【子供が発達障害と診断された】まず最初にすべきことと、接し方

「子供が発達障害だと分かった」母親をはじめ家族の誰もが想像もつかないほどのショックを受けるでしょう。当事者でしか分からないつらさもあるはずです。子供への接し方はどうすればいいのか。基本的な知識を整理していきます。

公開日:    最終更新日:

発達障害ってなに?

https://www.pakutaso.com/

「発達障害」。よく目にする言葉です。発達障害は、大きく3つに分けられます。

精神遅滞(知的障害)

全般的な知的機能の発達の停滞がみられるもの。

広汎性発達障害(自閉症、アスペルガー症候群など)

・自閉症

「社会的な対人関係を築きにくい」、「コミュニケーションが取りにくい」、「こだわりが強い」という3つの条件、すべてが認められる。

・アスペルガー症候群

知的には普通に発達し、言語・認知能力もあまり遅れはないが、社会性や「こだわり行動」に自閉症のような症状がみられる・

特異的発達障害(学習障害、注意欠如/多動性障害など)

・学習障害

読み、書き、計算など学習能力の習得に時間がかかる。

・注意欠如/多動性障害

集中力が無く、衝動的で落ち着きがない。注意力がない。

知的障害であり自閉症でもある、というように重なった症状を持つこともめずらしくありません。

個人差が大きく、子供への接し方も一人ひとり異なってきます。発達障害の原因はまだ完全に解明されてはいませんが、中枢神経系の機能障害だと考えられています。この機能がうまく働かないために、特性(言葉や日常の行動に何らかの偏りやゆがみ)のある行動がうまれます。

現在では、この特性を「障害」とよばす、「個性」として子供の成長を支援しています。

子供の発達障害ってどんな症状がでるの?

およそ1歳までに、何らかの特性が子供にあらわれる、と指摘されています。症状には個人差がありますが、代表的なものを挙げていきます。

「あやしても笑わない」「視線があわない」

https://www.pakutaso.com/

0歳の時期は言葉でコミュニケーションできなくても、あやすと笑ってくれたり、声のするほうに目線を向けたりしてくれます。発達障害と診断された子供は、こういうことができません。母親が話しかけても視線が合わない。笑いかけても無反応。声のする方に目線を向けない。子供への接し方に悩むことでしょう。

母親が健診の際に相談することで、早い段階からサポートを受けられるようになっています。

親が「手のかからない赤ちゃん」だと感じる

関連記事