あなたは大丈夫?結婚してもすぐに離婚してしまう人には特徴があった!

結婚してもすぐ離婚することになったら嫌だ…そう思って結婚に踏み出せないと感じていませんか?たしかに結婚してすぐ離婚する人は一定数います。でもそれにはいくつかの理由が考えられます。すぐ離婚する理由と離婚しないために心がけるべきことをご紹介します。これであなたも安心して結婚生活を送れるようになるでしょう!

公開日:    最終更新日:

結婚してもすぐ離婚してしまう人の特徴【6選】

結婚してもすぐ離婚してしまう人にはいくつかの特徴があります。結婚する前、もしくはすでに結婚している人も、下記の特徴の中で当てはまるものがないか確認してみましょう。

金銭感覚の不一致

https://pixabay.com/

金銭感覚は人によってかなり差があります。あなたも今までに付き合った恋人や友人との金銭感覚のズレは感じたことがあると思います。結婚して夫婦になると二人で生活設計を立てていきます。そこでまず考えなければならないのはお金の管理についてです。家のお金はどちらか一方が管理するのか、お互い個人の財布を持つのか。お金の管理についてだけでもすんなり決まるかわかりません。

また、普段のお金の管理だけでなくマイホームなどの大きな買い物をするときにも二人の金銭感覚の差は問題になる可能性があります。マイホームは一生ものだからお金をかけたいと考える人や、もしくは最低限生活できる状態であればいいという人もいます。

お金の切れ目は縁の切れ目とも言いますよね。結婚前にお金まわりのことはよく二人で確認しておくといいでしょう。お金の管理だけでなく、ギャンブルや趣味などに使っているお金があるかどうかも確認しておくと安心ですね。

価値観の違い

https://pixabay.com/

結婚するとさまざまな場面で二人で判断し決定することが出てきます。その判断する事柄は、残念ながら結婚前に全て想定できません。結婚前に二人で過ごす時間が少ないとお互いがどんな価値観を持っているか知ることができません。そのため結婚して二人で生活するようになってから初めて価値観のギャップを感じるかもしれません。価値観は簡単に変えることができないので、ギャップが強いとすぐ離婚することにつながってしまいます。

気遣いができない

https://pixabay.com/

結婚すると二人で一緒にいる時間がもちろん長くなります。そこで忘れていけないのは気遣いです。気遣いは誰と一緒にいるときも忘れてならないものです。でも結婚して夫婦になると意外と忘れがちです。

結婚相手には飾らない自分をさらけ出します。でも自分の素を出す=気遣いをせず思い通りにしてもいいと捉えてはいけません。夫婦であれ他人同士が一緒に生活することになります。お互いに日頃から気遣いを忘れず良い環境を作ることを心がけなければなりません。

たとえば夫が疲れているときはゆっくり寝かせてあげたいですよね。あなたが疲れているときは食後の片付けをしてほしいですよね。一緒にいるからこそ相手の調子や求めていることが分かるはずです。言葉がなくても気遣いの気持ちでお互いを思いやりたいですね。

思い描く将来が違う

https://pixabay.com/

結婚が二人のゴールではありません。むしろそこから二人で未来への道を築き上げていきます。結婚、結婚式、ハネムーン、仕事、居住地、マイホーム、子ども、老後…と大まかに挙げましたがこのような大きなポイントがあります。

たとえばこの中のマイホームについて考えてみます。結婚と同時にマイホームを購入される方はそう多くありません。二人で生活設計をしていく中で大きな買い物について考えていくのが一般的です。でもこれも一般的な考え方を自分が持っているからと言って安心していいわけではありません。

相手は結婚同時にマイホームの購入検討を始めたいと思っているかもしれません。もしくはマイホームは頭になく一生賃貸で生活したいと考えている人かもしれません。何が正解というわけでなく、それぞれの人によって考え方(価値観)が異なります。

子ども持つか持たないか

結婚して大半の夫婦が考えることになるのが子どもについて。子どもを持って当たり前と考える人、できたらいいかなと考える人、子どもを持つことは考えられない人と大きく分けて3つに分けられます。

ちなみに私は結婚していますが子どもは欲しくないと思っている人です。まわりの友人は子どもがほしい人ばかりなので不思議がられます。でも夫婦二人の中で意見が一致していれば問題ありません。

友人の中には不妊治療を頑張っている人もいます。不妊治療はお金や時間が莫大にかかる可能性があります。子どもについては結婚前によく確認しておかないと、離婚原因につながる可能性が高いので気をつけましょう。

結婚前に無理していた

https://pixabay.com/

結婚相手に自分を良く見せたいと思うのは普通のことです。でも自分を飾りすぎていると結婚してすぐ離婚する原因になるかもしれません。あなたの素の姿を初めて知って、結婚相手が驚くだけではありません。あなたが結婚しても自分を良く見せようと無理した状態を続けると、窮屈な気持ちになってくることでしょう。家でリラックスできないと辛いですよね。あなたにとっても結婚相手にとっても、自分を必要以上に飾って素を見せないのは良くありません。本当の自分の姿も結婚前に少しずつ見せておかないと、結婚してもすぐ離婚してしまうかもしれません。

結婚してすぐ離婚しないためには【4選】

https://pixabay.com/

結婚してすぐ離婚するのは悲しいことです。お互い愛し合って結婚したのにすぐ離婚では残念すぎる結果です。そうならないために心がけたいことを4つ挙げるので参考にしてくださいね。

親しき仲にも礼儀あり

https://pixabay.com/

結婚すると結婚相手が一番近い存在になり、家族になります。もしかするといままで親にある程度のワガママを言ってきたかもしれません。親は子であるあなたのワガママを聞いてくれていたことでしょう。

結婚相手も家族なので全部を受け入れてほしいと思うかもしれません。受け入れてもらうという考えは間違いではありませんが、そこに礼儀を忘れてはいけません。親しき仲にも礼儀ありと言うように相手にとって失礼にあたることはしてはいけません。

失礼にあたるラインが分からないのであれば自分に置き換えて考えてみましょう。たとえばあなたがご飯を作って無言でご飯を食べられたらどうですか?「いただきます」「美味しいね」「ご馳走様」このような言葉を相手に期待するのではないでしょうか。そう感じるのであれば、相手がご飯を作ってくれたときにこのような言葉を口に出すことができると思います。

お互い違う人間だと認め合う

https://pixabay.com/

いくら結婚前に価値観をすり合わせても完全に一致することはありません。限りなく考え方を近づけることができても二人は違う人間なので限界があります。意見がぶつかり合う時も出てくるでしょう。そこで諦めてしまってはすぐ離婚することに繋がります。よく話し合って二人の妥協点を見つけることが大切です。時には我慢も必要です。結婚して他人と生活するというのはそういうことなのです。

一緒に楽しむことをつくる

https://pixabay.com/

結婚してすぐ離婚しないためには二人で共通の楽しみをつくることをオススメします。どちらかの趣味を二人でやってみてもいいですし、新しいことに挑戦するのもいいですね。

特段思いつかない人は毎週日曜の夜は外食するというルールを作るのもいいですね。何でもいいので二人で楽しめることをつくっておくと、仲を深めるきっかけを絶やさず過ごせます。もしケンカをしてしまったときも共通の趣味があると仲直りするきっかけにできるでしょう。

感謝の言葉を伝える

https://pixabay.com/

夫婦になると言わなくても伝わることが増えてきます。相手が何を考え、何を求めているか一緒に生活していると言葉がなくても理解できるようになります。ここで勘違いしてはいけないのは、感謝の言葉も伝えなくなってはいけないということです。

「毎日仕事お疲れ様」「ご飯を作ってくれてありがとう」このような言葉はむしろ意識的に伝えるべきです。相手に自分の気持ちが伝わっていると思い、感謝の気持ちを言葉にするのを怠ると二人の関係は良い方向には向かいません。

「やってもらって当たり前」という考えは危険です。お互いの存在に感謝し、それを言葉で伝えることがすぐ離婚しないための秘訣です。

結婚してすぐ離婚は回避できる

結婚してすぐ離婚する夫婦には何らかの問題があります。その問題を分析し解決すれば離婚を回避することは可能です。お互い愛し合って結婚するわけですから、二人なら問題を解決できるはずです。すぐ離婚する夫婦にならないために二人でよく話し合いをしてずっと良い関係でいられるように心がけましょう。

※最後までお読みいただきありがとうございます!
この記事が面白かったと思われた方は、スポンサーサイトにも行ってみてくださいね♪
プラスクオリティーはスポンサー料で成り立っています。

関連記事