【心身共に健康になる】自律神経を整えるためのマッサージ方法

自律神経を整えるのにはマッサージが効果的

自律神経は、体温調節から消化器官、血液循環などの内臓器官の働きに大きく関係しています。そのため、自律神経に乱れが生じると、頭痛や不眠、肩こりや倦怠感などの様々な体の不調があらわれてくるのです。自律神経には、心と身体を興奮状態に導く交感神経と、逆にリラックス状態へと導く副交感神経の二つがあり、この二つの神経がバランス良く機能することで健康な状態を保っています。しかし、この二つの神経のバランスが崩れると緊張状態が続いたり、逆にだるさによって何もする気にならない状態になったりと身体に数々の悪影響を及ぼします。

そこで、自律神経の乱れを整えるのに効果的なのがマッサージです。マッサージは、血行を良くすると共に、リラックス効果も期待できます。サロンへ行ってマッサージしてもらうのも癒されますが、気が付いた時にすぐ自分でマッサージを行うだけでも十分な効果が得られます。道具なども特に必要ありませんので「疲れたな」と感じたら、ぜひ自分でマッサージを行って自律神経の乱れを整えましょう。

自律神経を整えるためのマッサージ方法

自律神経を整えるためのマッサージ方法をご紹介します。

自律神経を整えるためのマッサージ方法①爪もみマッサージ

手先には全身の神経が集まっています。特に爪の生え際には副交感神経が刺激されるツボがあるため、爪部分をマッサージすれば自律神経を整えるのにとても効果的です。血行も良くなるので、免疫力の向上にも繋がります。爪のマッサージなら仕事や家事の合間に場所を選ばずいつでもできます。

自律神経を整えるためのマッサージ方法②腕マッサージ

腕には手首から指三本分ほど肘に向けたところに、内関という緊張をほぐしてストレスによるイライラを抑えてくれるツボがあります。この内関を指で軽く押します。ポイントは強く押し過ぎないことです。リラックスするためにも押した時に「気持ちが良い」と感じる程度の強さで刺激を与えましょう。

自律神経を整えるためのマッサージ方法③手の甲マッサージ

手の甲の親指と人差し指の付け根が交わる部分には合谷(ごうこく)というツボがあります。脳の血行を良くする働きがあり、自律神経が乱れた時に起こりやすい頭痛を和らげます。また鼻水や咳などを和らげる効果もあります。反対の手の親指と人差し指で挟んで刺激を与えましょう。

自律神経を整えるためのマッサージ方法④足の甲マッサージ

足裏には全身に繋がるツボがあると言われていますが、足の甲部分にも人差し指と中指の間に内庭(ないてい)というツボがあります。内庭を指で刺激すると、胃腸機能を調節し痛みの緩和効果も期待できます。自律神経が乱れると食欲不振や過食によって胃腸へ影響を与えることがあります。そんな時には足の内庭を刺激するマッサージがおすすめです。

自律神経を整えるためのマッサージ方法⑤首マッサージ

首の裏側には血行をよくすることで疲労回復する効果のある天柱(てんちゅう)というツボがあります。天柱を指で押してマッサージしたり、温かいタオルを当てることで、疲れ目や肩こり、肝臓の機能を活発にする効果が期待できます。デスクワークやスマホによって首が重く感じた時にマッサージすると、疲労が緩和されます。

自律神経を整えるためのマッサージ方法⑥頭部マッサージ

頭にもたくさんの神経を刺激するツボがあります。中でも頭のてっぺん部分にある百会(ひゃくえ)というツボは、自律神経に直結していて頭痛、不眠、ストレス等のあらゆる不調に効果があります。両耳から頭のてっぺんで交わる所にあり、親指で押して刺激を与えましょう。

タイトルとURLをコピーしました