牛乳の長期保存は難しい!でも作り置きレシピに活用すれば保存できる

優しい甘さが嬉しく、映えも狙えるミルクジャム

最近、流行はじめている優しい甘さのミルクジャムをご存知ですか?

スーパーやインターネットでの購入だけでなく、各地の牧場でもオリジナルのミルクジャムが売られていて、食の流行に敏感な人たちの間で話題になっているのです。

ミルクジャムは、フランスの農村の家庭で長く作られていた保存食です。

牛乳と砂糖をじっくり煮詰めて作るものが多いのですが、生クリームなど加えコクを出したものもあります。

とろとろとしたやさしい甘さのミルクジャムは、シンプルなので使い方や味のバリエーションもたくさんあります。

出来上がったミルクジャムを、おしゃれな小瓶に詰めればインスタ映えも狙えます。

おしゃれで優しい甘さが病みつきになるミルクジャムのレシピをご紹介しましょう!

ミルクジャムの作り方

保存用の瓶を用意しましょう。

多めにできたときのために、予備の瓶も用意しておくといいですよ。

◆材料

牛乳400~500㏄

お好みで、生クリーム50㏄

きび砂糖(やさしい甘さになります。グラニュー糖・砂糖でも可)

◆作り方

鍋に材料を入れ、中火程度で焦げないように煮詰めていきます。

途中、ふきこぼれそうになったら弱火にします。

中火、弱火を繰り返し、ゆっくり40分程度煮詰めます。

とろみがついてきたら、火を止めます。

少しさまし、固まってしまう前に瓶に入れます。

冷蔵庫で2週間は保存できます。

使いきれないと感じたら、半分は冷凍にしてもいいかもしれません。冷凍の場合は1ヵ月保存できます。

ミルクジャム、トッピングやアレンジも多種多様

作ったミルクジャム、どうやって食べたらいい?と思った方も多いかもしれません。

次はミルクジャム活用法とアレンジについてお話します。

ジャムというくらいなので、パンやトーストとは言わずもがな、相性抜群です。

パンケーキやホットケーキにトッピングしてもとっても美味しくいただけます。

また、バニラやチョコなどのアイスに温めたミルクジャムをかけて召し上がってもとっても美味しいです。

ミルクジャムを入れたマグカップに、濃い目に淹れたコーヒーやエスプレッソを注ぐと、練乳をいれて飲むベトナムコーヒーのようになります。ほのかな甘みで癒され集中力も増すので、作業中のコーヒーブレイクにはもってこいの一品です。

ミルクジャムのアレンジレシピ

◆チャイ風ミルクジャム

https://pixabay.com/

先ほどのミルクジャムのレシピに、シナモン・カルダモン・クローブ(ホールのものを使います。)を加えて作ります。

チャイ風の香り高いミルクジャムになります。

あらかじめ、シナモンは長いものを手で砕き乳鉢で潰しておきます。

カルダモンはさやから出して、クローブと共に乳鉢で砕いておきます。

先ほどのレシピに、最初は砂糖を加えず牛乳を煮ます。その際に砕いておいたスパイスも加えて、一煮立ちさせます。

一煮立ちしたら、鍋の中身を一旦漉して、再び鍋に戻し砂糖を加え中火、弱火を繰り返し煮詰めます。

出来上がった香り高いチャイ風ミルクジャムを、チャイに向くと言われるアッサムティー入れると極上の味わいです。

スパイスを潰したり、一煮立ちした牛乳を漉すのが手間であれば、パウダーのスパイスで代用も可能です。

その際は、香りが少しおだやかに感じるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました