結婚したい年上彼女は必見!年下彼氏が年上彼女との結婚を決意するタイミング

「付き合いもそこそこ長く、お互いに次の段階に進むべきでは?」となれば、やはり次に気が向かうのは結婚ですよね。彼氏が自分よりも年下である場合、なにかと年上の自分がリードしなくてはと思いがちです。しかし、年下彼氏には年下彼氏の考えがあり、タイミングを見計らっているもの。幸せな結婚に向けて一人歩きしてしまわないように、年下彼氏の心理に迫っていきましょう。

公開日:    最終更新日:

年下彼氏に結婚の話をするのは気が引ける?

https://pixabay.com/ja/

年上彼女が、なかなか年下男性に結婚の話を切り出せない理由は、主に2つ挙げられます。

1つは、相手が年下だからこそ、男らしく人生の一大決心をして欲しいという願望。これまでリードすることが多かったり、年下彼氏を甘えさせてきた女性は、こういった願望が育ちやすくもあります。普段が頼りないからこそ、決める時は決めて欲しい…そんな心理から自分から言い出すことが出来ません。

2つに、これは年上である以上付きまとう“引け目”。自分が年上であるというだけで、将来を見た時の心配事は尽きませんよね。それこそ、いつ年下彼氏の気持ちが若い子に向いてしまうのでは…という不安もつきまといます。常識を重んじる女性に多く見られる心理で、結婚という将来の話を持ち出すことによって、彼氏の人生まで台無しにしてしまう気持ちにさえなります。

【体験談】年上彼女と結婚した男性の本音

https://pixabay.com/ja/

それでは、年上彼女と年下彼氏が結婚すると、どうなってしまうのか…気になりますよね。恋人から夫婦へと変わったあと、不安や心配がどんどん大きくなったり、思いのほか心配事は少なかったり…人それぞれでしょう。

結婚は一人でするものではありませんから、年下彼氏の本音も大切。結婚を意識している女性は、実際に年上彼女と結婚した、年下彼氏の本音をのぞいて参考にしてみましょう。

1:干渉されないから窮屈じゃない

https://pixabay.com/ja/

「結婚してからも、付き合ってたころと何一つ変わらない。生活の場が一つになって、気持ち的に窮屈になるかと思ったけど、そうでもない」(会社員・29歳)

「もともと干渉と詮索をしない女性ではあったけど、結婚したあともそれは維持。干渉し過ぎないけど、大事なところでは相談相手になってくれる、結婚してよかった」(飲食業・32歳)

結婚することで、生活の場は一つになります。帰る場所も寛ぐ場所も全てが同じ。だからこそ、窮屈な思いをすることも心配するのでしょう。年上女性と結婚する年下男性は、家に帰って窮屈な思いをすることは、少ないようですよ。

2:早く家に帰る癖がついた

https://pixabay.com/ja/

「一人暮らしが寂しいっていうのもあったけど、結婚したら早く家に帰る癖がついた。自分が唯一甘えられる人が、家で待ってるのは素直に嬉しい」(会社員・31歳)

「お互いに働いている身だから、仕事が終わったら寄り道しないで帰るようにしている。口うるさく言われないことで、余計に早く帰る気にさせるのかも?」(美容師・26歳)

結婚してから、遊び歩かずまっすぐ帰るという男性は、きっとしっかりものの年上女房の影響かも知れませんね。家を快適にしてくれている、お互いが過ごしやすい関係を保っている…などのことが出来ていれば、男性も「家に帰ろう」と素直に思えるようです。

3:ちょっとした威圧感はある

https://pixabay.com/ja/

「付き合っていることは、しっかりしていて、お姉さんみたいだたと思ってたけど…結婚してみたら、そのうち口うるさいお母さん状態になってしまった…」(会社員・28歳)

「年の差は気にしていなかったのに、目に見えて老けを感じたらしい妻が、日に日に強くなっていく。昔はなかった威圧感まで出るようになって、ちょっと怖いと思う時もある」(技工士・32歳)

女性が若さを保つことは難しく、美しさを損なわない努力をしてみても、どうしてもある瞬間で老けを感じてしまうもの。結婚している中でも当然その瞬間はあるわけで、その現実に苦しむ妻が、イライラしてしまうと威圧感も増します。夫婦なのですから、そんな妻を見ると、年下夫は悲しくなってしまうようですね。

4:不満はあってもいつの間にか解消されてる

https://pixabay.com/ja/

「外でいやなことがあって、誰とも会いたくないほどいらいらして帰ったけど、妻と一言二言会話をして、一人でゆっくり風呂に入ったら気持ちが言落ち着いてた。妻が自分の落ち着くツボを心得ているのだと思う」(会社員・29歳)

「ケンカをして、お互いに意地になることもある。どっちが先に謝るかよりも、お互いに納得できる物言いとテンションに切り替えることを優先する妻のおかげで、自分も随分素直になるようになった」(接客業・30歳)

感情的になるとどうしても素直になれないもの。結婚生活で意地を張れば張るほど、夫婦仲は悪化していく可能性もあります。そこですかさず妥協案を出せたり、宥める方向にもっていけるのは、経験値も高い姉さん女房と結婚して良かったと言えるポイントかもしれませんね。

年下彼氏が年上彼女との結婚を決意するタイミングとは

https://pixabay.com/ja/

年上彼女が結婚の時期を気にするように、年下彼氏にも結婚と向き合い決心を決められるタイミングというものがあります。多方面から見ても、男性は結婚に対してのんびり構えがちなことが多く、それこそきっかけがないと踏み切れない人もいます。

実際に、年下彼氏が年上彼女との結婚を決意するタイミングには、どのようなものがあるのか、みていきましょう。

1:彼女との子どもが欲しいと思った時

https://pixabay.com/ja/

年上彼女がある程度の年齢になると、彼氏として他人事ではないのが子どものこと。いずれは子どもが欲しいと思えば、彼女の年齢と身体を気遣う必要があります。なかなか結婚に踏み切れない年下彼氏でも、いい加減子どものことを含めて決断しなければという時期は必ずやってきます。

子どものことを考えて、結婚を意識してくれる彼氏は、将来に対して現実的もあり堅実的とも言えます。自分自身も、妊娠•出産時期を心配している女性は、年下彼氏が結婚を決意してくれたタイミングに、しっかりお互いの意思を確認しましょう。

2:区切りのいいイベントや記念日

https://pixabay.com/ja/

付き合いが長くなる程、イベントや記念日が節目に感じられることもあるでしょう。「付き合って〇回目の記念日なんだな」と、自分で区切を感じる数字だと思った時に、結婚を決意する男性は多いものなのです。

女性の方もまた、「付き合って〇回目の誕生日だから、今年はプロポーズがあるかも?」と期待をしてしまいますよね。長く付き合うと、イベントや記念日を疎かにしてしまいがちですが、一つ一つを大切に過ごしていくように心掛けましょう。

3:仲のいい友人が結婚を決意した時

https://pixabay.com/ja/

気心知れた仲のいい友人が結婚を決めると、必然的に自分の中に『結婚』の二文字が浮かぶ男性も多くいるでしょう。年上彼女とこの先も一緒にいるのだろう、という漠然な思いを抱いた年下男性は、こういったきっかけで自分の背中を押したりもします。

男友達が結婚したとなれば、当然男目線で男の意思を感じることが出来るでしょう。そうすると、年下男性自身が、年上彼女との結婚と現実的に向き合えるのです。結婚式に参加して、自分と年上彼女との結婚式をイメージすることで、決意が固まったという男性もいるかもしれませんね。

4:彼女から結婚の意思表示をされた時

https://pixabay.com/ja/

結婚について、まだそれほどリアリティを感じていないとしても、彼女から直接「結婚したい」と言われたら、意識せざるを得ません。年上彼女が、男性からのプロポーズを待たずに、結婚の意思表示をしてくるのは、自分の将来を大事に思ってのことです。中途半端なことをして、時間を無駄にしたくないのでしょう。

大人になればなるほど、若いころのように感情重視というわけにはいきません。年上彼女の、結婚や将来への意識を正面から聞いた時に、自分が同じ人生を歩んでいく『結婚』という決意をする年下彼氏もいるでしょう。

年上彼女だからこそ持つ魅力で幸せな結婚も掴むことはできる!

https://pixabay.com/ja/

「年上彼女だから年下彼氏に申し訳ない」という心理を抱いてしまうのは、自分が一番輝いた若い時期を過ぎてしまったことを知っているからなのです。年齢を重ねていく現実に憂いの気持ちを持つので、年下彼氏に憧れと嫉妬、そして引け目を同時に抱いてしまうのでしょう。

しかし、年下彼氏は年下でも、子どもなわけではありません。きちんと自分の意思と信念を持って年上彼女とお付き合いしていることも、忘れてはいけません。自分が好きになった人であれば、年齢は関係なしに信頼を寄せ合うことが理想ですよね。そして、その信頼関係は将来に向かう時に、欠かせないものとなります。

年上彼女は、年下彼氏に比べて結婚に対して焦りもあるでしょう。焦りの中には、どうしても「若くないから」が入ります。ですが、そのことで年下彼氏の気持ちを置き去りにしてはいけません。年下彼氏の気持ちも含めてタイミングを待てば、きっとあなたの魅力で幸せな結婚に向かえるはずです!

 

関連記事