【パーソナルカラー簡単自己診断】自分のタイプを知って服やメイクを楽しもう♪

オシャレな女性注目のパーソナルカラー。SNSを開くとイエベやブルべなどの言葉が出てくることもあります。パーソナルカラーはプロに見てもらうことで自分に似合うカラーがわかりますが、自己診断でも簡単に知ることが出来るんです。よりオシャレを楽しむためにパーソナルカラーの自己診断を行ってみましょう!この記事では10分でわかるパーソナルカラー自己診断を紹介します。

公開日:    最終更新日:

パーソナルカラーとは何?自己診断は簡単に出来る

https://pixabay.com/ja/

パーソナルカラーはその人の外見に合う色のことを言います。

血色が良く見えたり、目が生き生きと見えたりする色のことを似合う色と定義し、色を識別するシステムことがパーソナルカラーです。

肌の色はイエローベース、ブルーベースの2種類に分けることが出来ますし、パーソナルカラーを理解するとオシャレにも活かすことが可能なんです。

イエローベースとは

https://pixabay.com/ja/

イエローベースとは黄みがかったような肌の色のこと。温かみがあり、健康的なイメージでシルバーよりゴールドが合う肌であることが特徴です。

イエローベースはイエベとよばれ、日本人に多い肌色です。

日焼けしやすかったり、茶グマになるなどの肌トラブルもある肌。

イエローベースは春(スプリング)タイプと秋(オータム)タイプに分類することが出来ます。

ブルーベースとは

https://pixabay.com/ja/

ブルーベースとは青みがかったような肌の色のこと。クールさがある柔らかい肌色でシルバーが似合う肌であることが特徴です。

ブルーベースはブルべとよばれ、イエローベースと比べるとシャープなイメージがあります。

日焼けすると赤くなって吸収せず、黒くならない特徴の肌。

ブルーベースは夏(サマー)タイプと冬(ウィンター)タイプに分類することが出来ます。

パーソナルカラーを診断すると4つのタイプに分けられる

https://pixabay.com/ja/

先ほど紹介したイエローベースとブルーベースはそれぞれ2つ、計4つのタイプに分類することが出来ます。

同じイエローベースやブルーベースでも似合う色が分類によって異なるので、4つのタイプを知り、自分に合う色を学びましょう。

スプリング(イエベ春)

https://pixabay.com/ja/

イエローベースの中でも肌のトーンが明るい印象があるスプリングタイプ。瞳の色素が薄かったり、地毛が明るく肌ツヤが良い特徴がある、女性らしいパーソナルカラーです。

スプリングタイプの芸能人では本田翼さんや桐谷美玲さん、佐々木希さんが挙げられます。

ライトグリーンやサーモンオレンジ、イエローやソフトピンクなど柔らかいカラーが似合い、反対にダークで重たいカラーは肌がくすんで見えてしまうので注意が必要です。

ベージュカラーも似合うので職場やフォーマルな場所にも困りません。

アクセサリーを選ぶならゴールドカラーがおすすめです。

サマー(ブルベ夏)

https://pixabay.com/ja/

ブルーベースの中でも柔らかいイメージがあるサマータイプ。肌がピンクがかっており、色白ですが血色がよいパーソナルカラーです。

サマータイプの芸能人では広末涼子さんや綾瀬はるかさん、小雪さんが挙げられます。

ピンクやブルーおよびグリーンなどの優しいカラーが似合いますが、ブラウンやグレーなどは似合わないカラーとして言われているため注意。

印象が柔らかくふわふわとした雰囲気のサマータイプはモテる人が多いパーソナルカラーだと言われています。

爽やかな雰囲気を出せるファッションやアクセサリーを身につけましょう。

オータム(イエベ秋)

https://pixabay.com/ja/

イエローベースの肌はトーンが暗めでマットな印象を感じるオータムタイプ。健康的な肌色で地毛の色は黒やダークトーンに近いカラーが特徴です。

オータムタイプの芸能人では長谷川潤さん、北川景子さんや米倉涼子さんが挙げられます。

カーキやブラウン、マスタードカラーなどこっくりとしたカラーがピッタリのパーソナルカラーで、正反対カラーのビビッドカラーは顔が浮いてしまうため注意が必要です。

落ち着いた印象を受けるオータムカラーは温かみのあるカラーをチョイスすれば血色が良く見えます。

ウィンター(ブルべ冬)

https://pixabay.com/ja/

ブルーベースのウィンタータイプは色白の肌で血色がなく、肌に赤みがみられないことが特徴です。瞳が黒く髪色がダーク系で漆黒な雰囲気があります。

ウィンタータイプの芸能人では柴咲コウさん、深津絵里さんや剛力彩芽さんが挙げられます。

ピンクやパープルなど涼しげで青みがかったカラーやブルーやグレーなどのクールなカラーも似合います。

チークをする際、オレンジよりもピンクを選べば足りない血色を補うことが出来ます。

簡単!パーソナルカラーの自己診断にチャレンジ!

https://pixabay.com/ja/

続いては自宅で簡単に出来るパーソナルカラーの自己診断について紹介していきます。

10分あれば出来るので、自己診断していきましょう!

自己診断STEP1

https://pixabay.com/ja/

AとB、2択の質問をしていくので多い方を数えましょう。

Q1

A緊張すると赤面しやすい

B緊張しても赤面しにくい

Q2

A頬や耳たぶに赤みがある

B頬や耳たぶに赤みがない

Q3

A瞳の色が明るい

B瞳の色が黒い

Q4

A髪の毛の量が少ない

B髪の毛の量が多い

Q5

A髪が細くて柔らかい

B髪が太くてしっかり

Aが多い方はSTEP2へ、Bが多い方はSTEP3へ進みましょう。

自己診断STEP2

https://pixabay.com/ja/

CとD、2択の質問をしていくので多い方を数えましょう。

Q1

C肌色は黄色っぽい

D肌色はピンクっぽい

Q2

C日焼けしやすい

D日焼けしにくい

Q3

C瞳が黒く目力がある印象

D瞳が茶色で優しい印象

Q4

C鮮やかな色の口紅が似合う

D鮮やかな色の口紅だと浮いて見える

Q5

C明るく若々しい印象

D大人っぽく優しい印象

 

Cが多い方は自己診断スプリングタイプです。

Dが多い方は自己診断サマータイプです。

 

自己診断STEP3

https://pixabay.com/ja/

EとF、2択の質問をしていくので多い方を数えましょう。

Q1

E肌色は黄色っぽい

F肌色はピンクっぽい

Q2

E眼が茶色で優しい印象

F瞳が黒く目力がある印象

Q3

Eゴールドが似合う

Fシルバーが似合う

Q4

E鮮やかな口紅だと浮いて見える

F鮮やかな口紅が似合う

Q5

E存在感があり落ち着いた印象

Fかっこよくて個性的な印象

 

Eが多い方は自己診断オータムタイプです。

Fが多い方は自己診断ウィンタータイプです。

関連記事