子供の為に考え直してみない?家庭内別居が子供の成長に与える深刻な問題とは

会話をしない、寝食を共にしないなど、距離を取りたい夫婦のライフルスタイルの一つとも言える「家庭内別居」。子供がいる家庭では、子供を理由に離婚に踏み切らず、なんとなくそうなっているという人もあるかもしれません。でも子供がいるからこそ、今後の影響などが気になりませんか。家庭内別居の子供への影響を考えてみましょう。

公開日:    最終更新日:

家庭内別居の原因や、家庭内別居の実態とは

家庭内別居とは、夫婦関係は破綻しているにもかかわらず同じ家に住み、一方で寝起きや食事や会話などの諸々の共同作業全体を共有しない状態のことです。縁あって結婚し、その多くは子供をもうけながらも家庭内別居になる原因やきっかけは何でしょうか。

家庭内別居の原因

https://pixabay.com/

家庭内別居とは、なぜ起こるのでしょうか?

調査したところ特に多いのは

・喧嘩や冷戦状態

・無関心、関係のマンネリ化

・性格の不一致

・スキンシップや性交渉不足

などから、「何となく」家庭内別居にいたるパターンのようです。より深刻な原因としては、パートナーの不倫やうつ病、モラハラやDVなども挙げられます。これらの場合、家庭内別居では済まなくなることも珍しくはありません。特にDVとなると命に関わる場合もあるため、相談した周囲の人から脱出を勧められることも多いことでしょう。

家庭内別居の実態

https://pixabay.com/

実際に家庭内別居している人の情報を総合すると、このような状況のようです。当てはまるものはあるでしょうか?

・配偶者への気持ちが冷めている

完全に気持ちが冷めているので、何をしていようがお互いに無関心です。愛情は全くないので、もちろんスキンシップもありません。

・会話はない

「いついつに学校行事があります」などの事務連絡のみで、会話とは言えない状態の人が多いようです。会話でどうにか改善しようという段階はとうにすぎているといったところでしょう。

・同じ空間にいない

会話どころか、お風呂や食事時なども時間をずらして、顔を合わせないようにします。一緒に何かをするなんてとんでもない。とにかく別々の生活サイクルで行動し、顔を見ないで済むようにしている人が多いようです。

家庭内別居が子供の成長にもたらす深刻な問題とは

https://pixabay.com/

家庭内別居の原因や実態を見てきましたが、家庭に子供がいる場合、悪影響はないのでしょうか。調べてみると、やはり成長過程の子供達にとって「親がそれで良ければよし」などととは言い難いようです。

・両親の顔色を伺うようになる

会話の仲立ちをさせられたり(「〜ってパパに言ってきて!」など)、常に緊張状態を強いられ、両親の顔色を常に伺うようになります。子供は心のどこかでやはり両親が仲良いことを願うもの。これ以上二人が揉めないようにと大人の顔色を伺い、のびのびと生活できません。

・不安が強くなる

両親に笑顔や会話がないため、子供は不安やストレスを抱えるようになります。後述しますが、そのストレスが様々な心身の不調につながる大元となるようです。

関連記事