【子供が発達障害と診断された】まず最初にすべきことと、接し方

「子供が発達障害だと分かった」母親をはじめ家族の誰もが想像もつかないほどのショックを受けるでしょう。当事者でしか分からないつらさもあるはずです。子供への接し方はどうすればいいのか。基本的な知識を整理していきます。

公開日:    最終更新日:

発達障害ってなに?

https://www.pakutaso.com/

「発達障害」。よく目にする言葉です。発達障害は、大きく3つに分けられます。

精神遅滞(知的障害)

全般的な知的機能の発達の停滞がみられるもの。

広汎性発達障害(自閉症、アスペルガー症候群など)

・自閉症

「社会的な対人関係を築きにくい」、「コミュニケーションが取りにくい」、「こだわりが強い」という3つの条件、すべてが認められる。

・アスペルガー症候群

知的には普通に発達し、言語・認知能力もあまり遅れはないが、社会性や「こだわり行動」に自閉症のような症状がみられる・

特異的発達障害(学習障害、注意欠如/多動性障害など)

・学習障害

読み、書き、計算など学習能力の習得に時間がかかる。

・注意欠如/多動性障害

集中力が無く、衝動的で落ち着きがない。注意力がない。

知的障害であり自閉症でもある、というように重なった症状を持つこともめずらしくありません。

個人差が大きく、子供への接し方も一人ひとり異なってきます。発達障害の原因はまだ完全に解明されてはいませんが、中枢神経系の機能障害だと考えられています。この機能がうまく働かないために、特性(言葉や日常の行動に何らかの偏りやゆがみ)のある行動がうまれます。

現在では、この特性を「障害」とよばす、「個性」として子供の成長を支援しています。

子供の発達障害ってどんな症状がでるの?

およそ1歳までに、何らかの特性が子供にあらわれる、と指摘されています。症状には個人差がありますが、代表的なものを挙げていきます。

「あやしても笑わない」「視線があわない」

https://www.pakutaso.com/

0歳の時期は言葉でコミュニケーションできなくても、あやすと笑ってくれたり、声のするほうに目線を向けたりしてくれます。発達障害と診断された子供は、こういうことができません。母親が話しかけても視線が合わない。笑いかけても無反応。声のする方に目線を向けない。子供への接し方に悩むことでしょう。

母親が健診の際に相談することで、早い段階からサポートを受けられるようになっています。

親が「手のかからない赤ちゃん」だと感じる

1歳近くになると、行動範囲が広がります。母親の後ろをハイハイしながらついてきたり、母親の姿が見えないと大声で泣き叫んだり。いつも母親と一緒でないと赤ちゃんは安心してくれません。

発達障害と診断された子供は、ベッドに一人で寝かされても平気。一人にされても泣いたりしない。親は手のかからない、いい子供だと思ってしまいます。しかしこれらは、発達障害の特性で、感情をどうやって示したらいいのか分からない状態なのです。

言葉を話さない・覚えられない

https://www.pakutaso.com/

1歳を過ぎると言葉が少しずつ出てきます。「ママ」「パパ」「ワンワン」など一語から始まります。

発達障害だと診断された子供は、言葉を全く発しない。発したとしても意味を理解しているわけではなく、母親の言葉を「オウム返し」するという特性を持つことが多くみられます。

またニュースで聞いたフレーズを覚えて、急に難しい言葉を口に出したり、同じ言葉を何度も繰り返したりするようなこともあります。

こういうことが続くと、母親が接し方に戸惑うようになり、1歳半健診で、保健師に相談することが多くみられます。

かんしゃくを起こしやすい

https://www.pakutaso.com/

自閉症スペクトラムの特性を持つ子供の中には、かんしゃくを起こす子供もいます。突然暴れ出したり、大声を発したり、自分の頭を壁に打ち付けたりすることがあります。自分の感じた不安や緊張をどうしたらいいか分からないとき、かんしゃくやパニックでしか表現できないために、このような行動を取ってしまいます。

またかんしゃくを起こすことで、何とかして欲しいというサインを子供が出しています。どう手助けすればいいのかと、接し方が難しいと思いますが、そのサインを周囲の人が理解して支援してあげることが必要です。

子供が発達障害と診断されたら、まずすべきこと

発達障害は、薬を飲めば治るような病気ではありません。その特性を理解し、さまざまな支援を受けながら成長し、日常生活を送っていくことになります。発達障害の子供への接し方について、周囲の協力も必要です。親としてどう育てていけばいいのか。参考にしていただけたらと思います。

家族で受け止める

https://www.pakutaso.com/

子供が発達障害だと分かった。簡単には受け入れられない現実でしょう。

一番大変なのは、発達障害と一生付き合っていかなくてはいけない子供です。

発達障害に関する相談は、保健所や児童相談所でできます。匿名でも応じてくれています。

母親だけが抱え込まずに、家族や専門家と協力し合いながら子供を育てていくことが必要です。その中で子供に適した接し方を見つけていくことができます。

さまざまな支援を活用する

https://www.pakutaso.com/

発達障害のある子供の面倒を保護者だけで行うことはできません。専門的な知識を持った職員のいる公的機関を活用します。「発達障害者支援センター」が都道府県に設置されています。日々の暮らしの中で接し方に困ったとき、相談できる場所があると心強いと思います。子供が行くのを嫌がる場合は、保護者だけでも相談できます。

また発達障害の子供を持つ親同士が連携する組織もあります。育児の先輩から学ぶことは多くあります。また同じような悩みを持っていたはずです。子供への接し方に関する有益な情報を得られると思います。

悲観することは決してない

https://www.pakutaso.com/

こうおっしゃっている専門家がいます。発達障害の特性のひとつに「こだわりが強い」「好きなことをとことん突き詰める」というものがあります。この特性を活かし、東京大学に入学したり、弁護士や医師として活躍している人がいます。子供の好きなことを見つけて、とことん伸ばしていく。そういう接し方が功を奏すると考えられています。

発達障害の子供との接し方

子供にどう接したら一番いいのか。毎日苦労されていると想像します。母親だけで対処できるものではありません。家族が接し方を決めておくと、子供が迷わずに理解しやすくなるようです。

短い言葉で伝える

https://www.pakutaso.com/

発達障害のある子供は長い言葉で指示されても、忘れてしまうようです。できるだけ短い言葉で指示をします。一語一語はっきりと話すことで理解してもらうことができます。

また具体的に話すことも必要です。言葉を省略すると理解できません。何をどうする。しっかり伝えることが大切です。接し方を決めておくことで、お互いのコミュニケーションがスムーズにできるようになります。

強い言葉、大声でしからない

https://www.pakutaso.com/

「だめ」「やめなさい」と命令口調で言っても何がいけないのか、子供には伝わないと言われています。やってはいけないことがあるときは、具体的に「○○してはいけません」と具体的に伝える必要があります。

また大きな声を出すと、パニックになることもあります。しかるときも、穏やかな口調でやさしく指示を出すという接し方が必要です。

ほめてあげよう

https://www.pakutaso.com/

どんな子供でも親にほめられると、親への信頼感がぐっと増します。発達障害の子供も接し方は同じです。家庭のなかで、小さなことでも見つけてほめてあげる。そうすることで、自分に自信がつき、パニックなどの症状が出にくくなってくる効果が期待できます。笑顔も見られると嬉しいですね。

家族みんなで支援する

https://pixabay.com/ja/

母親だけが育児をするものではありません。発達障害の子供の育児は大変だと誰でも想像できます。両親をはじめ家族が一緒になって取り組むことが欠かせません。子供がお世話になっている療養施設などを家族で訪問することは理解を深めるいい機会になると思います。

また、発達障害者支援センターなどでは、発達障害の子供を育てる親向けのセミナーなどがあります。このような場所に夫婦で参加して子供への接し方を学ぶことができるでしょう。

関連記事