすすめです。文章を書くのがあまり得意でないという方は、凝った作りのメッセージカードなどを贈り物を渡す時に添えてみてはいかがでしょうか?今は開けると音楽が鳴るオルゴール付きのカードや、スマホで撮った写真や動画をデータにしてカードに貼り付けられるものもあります。遠く離れた方へお礼を贈る時にも便利ですね。

手紙やカードを添えるとギフトだけよりも感謝の気持ちが伝わるものです。渡す相手に合わせて、便箋やカードを選びましょう。

贈り物のお礼にピッタリなおすすめギフト特集

贈り物のお礼として贈るギフトの予算などが分かった所で、実際どのような商品を贈ったらいいか悩んでしまう人もいるでしょう。そこでここからは贈る相手や予算に合わせて、「こんなものを贈ると喜ばれる」という商品をご紹介します。ぜひ贈り物のお礼を選ぶときの参考にしてくださいね。

お菓子はどんな人にもおすすめのギフト

贈り物のお礼の定番といえば、お菓子ではないでしょうか?小さいチョコレートやクッキーが入った程よい大きさの商品から、有名ブランドのスイーツがふんだんにはいった豪華な詰め合わせまで、入っているスイーツも種類もたくさんあるのがお菓子の特徴です。値段もお手軽なものから高級なものまで幅広く揃うので、頂いた贈り物の値段や贈りたい相手に合わせて選べるのもいいですね。

ギフトとして贈るなら、お店に頼んでラッピングにも一工夫して美しい包装紙やリボンなどで飾るとよいでしょう。 ケーキや和菓子などの生菓子は美味しいですが賞味期限が短いので、贈り物のお礼としてスイーツを贈るなら賞味期限が比較的長いクッキーやチョコレート、バームクーヘンなど常温で保存できるお菓子を選ぶとよいでしょう。個包装されているものなら好きなタイミングで少量ずつ楽しめるので、お礼として贈る際には個包装になっているかチェックすると良いでしょう。

贈り物の定番、お茶やコーヒー

お茶やコーヒーも好き嫌いがあまりなく、毎日飲む物ですから贈り物としてぴったりです。贈る相手に合わせて味や個数を選びやすいので、贈り物のお礼初心者にも購入しやすいですね。ギフトとして贈るなら、おしゃれな缶やボトルに入ったお茶やコーヒーを選びましょう。普段飲んでいるものとは違い、贈り物のお礼として特別間が演出できるのでおすすめです。お店によっては缶に名前を入れてくれるサービスを行なっているところもあるので、贈りたい方の名前を入れてプレゼントすれば喜ばれること間違い無しですね。

お茶やコーヒーも贈り物のお礼として贈るなら、ティーバックなど個包装になっているものを選ぶと相手に親切ですね。お茶やコーヒーだけでも立派なギフトになりますが、選んだお茶やコーヒーに合うお菓子を少量一緒に贈るのもおすすめです。

また予算に余裕があれば、コーヒーやお茶を楽しめるカップやソーサーなどの食器を一緒に贈るのも良いですね。贈った相手にすぐお茶やコーヒーを楽しんでもらうことができるので、ゆったりとしたくつろぎの時間を過ごしてもらえることでしょう。

お子さんがいるご家庭にはジュース

小さいお子さんがいるご家庭からいただいた贈り物のお礼として贈るなら、お子さんも親御さんも楽しめるものを選びたいですね。そんな時は果汁100%のジュースを選んでみてはいかがでしょうか?普段よく飲むジュースも、ちょっと奮発して高級な商品を選べば、贈り物のお礼として贈るギフトとしてぴったりです。厳選されたフルーツ100%のジュースはうまみが強く、お子さんはもちろん大人が飲んでも十分に美味しいので、家族みんなで楽しむことができますよ。お子さんやご家庭の好みが分かれば、好きなフルーツの味をいくつか詰め合わせて贈るのもいいですね。 フルーツジュースは商品によっては賞味期限が比較的短いものもあるので、贈り物として使用する時は必ずチェックしておきましょう。

また開封前の商品が常温で保存できるのか、要冷蔵なのかも確認しましょう。賞味期限が長く常温で保存できるものなら、贈り物のお礼として贈るギフトにぴったりです。贈った相手にも美味しいジュースを長く楽しんでもらうことができるますね。

何枚あっても困らないタオル

贈り物をいただいた相手が遠い親戚や友達で、何が好きか分からない…そんなこともありますよね?そんな時は誰にでも喜ばれるタオルをギフトとして贈ってみてはいかがでしょうか?手をふいたりお風呂あがりの体をふいたり、タオルは毎日使うものですから何枚あっても困りませんよね。ちょっとしたハンドタオルから大判のバスタオルまで大きさが選べますし、ギフトボックスに入れるとかさがあるタオルは豪華に見えますので、贈り物のお礼としてぴったりの商品です。

目上の方やお世話になった方へ贈るなら、今治タオルやオーガニックコットンで出来た高級タオルを贈るとよいでしょう。小さいお子さんがいる家庭ならキャラクターの入ったタオル、若い女性へ贈るなら有名ブランドのロゴが入ったタオルもいいですね。タオルのカラーはさまざまな種類がありますが、もし悩む時はどんな人にも使いやすいホワイトやベージュ系がおすすめです。

男性へのお返しならお酒

上司や親戚の方など男性の方から贈り物をいただくと、どんなものを贈り物のお礼として贈ったらいいか悩みますよね。そんな何が好きか悩む男性へのお礼なら、お酒をプレゼントしてみてはいかがでしょうか?ワインやビール、日本酒など好きなお酒のジャンルが分かれば、後は予算に合わせて選びやすいのもお酒のおすすめポイントです。きれいなボトルに入っているお酒は見た目にも華やかなので、贈った相手もきっと喜ぶでしょう。

もしお酒にあまり詳しくなければ、デパートや専門店にいる店員さんに聞いてみるといいですよ。「普段はこんなものをよく飲んでいる」「辛口のお酒が好きみたいです」など相談すれば、その方に合った商品を選んでくれます。またお酒をギフトとして贈るなら、ぜひそのお酒にあったおつまみも一緒に贈ってはいかがでしょうか?ナッツとワイン、ビールと高級缶詰、ドライフルーツやチーズとウィスキーなど、お酒とおつまみの相性は抜群です。また選ぶお酒とおつまみの組み合わせは無限大なので、贈り物のお礼としてぴったりです。あえて普段は食べないような組み合わせお酒と一緒に贈って、相手を驚かせるのもおすすめです。

女性ならお花やブリザーブドフラワー

ギフトの定番、お花も贈り物のお礼として贈るのにぴったりです。贈る相手の好きな色や花を選んで、ブーケや鉢植えを作ってもらうといいですね。また花言葉をあらかじめ調べておいて、感謝や好意を表す花をいくつか贈るのも素敵ですね。生花を贈る場合は、相手に贈ってから長く楽しんでもらえるよう、満開に咲いているものよりつぼみや花が咲きかけの状態の花を選んで贈るのがおすすめです。生花は日持ちがしないので、贈り物のお礼として渡す時は、相手にすぐに会える場合に限られてしまいます。

遠くにいる方への贈り物に花を渡したい場合は、ブリザーブドフラワーをギフトとしてプレゼントしてはいかがでしょうか。ブリザーブドフラワーは生花と違い半永久的に花の美しさを楽しむことができますし、手入れもいらないので贈った相手の手を煩わせることもありませんね。最近ではガラスケースに入っていたり、ラメやビジューで華やかに装飾されているブリザーブドフラワーもたくさんあります。光を反射してきらきらするブリザーブドフラワーは、女性への感謝の贈り物にはぴったりですね。

お礼をして、気持ちの良い関係を築きましょう

お祝いの気持ちや感謝の気持ちがたくさん詰まっている贈り物をもらうと、どんな人でもとても嬉しい気持ちになるものですよね。自分が感じたその嬉しい気持ちや感謝の気持ちをお礼のギフトとして相手に返すことで、相手にも同じ気持ちを渡すことができますよ。お礼のギフトを今まで渡したことがなかったという方も、おすすめのギフトや予算を参考に、ぜひお礼の贈り物を選んでみてください。相手に喜んでもらえるかな?感謝の気持ちが伝わるかな?と贈り物を選んでいる時から、きっとウキウキワクワクして素敵な時間を過ごすことができるはずですよ。

大人として贈り物をもらったら、お礼のギフトを返すのは一つのマナーです。しかしマナーである以上に、贈り物は相手への思いやりや感謝の気持ち、相手とこれからも良い関係を続けたいというメッセージになるものです。また末永いお付き合いができるようにする手段の一つでもあります。相手と気持ちのよい関係を築くために、皆さんもぜひお礼の贈り物を渡してみてくださいね。

※最後までお読みいただきありがとうございます!
プラスクオリティーはスポンサー料で成り立っている無料の情報発信サイトです。

スポンサーリンク