新人がすぐ辞めてしまう・・・退職させずに定着させる方法とは?

入社した新人がすぐ辞めることに悩んでいる企業も多いはず。現在は、どの企業の人手不足で求人もたくさんありますから。新人が退職してしまうのを防ぐにはどうしたら良いのでしょうか。これから4月に入社してくる新人のために方法をご紹介します。

公開日:    最終更新日:

新人の退職理由とは?

https://www.pakutaso.com/20200212057post-26022.html

入社して3年以内の退職率は、大学卒業の人で3割。高校卒、短大卒の退職率はおよそ4割です。

これを少ないとは感じませんよね?

統計をみる限りでも、新人の時にすぐ辞める人が多いということが分かります。人が育たないと嘆く企業も多いのが現状です。

では、そんな新人はいったい会社に何が不満で退職を決意したのでしょうか。

人間関係

https://www.pakutaso.com/20170845242post-13016.html

調べてみたところ、一番多く声上がったのが、「人間関係」です。上司や経営者の仕事の仕方が合わなかったのです。ただ、性格の不一致なのかもしれません。考え方やコミュニケーションの取り方は人それぞれですから。

人間関係は、入社してみないと分からないですよね。面接で人間関係が良好かは聞けません。配属された課による運もあります。

上司との馬が合わなくて、これからずっと一緒に仕事をしていかないといけないと追い込まれると、退職して他の企業で働いた方がいいなと思ってしまうのです。

給与や労働時間

https://pixabay.com/ja/

次に多かったことは、「給与や労働時間や環境に不満」が挙がりました。

給与や労働時間は入社前に分かっていたことなのになぜ不満?と思うかもしれませんが、おそらく最初はこのくらいのお給料がもらえればいいと思っていたけれど、いざ働いてみると、こんなに仕事をしているのにこれしかもらえない!残業が思ったより多かった!という不満が生まれてすぐ辞めるのです。

中には、面接で聞いた話と違う!詐欺だ!なんてことも。

職場の環境が良ければそれも補えるのかもしれませんが、これだけではなく、他の不満も合わさって

退職を考えたのでしょう。

他にも、「仕事内容があまり面白くなかったから」「行きたい部署に配属されなかったから」なども多く声が挙がっていました。

希望通りの配属先になることは少ないかもしれませんが、この仕事をしたい!という考えを持って入社してきた新人にとって、思っていた仕事内容ではなかった場合は、早急に見切りを付けて退職し、希望の仕事ができる企業に転職してしまうようです。

すぐ辞める新人にしないための対策

性格に合った指導をしていく

https://sozai-good.com/illust/person/16879

当たり前のことですが、性格は十人十色です。

例えば、新人がミスをしてしまった時に注意をすることはとても大切なことです。注意しなければ、人は成長しませんから。

ただし、注意の仕方が重要なのです。

今の若い世代はあまり怒られることに慣れていません。昔は、悪いことをしたら教師に怒鳴られることありましたよね。でも、今の時代は体罰に該当することもあり、あまり怒られなくなりました。

なので、精神的に弱いタイプの新人は、注意ではなく怒られたと思うと、「もう会社行きたくない!」「辞めたい!」という気持ちが生まれてすぐ辞めることにつながるのです。

指導をする立場の人は、新人がどんな性格なのか、怒られて悔しいと気持ちが生まれて、伸びるタイプなのか。それとも、やる気がなくなって凹んでしまうタイプなのか性格をしっかりと見極めることが必要です。

気を使えということではありません。注意の仕方を考えることも新人の退職を回避さえるポイントだということです。

新人に合った配属先を決める

https://publicdomainq.net/business-woman-0009503/

これも性格、適正に合った配属先にすることですぐ辞めることを回避できます。

例えば、とてもやる気のある新人が「英語を活かして営業でバリバリ働きたいです」と面接で伝えていた場合。

配属先が業務部になったらどうでしょう。

もしかしたら、企業は業務部の人材が足りなくて、しばらくは業務部でスキルを磨いてもらおうとしたのかもしれません。

ただ、個人の希望の配属ではないし人には向き不向きがありますから、これが原因で退職してしまうことも考えられます。

本人の得意としている部分を活かす配属先や仕事を与えることは、本人のためだけではなく、会社の利益にもつながるでしょう。

また、配属先でしばらく仕事をさせてみて辛そうであれば、その仕事こだわることなく柔軟に対応し、無理をさせないようにすることも企業として求められます。

定期的に面談をする

https://www.irasutoya.com/2013/07/blog-post_6678.html

定期的に面談をして、今の状況や仕事で困っていることはないか、これからの目標設定などをすることで、すぐ辞めることを防ぎ、一人で悩まずに仕事を頑張っていけるようになります。

一人で抱え込んでしまうことがすぐ辞める原因につながることもあります。最初は新入の話を聞く姿勢をもちましょう。

今、自分は会社にとって必要なのか不安になったり、誰に相談していいのか分からない時期もあるはずです。そういう時に面談をしてフォローをしてあげることで、気持ちがラクになれば、これからも仕事を続けてくれることにつながりますよね。

また、失敗やミスをしてしまったことも振り返ることで、今後ミスにつながらないように改善させることもできます。

入社してから定期的に面談を行っている企業の方が新人の退職率が減少しています。

「会社の利益のために働く」という感覚よりも、「自分のスキルアップのために」「やりがいのために」という意識を持ってもらうようにしましょう。

ストレスチェック、相談窓口の設置

https://peoples-free.com/08-cliparts/00715-silhouette.html

外部の専門家に対面で面談したいというニーズがある場合に、対応できる相談窓口の設置も有効です。

外部ではなくても、社内の人間の相談窓口でも問題ありません。

直属の上司との悩みなどを気軽に相談できる制度をつくることで、孤立してしまうという状況を未然に防ぐこともできます。

また、ストレスチェックも同様に専門部門を作って定期的に個人でチェックしてもらうことで、ストレスの程度を把握し、ストレスへの気付きを促す効果があります。

職場改善を進め、新人のメンタルヘルス不調を未然防止することができるので、新人がすぐ辞めることのない環境作りができますね。

放置しない

https://www.pakutaso.com/20150655153post-5588.html

実は、意外とこの放置は多いんです。

4月は特に期初に当たる会社が多く、日常の仕事に追われて新人を放置してしまうことも。

もちろんしっかりとOJTを設けている企業もありますが、中小企業では入社する新人も少ないので、なかなかOJTをすることができません。

とりあえず、マニュアル読んでおいて!や現場に入ってもらって身体で覚えてもらおう!といった考え方は、新人からしたら放置されているのと一緒です。

身体で覚えてもらうことは、技術職では悪いことではありませんが、他の職業では「ほったらかしにされている」と感じてすぐに辞める原因に。

自分に存在意義がないと思ってしまうのです。

新人が入った時にはできるだけ一緒について業務を教えてあげることが大切でしょう。

コミュニケーションだからと飲み会を多く設定しない

https://www.pakutaso.com/20170709188post-12426.html

コミュニケーションをはかる場を設けることも良いでしょう。しかし、今の時代、あまり会社の飲み会には参加したくないという新人もいます。飲み会が多い企業だと、これが苦痛で退職してしまう新人もいるくらい。

もちろん、歓迎会は必要だと思います。第一印象は怖かったけど、飲み会で話したら、意外と優しかったなんてこともあります。

定期的に飲み会がある会社だとしても、自由参加にすれば行かなくても問題ありませんね。

飲み会が嫌だからという仕事以外の理由ですぐ辞める新人をつくらないことにもつながります。

仕事を退職したいと相談されたら

https://free-materials.com/%E9%80%80%E8%81%B7%E9%A1%9802/

仕事を辞めたいと相談されたら、まず事情を聞いてあげましょう。話を聞いてあげることです。なぜ辞めたいのか、辞めたいくらいの不満があるのかを聞いてみましょう。

ここでポイントは、決して引き止めることを前提にしないこと。

もしかしたら、すでに転職先が決まっていて今月退職、翌月から転職先で働くことになっているかもしれません。

辞めたいけど迷っている状態であれば、事情を聞いて解決できることであれば、何かアクションを起こしてあげましょう。

もう気持ちが固まっている状態なら、「力になれなくて申し訳ない」程度に納めましょう。

新人がすぐ辞めずに定着させるには

https://www.irasutoya.com/2015/09/blog-post_82.html?m=1

新人がすぐに辞める企業には、なにか原因があるはずです。社会人といってもまだ学生から働き出してそんなに時間が経っていません。いっぱいいっぱいのことも多いはずです。

周りが目を配りながら、今の会社がこれらに当てはまっていないか、ぜひ確認してみてくださいね。

 

関連記事