ママ友なんていらない!面倒な人間関係に疲れてしまった時の対処法とは

ママ友という面倒な人間関係

学生時代からの知り合いである友人とは異なり、ママ友は特に初めての育児で戸惑うことがあったり不安を感じたりした場合、同じ悩みを分かち合う仲間としては、大変ありがたい存在であると言えるでしょう。

しかし一言でママ友といってもその中にはさまざまなタイプの人がいるため、どうしても自分と馬が合わない人がいて、正直顔を合わせるのを苦痛であると感じている女性も実は多いのではないでしょうか。

確かにママ友との関係というのは、普通の友達関係とはまた違った、ちょっと不思議なものでもありますよね。

きっとほとんどの場合は、たまたまお互いの子供が同じ保育園に通っていたからとか、子供同士が仲良くなったからなどという理由で、その関係が始まることが多いことと思います。

最初はお互いに相手のことをよく知らなくても、何度も話しているうちにその人の性格や人柄のようなものが見えてくるはずです。

そうするうちに相手のいい面ばかりではなく悪い面も見えてくるため、「ママ友との付き合いが面倒だな」という漠然とした気持ちから、やがて「ママ友なんてもういらない」とした断固とした決心に変わってくることもあるかもしれませんね。

ママ友なんていらない!と感じてしまった原因は?

ママ友なんていらない!と感じてしまった原因をご紹介します。

ママ友なんていらない感じた原因①ママ友とのランチやお茶が面倒くさい

https://www.photo-ac.com/

ママ友がいることでいい面も多くありますが、例えば何度もお茶やランチに誘われたりすると、だんだん「たまには一人でゆっくりしたい」と感じ面倒に思う方も多いようです。

また女性の多くはうわさ話が好きであり、ママ友とランチに行くとどうしても他のママ友のうわさや悪口、あるいは家族の自慢話ばかりを聞かされてうんざりしてしまい、これらの対処法に困り、ママ友との付き合いが憂うつになる場合もあるようです。

タイトルとURLをコピーしました