一人旅でリフレッシュ!女ひとり旅におすすめスポット7選

家族や友達と旅行に行くと、周りに気を遣って疲れちゃった…なんて経験はありませんか?旅行に行くなら、その土地のよさを満喫したいものですよね。だったら、普段頑張っている自分のご褒美に、リフレッシュできる国内の一人旅をプレゼントしてみるのはどうでしょう♪1人でも十分楽しめる旅行先をご紹介していますので参考にしてくださいね。

公開日:    最終更新日:

たまには一人旅でリフレッシュしてみよう

https://pixabay.com/ja/

旅行の醍醐味の1つに、非日常的な空間で知らなかったものや文化に触れて、新鮮な刺激を得られるということがあります。いつも仕事や育児、家事に追われて忙しく、一人の時間があまりとれない女性にとっては、必要なことエッセンスかもしれませんね。

『女が一人旅って寂しくない?』と思う方もいるかもしれませんが、女の一人旅だからこそ感じられるものもあるのですよ。心身共にリフレッシュできる女の一人旅に出かけてみませんか?

一人旅のメリット・デメリット

https://www.photo-ac.com/

『女の一人旅でリフレッシュするぞ!』と決めたのに、実際行ってみたら『思ってたのと違った…もう一人旅はしない!』なんてことになってしまっては、本末転倒、リフレッシュどころではありません。

特に初めて一人旅に出かける方は、そうならないためにも、しっかり事前に一人旅のメリット・デメリットを把握しておくことをおすすめします。

ここでは女の一人旅のメリット・デメリットや、そのデメリットの軽減方法などについて解説してゆきます。

女の一人旅のメリットとは?

https://pixabay.com/ja/

時間を思うように使えることが、一人旅の一番のメリットです!

気の向くままに好きなだけ好きな場所に時間をかけられますし、自分のペースですべてを計画できるので、ストレスもありませんし、周りに合わせることもありません。これって家族や友達と行く旅行の場合には、不可能なことですもんね。

『あそこ気になるから覗いてみよう♪』、『ちょっとカフェに寄ってみよう♪』など、思うままに行動できるのは贅沢な楽しみ方ですよね!

女の一人旅のデメリットとは?

https://pixabay.com/ja/

一人旅の一番のデメリットは、美しい景色を見たり、どんなに感動するものに触れても、リアルタイムに誰かと共有することができない点ではないでしょうか。

例えば、ご当地の美味しいものを食べる時にも一人なわけですから、『これ美味しいね!』と共感したりはできないわけです。また、何かトラブルが発生した時にも、自力で解決しないといけないことも、デメリットの1つと言えるかもしれませんね。

女の一人旅のデメリットを減らすには?

https://www.photo-ac.com/

デメリットと思うことが発生した時の心構えが、キーポイントです。

『一人は寂しい』と感じるなら、見方を変えて『帰ったら大事な人(友達や家族、彼)にこの経験を伝えよう!』と考えるようにしてみましょう。トラブルが起きた場合も、この体験は自分を強くする経験だと捉えると、楽しい挑戦に変わります。そんな女の一人旅だからこそ、現地の方と話すきっかけもできて、振り返るとそれが旅の良い思い出になることだってあるのですから♪

女の一人旅の旅行先の決め方のポイントは?

https://pixabay.com/ja/

行きたいところに行くのがベストですが、『失敗しない旅行先』を選ぶというのも、デメリットを軽減するポイントでもあります。

例えば、明らかにデートや、ファミリー向けのスポットだったりすると、せっかくのリフレッシュのための一人旅なのに、日常を思い出す光景を必然的に目にしてしまう羽目に…

おすすめは景色や自然、歴史を見ることをテーマにすること!非日常的な空間を楽しむことを中心にするとよいでしょう。

一人旅におすすめなリフレッシュできる旅行先7選

https://pixabay.com/

早速、女の一人旅におすすめな旅行先をたっぷり7つご紹介してゆきます。いきなり海外へ一人旅!と言うのもハードルが高いものですし、そんなに自由な時間なんて簡単に確保できない!という方が大半でしょうから、今回は気軽に行ける国内の旅行スポットにフォーカスしてみました。

自然派・歴史派・都会派に問わず、さまざまなタイプのリフレッシュできる旅行先がありますので、ご自身に合う旅行先をチェックしてみてくださいね。

女の一人旅!リフレッシュできる旅行先①:長野県・松本、上高地

https://www.photo-ac.com/

自然に触れることは、一番手っ取り早く、リフレッシュにつながる行為です。そこでおすすめなのが、長野県の上高地と松本を散策する旅行。

北アルプスの雄大な自然の中を散策しているだけでも、森林浴もできてリフレッシュできること必至です。

乗鞍の秘湯でゆったり身体を温めるもよし、国宝でもある松本城をじっくり見て回るもよし、風情ある城下町で人の温かみを感じていると、気づいたら自然と心も温かくなってきますよ。

上高地:
https://www.kamikochi.or.jp/

松本城:
https://www.matsumoto-castle.jp/

女の一人旅!リフレッシュできる旅行先②:福井県・東尋坊、あわら温泉

https://www.photo-ac.com/

壮大な自然の素晴らしさを感じたい方には、国の天然記念物にも認定されている東尋坊なんかはいかがでしょうか?ここでは遊覧船に乗船して、海上から奇岩に囲まれた東尋坊の光景を楽しむこともできます。

海風で冷えてしまったかなと思ったら、あわら温泉が近くにあるので安心です♪

日本海に面し、魚がとっても美味しいエリアでもあるので、食事も満足いただけることでしょう。高級魚・のどぐろはマストで食べておきたいですね!

東尋坊:
http://www.mikuni.org/tojinbo/

あわら市観光協会:
http://awara.info/

女の一人旅!リフレッシュできる旅行先③:石川県・金沢

https://pixabay.com/ja/

『庭園のよさなんて、昔はわからなかった』という方でも、日本三名園の1つでもある兼六園には、足を運んでおきたいものです!

大人になって庭園を見てみると、日本らしい趣が楽しめたり、四季を楽しむ工夫に気づけたり、新しい発見があるものです。日本を代表する名勝はでもある兼六園は、圧巻の美しさを兼ね揃えています♪

金沢にはノスタルジックな茶屋町も多いので、のんびりお散歩をしてみるのもおすすめです。居心地もよく、心もほっこりできますよ。

兼六園:
http://www.pref.ishikawa.jp/siro-niwa/kenrokuen/

金沢公式観光サイト:
https://www.kanazawa-kankoukyoukai.or.jp/

女の一人旅!リフレッシュできる旅行先④:岡山県・倉敷

https://pixabay.com/ja/

おしゃれが好きな方、ジーンズの街・倉敷に足を運んでみませんか?フォトジェニックな児島ジーンズストリートで、お気に入りのジーンズをゲットしてみたり、そのまま散策をして倉敷川のほとりのレトロな街並みまで行ってみるのも良いですね!

南下していくと瀬戸大橋の絶景も望めますし、穏やかな凪の瀬戸内海を眺めながらまったりするのも、贅沢な旅行の楽しみ方ではないでしょうか。

倉敷観光WEB:
https://www.kurashiki-tabi.jp/

児島ジーンズストリート:
http://jeans-street.com/

女の一人旅!リフレッシュできる旅行先⑤:兵庫県・神戸

https://pixabay.com/ja/

異国感の漂う港町のおしゃれスポット神戸を思うままに闊歩できるのも、大人の女性だからこそできる楽しみ方!

夜景もきれいで、おしゃれなカフェなども目白押しな街を楽しむのも良いですし、明治時代に栄えた旧居留地でクラシックな建造物の景色を堪能するのも良いですね。

古き良き日本の歴史と、ひと味違ったショッピングスポットの入り混じった神戸の魅力を、思うままに堪能してみましょう♪

神戸観光サイト:
https://www.feel-kobe.jp/

関連記事