敷地内同居はストレスが溜まる?実はメリットもたくさんあった!

同じ敷地に親の家と子供の家がある同居のスタイルを敷地内同居といいます。二世帯住宅や完全同居とは違い、家が2軒あるのが違いです。夫の両親の家と同じ土地に建てる夫婦が多いです。同居なんて絶対に無理!考えられない!と思っている人はたくさんいます。しかし、実際にはメリットがたくさんあるんですよ。

公開日:    最終更新日:

敷地内同居はストレスが溜まる?

https://pixabay.com/

自分の両親とならば気が楽ですが、義理の両親となると気を使います。お盆や正月の帰省の時だけなら、どうにかやり過ごせますが、毎日となるとそうはいきません。

いい嫁を演じようとしても長続きしません。だって終わりが無いから。明日も明後日も敷地内同居での生活が続くのです。

特に始めは敷地内同居に慣れずにストレスが溜まることがあります。今まで自由にしていたけれど、これからは義理の両親を気にしたほうがよいのかなど、悩みが尽きません。

悩むし、ストレスが溜まる生活だと思うとメリットなんて感じられません。何かメリットはあるのでしょうか?

まずはデメリットから見ていきましょう。

敷地内同居のデメリットとは

デメリットしか思いつかないと思う人もいるかと思います。敷地内同居とはいえ、義理の両親も夫も住んでいる土地にお嫁さんは一人で入っていかなければなりません。不安に思うのは当然です。

監視されている気分になる

https://pixabay.com/

買い物から帰ってきて家に入ろうとした時、絶妙なタイミングでお義母さんがやってきた。

気が付くと、庭から家の中を覗かれていた、そんなことがあります。

敷地内同居は同じ土地に家があるから、相手のことが見えやすくなります。もしかして見られている?と思う瞬間があります。

あれこれと干渉される

https://pixabay.com/

車で出掛けようとすると「あらっ、お出掛け?」と聞かれて、その都度報告するのが面倒だと感じることがあります。

「明日はごみの日だからね」と分かっていることを、言ってくることもあります。心配してくれているのでしょうが、大人なんだから放っておいてほしい、と感じてしまいます。

実家に帰りづらい

https://pixabay.com/

敷地内同居をする前までは、気兼ねすることなく実家に帰れていたのに、同居を始めて義理の両親の目を気にすると、帰りづらくなります。

妻側の両親にも子供を合わせてあげたいと思うのは自然なことです。子供がいても、いなくても普通に様子を見に行くことも必要だと思います。

敷地内同居をしているのに、頻繁に実家に帰っている。と思われるのは辛いです。同居していると、実家に帰るのは控えるべきなのでしょうか。

子供の教育について口出しされる

関連記事