初心者でも上級者でも使える!ヨガのおすすめアプリ特集

ヨガをしている人にとって、ポーズの確認やヨガについての情報収集はとても大切なこと。インターネット上や本などで調べることもできますが、毎回だと面倒に感じてしまいますよね。そんな時におすすめしたいのが、ヨガについてのアプリです。最近はスマホが大きく普及していることもあり、ヨガについてのアプリの数も増えてきています。今回はその中でも特にオススメなアプリをご紹介しますので、チェックしてみてくださいね。

公開日:    最終更新日:

ヨギーにはヨガのアプリがおすすめ!

https://pixabay.com/ja/

スマホで手軽にヨガのことを調べたり、レッスンに利用したいという方は多いと思います。特にアプリであれば、情報も整理してまとめられていますし、起動までが早いので毎日続けやすいです。

ヨギーなら、ぜひヨガのアプリを生活に取り入れてみるのはいかがでしょうか。

自宅ですぐに復習したり、自分のオリジナルメニューを作ってみたりと、ヨガライフがより充実したものになること間違いなしです!

また、これからヨガを始めてみたいという方も、始め方すら分からない、最初のハードルが高いという方もいると思います。

そんな時にもアプリは、最初のとっかかりとしておすすめなのです!

ヨガのアプリって?どんな情報が得られる?

ヨガのアプリは、大きく分けて以下の2種類の機能で情報を得ることができます。

それぞれの機能に特化したアプリもありますし、両方を合わせたアプリもあります。

知りたいポーズの名前や効能を検索できる機能

https://pixabay.com/ja/

1つ目は、知りたいポーズの名前や効能を検索できる機能です。

まずはどんなポーズがあるのか知りたいという方、ヨガ経験があり基本を理解しているという方、レッスン後に分からなかったところを復習したいという方などにおすすめです。

一つ一つのポーズについて、効果や効能、動き方、呼吸法などの知識を深めることが可能です。

レッスン動画を視聴できる機能

2つ目は、レッスン動画を視聴できる機能です。

まったくヨガ経験のない方にとっては、ヨガがどんな動きをするのかイメージしづらいものです。ヨガ教室に通っていても、習ったことのないポーズを新たに知りたいという場合もありますよね。

そんな時に、ポーズの動きを動画で確認できるアプリがおすすめです。

動画を見て真似をすることで、実際にレッスンを受けているかのような雰囲気も体験できます。

ヨガのアプリを使うメリット・デメリット

続いてヨガのアプリのメリットとデメリットを紹介します。

アプリは万能ではないので、どんな問題点があるのかもしっかりチェックしておきましょう。

メリット①好きな時に好きな場所でできる

スマホアプリの良さは、なんといってもこれですね!

ヨガの教室に通うとなると、仕事や子育てなどの都合により難しい場合もありますし、習い事が苦手という方も。

アプリであれば、仕事が遅く終わっても、「寝る前に少しだけ」や、子供が寝ている時間に「朝早く起きてゆっくり目覚ましに」など自由気ままに取り組むことができます。

メリット②周りに気を遣わずマイペースでできる

https://pixabay.com/ja/

ヨガ教室では、他の生徒さんもいるので周りが気になってしまうという方もいますよね。からだが硬かったりして、上手くポーズが取れなかったりすると恥ずかしかったり。

アプリであれば、一人でゆっくりできるので、自分のペースでヨガを実践できます。

また、途中で分からないところがあっても、繰り返し何度も見返すことができるのも良いですね。

デメリット①間違ったポーズを取っていても分かりづらい

https://pixabay.com/ja/

アプリでは詳しい解説を見ながら、見よう見まねでポーズを練習することはできます。

しかし、やはり注意してくれる人がいないので、間違ったままでもそれを修正することができないのが危険なところです。

間違ったまま無理なポーズで進めてしまうと、逆にどこかを痛めてしまう場合もあるので十分注意が必要になります。

できれば事前に、基本の姿勢や呼吸の方法を勉強しておくのがおススメです。

デメリット②アプリの無料範囲内だと内容が限られるので課金が必要

アプリはダウンロード自体は無料のものがほとんどなのですが、無料の範囲内では初心者向けや基本程度のものが多いです。最初はそれで十分かもしれませんが、上達していくにつれて物足りなくなってしまうので、課金が必要になってきます。

参考になる!ヨガのおすすめアプリ特集

初心者にも上級者にも使えるおすすめのヨガアプリを5つ選びました!

完全無料のものや、最初だけ無料で後に有料となるものもあります。

内容やデザイン、インストラクターの違いにより、それぞれ個性があるので、以下で詳しく見ていきましょう。

関連記事