社会人でもネイルがしたい!先輩や上司にもウケが良いネイルデザイン集

社会人はネイルが楽しめない。そう思っているひとも多いのではないでしょうか。ですが社会人でもネイルを楽しめます!ただし、ネイルがOKの会社でも社会人としてのマナーや身だしなみを忘れてはいけません。ではオフィスで浮かないネイルや、先輩や上司にウケがいいネイルはどんなデザインなのでしょうか。また社会人にNGのネイルは?詳しくご紹介いたします!

公開日:    最終更新日:

社会人でもネイルは楽しめる!

社会人としてのネイルルールを守っていれば、オフィスでもOKのネイルを楽しめます。ネイルルールとは、「シンプル」「品」「ナチュラル」です。デザインをしなくてもネイルケアできれいにしたり、上品カラーで品を出したりとルールを覚えておけば、ウケのいい社会人ネイルライフを満喫できるのです。

ネイルではなくケアするだけでも印象は変わる!

https://www.pexels.com/

ジェルネイルが普及する前は、ネイルケアをしてマニキュアを塗るというのがネイルサロンで定番のメニューでした。ジェルが定番となった今では、ネイルケアをする人が少なくなってきています。

ですが、指先をきれいに見せるためにネイルケアをすることは、とても重要なポイントとなります。指先の印象を変えるネイルケアとは何か、早速みていきましょう!

甘皮とは?

https://www.instagram.com/p/BvAx3LclWU1/

爪の根本をよく見ると、皮膚と爪の境目の部分に皮があります。この部分を「甘皮」といいます。そしてこの甘皮が伸びて爪の表面に覆うようになっている薄皮部分を「ルースキューティクル」と呼びます。このルースキューティクルのお手入れを怠ると、爪がきれいに見えません。

また、乾燥からささくれになったり爪が伸びにくくなったりします。甘皮部分は、爪の根本を保護するためにあります。自己流でお手入れしてしまうと出血したりや菌が入ってしまうなど、トラブルの原因にもなるので注意が必要です。

ネイルケアとは?

https://www.instagram.com/p/Bywlq9mpwb1/

甘皮部分から伸びている薄皮、ルースキューティクルを押し上げてカットすることを「ネイルケア」と言います。ルースキューティクルが張り付いていると、ガサガサして見えたりカスが溜まってみえたりするので、どんなにかわいいネイルをしても美しく見えません。ジェルネイル をするときに「ドライケア」というものがついていますが、このドライケアはジェルの持ちを良くするための下処理のことです。

きれいな指先にしたい方は、しっかりとネイルサロンでネイルケアをしてもらいましょう。

ネイルケアで印象を変えよう!

https://www.instagram.com/p/B75q2INpYqI/

甘皮のネイルケアをするだけで、指先の印象が大きく変わります。ネイルケアをしていないと乾燥が目立ち、指先がだらしない印象になってしまいますが、きちんとお手入れされた指先は清潔感があり、女性らしい印象になります。

ジェルネイルやマニキュアを塗るより、先輩や上司に違和感なく好印象を与えることができ、また冠婚葬祭などにもすぐに対応できます。

オフィスで浮いてしまうNGデザインとは

長くネイルを楽しんでいると、派手のラインがわからなくなってきますよね。実は周りから見たら浮いているネイルに見られているかもしれません。オフィスでのNGデザインを、確認してみましょう!

関連記事