社会人でもネイルがしたい!先輩や上司にもウケが良いネイルデザイン集

社会人はネイルが楽しめない。そう思っているひとも多いのではないでしょうか。ですが社会人でもネイルを楽しめます!ただし、ネイルがOKの会社でも社会人としてのマナーや身だしなみを忘れてはいけません。ではオフィスで浮かないネイルや、先輩や上司にウケがいいネイルはどんなデザインなのでしょうか。また社会人にNGのネイルは?詳しくご紹介いたします!

公開日:    最終更新日:

社会人でもネイルは楽しめる!

社会人としてのネイルルールを守っていれば、オフィスでもOKのネイルを楽しめます。ネイルルールとは、「シンプル」「品」「ナチュラル」です。デザインをしなくてもネイルケアできれいにしたり、上品カラーで品を出したりとルールを覚えておけば、ウケのいい社会人ネイルライフを満喫できるのです。

ネイルではなくケアするだけでも印象は変わる!

https://www.pexels.com/ja-jp/

ジェルネイルが普及する前は、ネイルケアをしてマニキュアを塗るというのがネイルサロンで定番のメニューでした。ジェルが定番となった今では、ネイルケアをする人が少なくなってきています。

ですが、指先をきれいに見せるためにネイルケアをすることは、とても重要なポイントとなります。指先の印象を変えるネイルケアとは何か、早速みていきましょう!

甘皮とは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

ちょっとお手入れネイルケア専門店-Nana-(@oteire.yoyogi)がシェアした投稿

爪の根本をよく見ると、皮膚と爪の境目の部分に皮があります。この部分を「甘皮」といいます。そしてこの甘皮が伸びて爪の表面に覆うようになっている薄皮部分を「ルースキューティクル」と呼びます。このルースキューティクルのお手入れを怠ると、爪がきれいに見えません。

また、乾燥からささくれになったり爪が伸びにくくなったりします。甘皮部分は、爪の根本を保護するためにあります。自己流でお手入れしてしまうと出血したりや菌が入ってしまうなど、トラブルの原因にもなるので注意が必要です。

ネイルケアとは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

SERENE NAIL 関市(@masami856)がシェアした投稿

甘皮部分から伸びている薄皮、ルースキューティクルを押し上げてカットすることを「ネイルケア」と言います。ルースキューティクルが張り付いていると、ガサガサして見えたりカスが溜まってみえたりするので、どんなにかわいいネイルをしても美しく見えません。ジェルネイル をするときに「ドライケア」というものがついていますが、このドライケアはジェルの持ちを良くするための下処理のことです。

きれいな指先にしたい方は、しっかりとネイルサロンでネイルケアをしてもらいましょう。

ネイルケアで印象を変えよう!

 

この投稿をInstagramで見る

 

群馬県高崎市自爪育サロン painter(@painter_n_)がシェアした投稿

甘皮のネイルケアをするだけで、指先の印象が大きく変わります。ネイルケアをしていないと乾燥が目立ち、指先がだらしない印象になってしまいますが、きちんとお手入れされた指先は清潔感があり、女性らしい印象になります。

ジェルネイルやマニキュアを塗るより、先輩や上司に違和感なく好印象を与えることができ、また冠婚葬祭などにもすぐに対応できます。

オフィスで浮いてしまうNGデザインとは

長くネイルを楽しんでいると、派手のラインがわからなくなってきますよね。実は周りから見たら浮いているネイルに見られているかもしれません。オフィスでのNGデザインを、確認してみましょう!

NGなネイルデザイン①オフィスファッションに合っていない

https://pixabay.com/

ネイルがOKな会社であっても、社会人としての身だしなみは大切です。ファッションはオフィスに馴染んでいるのに、ネイルが浮いてしまっていると先輩や上司に嫌な印象を与えてしまいます。

シンプルなオフィスファッションなら、ネイルもシンプルにするのがベストでウケも良くなります。デザインを入れたいときは、グラデーションやフレンチネイルに上品なパールなどをプラスするなどして楽しみましょう。

NGなネイルデザイン②ゴテゴテのつけ放題ネイル

https://pixabay.com/

ラインストーン付け放題やパーツやホログラム使いたい放題など、これでもか!と爪に目一杯デザインをしているネイルはオフィスには向きません。社会人としてのネイルは「品」がポイントとなります。

自営業ならいいかもしれませんが、会社に所属しているのならば会社のイメージを壊さぬよう、ゴテゴテのびっくりされるようなネイルデザインは控えましょう。

NGなネイルデザイン③スーパーロングネイル

https://unsplash.com/

スカルプチュアなどでデザインするスーパーロングネイルはオフィスにはNGです。オフィスファッションにも合いませんし、仕事ができないように思われてしまいます。さらに、ロングネイルにラインストーンや派手なカラーをつけていたら、先輩や上司に注意されるレベルのネイルになってしまいます。スカルプチュアをつけたいなら、社会人らしくシンプルに短くつけて楽しんでくださいね。

社会人でもOK!ネイルデザイン7選

ネイルサロンでオーダーする際には「オフィスネイルで」と伝えましょう。ほとんどのサロンが対応してくれるはずです。また、落ち着いたネイルサロンを選ぶのもポイント。ではどんなデザインが社会人でもOKなのか、おすすめオフィスネイル をご紹介します!

①ヌーディーカラー単色塗り

 

この投稿をInstagramで見る

 

もう大丈夫(@3.8mg)がシェアした投稿

オフィスネイルで先輩や上司のウケがいいのは「単色塗り」です。ですが、ブラックやレッド、ネオンカラーなどの派手な色はNGネイルになってしまうので気をつけましょう。ハイブランドでもよく使われているグレージュや、肌の色に近いピンクベージュなどを組み合わせるのがおすすめです。

単色塗りは指先がきれいに見えて、逆に視線を集めてしまうなんてことも。ネイルケアもきちんとしておくのもポイントです。

②モカカラー×フレンチネイル

 

この投稿をInstagramで見る

 

KOMIYAMA(@lionnail_komi)がシェアした投稿

フレンチネイルといえば白フレンチですが、先端を白にするのは男性の上司にウケがよくありません。白は肌馴染みが悪く、指先が浮いて見えてしまいます。

そこで、おすすめなのが「モカカラー」を使ったフレンチのデザインです。ピンクベージュを使ったフレンチもおすすめですが、近年トレンドカラーとなっているモカを使えば、おしゃれ度も増しますし、オフィスにも馴染みますよ。

③グラデーション×ラメ

 

この投稿をInstagramで見る

 

メンズネイリスト 金子康之(@foconail)がシェアした投稿

ラメだけのグラデーションにしてしまうと派手になってしまい、オフィスではNGなネイルになってしまいます。ですが、カラーグラデーションの上にほんのりラメを散らせば、オフィスでもウケがいいネイルデザインになります。濃いカラーを使わず、馴染みのいいグラデーションにするのがポイント。

ラメも上品なシャンパンカラーやホワイトパールを使うと、社会人らしい大人なネイルに仕上がります。

④グレージュ×天然石

大理石やベッコウなどの天然石ネイルは、ネイルサロンでも定番のデザインとなっています。季節によって変えられるのも楽しめるデザインです。ですが、10本全てにデザインしたり、ラメや濃いカラーを使ったりしたらオフィスで浮いてしまいます。

天然石ネイルを楽しみたいなら数本に抑え、グレージュなどの大人カラーと組み合わせましょう。

関連記事