【脚痩せダイエット】太ももを引き締める筋トレやマッサージ方法!

太ももが太くなる原因って?

隙間があり、すらりと伸びた脚は女性の憧れ。スキニーのような細身のパンツを履きこなしている女性はかっこよくて素敵ですよね。太ももが太くなってしまう主な原因は、姿勢や骨盤のゆがみ、むくみ、運動不足などです。理想の美脚ラインを手に入れようとダイエットに励む前に、太くなってしまう原因を知っておくことが大切です。

実は、太ももというのはとても大きな筋肉の集まり。そのため、食事制限などのダイエットだけではなかなか細くならないのです。無理なダイエットをしてしまうと、体が冷えてしまって逆に太くなってしまうことがあるので注意が必要です。

大きな筋肉が集まっているということは、姿勢の影響をとても受けやすいとも言えます。いつも片方に重心をかけてしまう、猫背になりがちという人は骨盤のゆがみがち。筋肉が硬くなってしまって、太ももの前側や外側など周辺がパンパンに張ってくるのです。立ち姿や骨盤のゆがみは、一時的な筋肉痛とは違って習慣化された癖のようなもの。太ももを細くしたいと思ってダイエットを頑張っても、一筋縄ではいかないのです。

また、足は朝起きてからベッドに入るまでずっと体の下にあり、動いてくれているのでとても疲れやすい部分。立ち仕事の人や座り仕事の人関係なく、重力の関係で水分がたまりやすい部分です。放置していると、太ももの付け根にある大きなリンパ節(鼠径部)の動きが鈍くなって、むくみの原因になります。むくんだ足は太ももだけではなく、ふくらはぎも含めて足全体を太く見せてしまう要因に。

一方で、運動不足だと使われない筋肉はゆるんできて締まりのない足に。太ももの筋肉がゆるんでしまうと、ヒップとの境目もぼやけてしまって、残念なことに足が短く見えてしまいます。また、加齢によって筋肉量はだんだんと減ってくるので、ダイエットよりも健康のために下半身の筋トレを積極的にやって損はないのです。

 太ももダイエットにおすすめの筋トレ

大きな筋肉の集まりである太ももを細くするには、食事制限などのハードなダイエットよりも筋トレやマッサージで部分的に引き締めていく方が効果的です。初めての人や体力に自信のない人でもチャレンジしやすい筋トレ法を4つ紹介します。

スクワット

太ももダイエットの筋トレとして人気なのは、スクワット。効果的に引き締めていくことができると多くの女性の支持を集めていますよ。ここで紹介しているのは、大きく足を開くワイドスクワットと呼ばれる筋トレ方法。まるでお相撲さんのように大きく足を開くことで、ぶよぶよになりがちな内ももをしっかりと鍛えることができます。

◆やり方◆

  1. 自分の肩幅よりも、さらに2歩ほど大きく足を開きます。つま先は10時と2時の方向、角度でいうと45度ほど外側に向け両手を胸の前で組みます。
  2. やや腰を反らせる感じで胸を張り、そのまま息を吐きながらゆっくりと体をおろしていきましょう。この時、膝が内側に入らないように気をつけます。
  3. 太ももと平行になる位置まで下ろしたら体を戻します。
  4. この動作を何度か繰り返して行いましょう。

通常のスクワットよりも足を大きくひらく分、バランスを崩しやすいところが注意点。ケガ防止の為にも、マットを活用するなど滑らないような場所でゆっくりと行うようにしましょう。

椅子に座って行う筋トレ

テレビを見ながら、日常生活の隙空いた時間に簡単に行えると人気の太ももダイエット。負荷もなく、大きな動きがない筋トレなので体力が不安な人でも安心ですよ。

◆やり方◆

  1. 椅子に座り、両足をぴったりとくっつけます。この時、姿勢を正しくして座ることがポイントです。
  2. 自分のこぶしでもテニスボールを内ももの間に挟みます。息を吐きながら潰すような感覚で力を入れていきましょう。20秒ほどしっかりと力をいれたままキープ。
  3. ボールを太ももの裏に置き、足首を床が垂直になっているか確認して座ります。
  4. ゆっくりとひざをあげ、また降ろすという動作を繰り返します。膝を伸ばす時もかかとは90度をキープしたままで10回ほど行いましょう。

太ももの裏側は加齢によって衰えやすい部分なので、硬くなってしまうと骨格が歪む原因になります。こぶしやボールの位置を少しずつ位置変えながら、内もも全体を鍛えながらほぐすという動作を繰り返すのがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました