肌もコスメもシンプルに!ミニマリストのスキンケア「肌断食」とは?

そもそも「肌断食」とは?

「宇津木式スキンケア」とも言われる「肌断食」は、基本的に肌に何もつけないシンプルなスキンケア方法のことを言います。アメリカで美容医療を学び、現在はアンチエイジング専門の形成外科医である宇津木龍一氏により広められました。肌には何もつけない・与えないのが「肌断食」の基本なのだそうです。

美しい肌を作るには、肌が本来持っている自己再生力を高め、肌の生まれ変わるサイクル(ターンオーバー)を正常化することが大切であると宇津木氏は説いています。

日ごろリッチなスキンケアで甘やかされた肌に、本来の力を思い出させるのが「肌断食」ともいえるかも知れません。

「肌断食」のやり方は?

https://unsplash.com/

肌断食を行う方法としては、化粧水や乳液といった基礎化粧品は全く使わず、どうしても乾燥が気になるときだけワセリンをほんの少し塗布するのが基本です。

もちろんファンデーションなどのメイクアップも一切しないのが「肌断食」なので、クレンジングや洗顔も一切必要ありません。顔を洗うときはぬるま湯(宇津木式では33度以下と定義されています)で、顔に直接手が触れないよう水の動きだけでゆすぐのみ。もちろんシャワーを顔に直接当てるのも厳禁ですよ!更に可能ならばシャンプーやリンスもやめた方が良いとされています。

これまでスキンケアにかけてきた時間も手間も、またコスメにかけてきたお金もセーブできてしまう究極の美容法ですよね。ミニマリスト志向の方や時短を心掛けている方、ラクしてきれいになりたい!なんて方には嬉しい話かもしれません。

はじめてみよう!まずは“ゆる肌断食”から

そうはいってもいきなりメイクやスキンケアをすべてやめるのはちょっと勇気がいるなぁ…という方は、まずは“夜だけスキンケアをやめてみる”“休日だけメイクをやめてみる”など、トライできそうな時間帯・曜日にだけゆる~く肌断食をしてみるのがおすすめです。

お仕事上どうしてもメイクはやめられなかったり、人前に出るにはノーメイクだと気が引ける…ということもありますよね。そんな場合は帰宅してメイクを落とした後、いつもなら化粧水や乳液、美容液…と重ねていくところを、徐々にアイテムを減らしていってみましょう。

たとえば金曜日の夜にメイクを落とした後から肌断食をスタートし、日曜日の夜まで続けられれば、週末丸ごとお肌を休めることができます。ウィークデーにはいつも通りにメイクができるので、習慣として続けやすいですよね。

普段のメイクも徐々に軽く!

https://unsplash.com/

ゆる断食が進み慣れてきたら、次は日中のメイクも少しずつやめていきましょう。日焼け止めにコンシーラーにファンデーションにパウダーに…と重ねていくものを、ひとつずつ減らしていくことで、肌の負担をゆっくりと軽減することができるので、肌断食の効果が得やすくなるようです。

ですが近年は紫外線の影響がとても強く、日中何もつけないで過ごすと紫外線を浴びすぎてしまい、かえって肌がやけどのような状態になってしまうこともあるので、ご自身の肌に合うレベルで肌断食を進めていきましょう。

宇津木式スキンケア「肌断食」を続けていくと、肌が本来持つ再生力の作用によって素肌自体が綺麗になっていくので、ファンデーションなどのメイク用品も徐々に必要なくなっていくそうです。

もともとの素肌が美しければ、メイクでカバーしなくてはいけない理由がないですよね。メイクにかける時間も減って、コスメも減らすことができる肌断食は、スキンケアの断捨離とも言えるのかも知れません。

タイトルとURLをコピーしました