スポンサーリンク

いかり肩でもOK!コンプレックスが気にならないファションコーディネート
スポンサーリンク

いかり肩でも可愛いファッションはできる!

着たいと思って選んだ「可愛い服」が似合わない…。いかり肩の女性に多いお悩みですよね。コーディネートを決めていく上で、全身のバランスの取り方が重要なポイントです。いかり肩を上手くカバーしながら、女性らしいシルエットを意識すれば可愛いコーディネートもできるはず。また、いかり肩だからこそ似合うファッションもあるのです。上手くコーディネートに取り入れて魅力的な女性を目指しましょう。

スポンサーリンク

いかり肩さんにNGなファッションとは?

いかり肩の女性にとって、NGなファッションを理解しておくことはとても重要です。では、NGファッションを3つご紹介します。

パワーショルダー・パフスリーブ

https://pixabay.com/ja/

肩先にボリュームのあるパワーショルダーやパフスリーブのようなデザインは肩を強調させてしまいます。ボリュームのあるデザインアイテムを選ぶのであれば、袖口にボリュームを出すタイプやフレアのものを取り入れて、視線をずらすといかり肩を強調させずバランス良く着こなせます。

フレンチスリーブ

https://pixabay.com/ja/

フレンチスリーブは袖が短く、ちょうど肩先の境目にフレアやギャザーを施したデザインが多く、肩幅を強調させてしまうので避けた方が良いでしょう。フレアやギャザーのデザインを選ぶ時のポイントは、肩先より長い袖のものが理想的。いかり肩をすっぽり隠せるシルエットを選びましょう。

タートルネック

https://unsplash.com/photos/nahUo1GhcrA

タイトなタートルネックは、上半身の体格がしっかりと出てしまうため、いかり肩を更に強調させてしまいます。タイトな服を着たい時は、スカーフやアクセサリーで視線をそらせるアイテムを使ったコーディネートがおすすめです。また、トップスをコンパクトにまとめるなら、ボトムスにボリュームを持たせることで、いかり肩を強調させることなくバランスのいい着こなしになります。

スポンサーリンク

いかり肩におすすめなファッションコーディネート

いかり肩でも可愛くおしゃれな服はたくさんあります。では、いかり肩の女性に似合うコーディネートをご紹介します。

大人カジュアルでスタイルアップ①シャツ×タイトスカート

 

この投稿をInstagramで見る

 

nakkoo(@nakkoo555)がシェアした投稿

おしゃれの基本アイテムのシャツを使ったファッション。胸元がVになるように開けることで、いかり肩を主張せずスッキリと見せることが出来るおすすめのスタイルです。さらっとした着こなしで「こなれ感も演出」。ゆったりとしたシャツに合わせた白のタイトスカートで、女性らしさもプラスされます。小物をブラウンでまとめることで大人っぽい雰囲気にさせてくれる。大人女性におすすめのファッションです。

スッキリ見せが叶う②Vネック×Aラインスカート

 

この投稿をInstagramで見る

 

se-ko(@m.s.m189)がシェアした投稿

コンパクトなトップスには、Aラインのスカートで下半身にボリュームを。スカートに視点をおき、更にVネックのリブニットでスッキリ感をプラスして、いかり肩を強調させないのがポイントです。上下の素材を変えればメリハリが生まれるので、脚長効果も期待されます。小物使いで「きれいめ」から「カジュアル」まで、幅広くファッションが楽しめるのも魅力的。凛として見える「ベージュのトップス」に合わせた「黒のスカート」が立体的に見せつつ上品さも叶えた、大人女性にぴったりなファッションです。

前をあけて着るのがポイント③シャツ×ワイドデニム

 

この投稿をInstagramで見る

 

uniqlo_with(@uniqlo_with)がシェアした投稿

シンプルなシャツと合わせたワイドデニムは、即スタイルがキマるコーディネートです。胸元を開けてシャツを着ることでVラインを作り、更に肩にかけたカーディガンで「立体的なシルエット」がいかり肩の主張を抑えます。シンプルなコーディネートだからこそ、こだわった小物使いでおしゃれ度もアップ。程よく着崩した「ラフ感」が今っぽいファッションに仕上がります。

クールカジュアルで鎖骨美人④シャツワンピース×ワイドパンツ

肩を落とした「ゆったりフォルム」と、胸元を少し開けてVラインを意識させたスタイルは、鎖骨をキレイにみせてくれます。ナチュラル感のあるワンピースの素材をいかし、白のワイドパンツを合わせると「今っぽいスタイルに」。ウエストをベルトでキープすることで、脚長効果も期待されます。小物を黒で大人っぽく引きしめ、大人カジュアルがクールにキマったコーディネートです。ワンピースで着ても、前を開けて羽織って着てもサマになる。1枚持っておくとファッションの幅も広がります。

ゆったり感がポイント⑤ゆったりコクーンカーディガン

 

この投稿をInstagramで見る

 

rema(@re_ma01)がシェアした投稿

ゆったりシルエットのコクーンカーディガンは、気になるいかり肩をふんわりとカバーできます。ドットのロングスカートでフェミニン要素を取り込み、黒のパンプスで大人っぽさをプラスした大人女性にぴったりなコーディネートです。ゆったりしたカーディガンを羽織るだけで、こなれた雰囲気を生み「今ドキのおしゃれ感」が完成されるファッションです。

柔らかな素材をいかし⑥ドルマンスリーブ×ロングスカート

 

この投稿をInstagramで見る

 

se-ko(@m.s.m189)がシェアした投稿

袖がゆったりのシルエットで、いかり肩が目立ちにくいのでおすすめのアイテムです。肩に縫い目のないフォルムが柔らかな印象に見せてくれるトップス。しなやかな風合いは黒のロングスカートとの相性が良く、更にベルト使いがこなれ感とスタイルアップを叶えてくれるファッションです。

ゆったりシルエットでいかり肩をカバー⑦ドルマンスリーブ×デニム

 

この投稿をInstagramで見る

 

甲子園口プール(@boutique_poole)がシェアした投稿

ドルマンスリーブのゆったりとしたシルエットは、いかり肩を主張させることなくスタイルがキマる。柔らかな風合いのトップスと定番のデニムを合わせたカジュアルスタイル。長めのネックレスで縦ラインを強調させスタイルアップに。着心地の良さも叶えた爽やかな女性らしいスタイルは、小物使いでいろんなシーンで活躍できるファッションに変化します。

いかり肩を活かしたカッコいいスタイル⑧ジャケット×プリーツスカート

 

この投稿をInstagramで見る

 

nakkoo(@nakkoo555)がシェアした投稿

いかり肩の女性は、かっちりとしたアイテムをカッコよく着こなせます。カッコいいジャケットアイテムも、白プリーツスカートと合わせことで女性らしいコーディネートに。軽くジャケットを羽織っても、襟を立てて着こなしてもカッコよくキマります。ベーシックなジャケットは、きちんと感が出せるので大人女性にとって定番アイテム。そんなベーシックジャケットには、小物使いで自分らしさをプラスして、ひと味違うファッションを楽しんでみてはいかがでしょうか。

デコルテをキレイに見せる⑨Vネックリブニット×巻きスカート

 

この投稿をInstagramで見る

 

INDIVI / インディヴィ(@indivi.official)がシェアした投稿

いかり肩の女性がカッコよく着こなせるアイテムの一つ。Vネックの薄手ニットは、鎖骨を綺麗に見せてくれるだけでなく、縦ラインを強調させる効果でいかり肩をカバー。同系色でまとめたセットアップ風の着こなしは、きちんと感をだしつつ、女性らしさをプラス。しなやかな質感で上品な女性を演出できるファッションに仕上がります。

フードで小顔効果も叶う⑩パーカー×ロングプリーツスカート

 

この投稿をInstagramで見る

 

mamamarururu❥︎マルルン♪(@rurururuma)がシェアした投稿

顔周りの立体的なフードがいかり肩を強調させることなく、小顔効果も叶う嬉しいアイテムです。「カジュアルなパーカー」を「揺れ感のあるスカート」と合わせてフェミニンな仕上がりに。落ち着いた素材をいかしてワントーンにまとめ、「こなれた感じ」が魅力的なファッションです。ワントーンコーデだからこそ、自分流にアレンジを効かせたファッションが楽しめます。

ゆったりシルエットでこなれ感も⑪オーバーサイズのジャケット×デニム

 

この投稿をInstagramで見る

 

GRICH(@growing.rich)がシェアした投稿

オーバーサイズのアウターはいかり肩を強調されないカジュアルアイテム。ゆとりあるシルエットでさらっと羽織るのが魅力的です。定番のデニムで合わせたファッションは小物しだいで、幅広くおしゃれが楽しめるのもポイント。ゆったりしたアウターにはスッキリ見えるボトムスを選ぶのがおすすめです。肩を落とした「こなれ感」が大人カジュアルに仕上がります。

コンプレックスを魅力に変えて、おしゃれを楽しみましょう

https://pixabay.com/ja/

いかり肩でも着こなしやワンポイントでもっとおしゃれになれるのです。今まで諦めていた「可愛い服」も、合わせ方や小物使いのテクニックと、いかり肩だからこそ似合うファッションも取り入れて、おしゃれの幅を広げましょう。自分に似合う服がわかると、毎日の服選びも楽しくなり自信が持てるようになります。コンプレックスも魅力に変えて、おしゃれを楽しんでみてはいかがでしょうか。

※最後までお読みいただきありがとうございます!
プラスクオリティーはスポンサー料で成り立っている無料の情報発信サイトです。

スポンサーリンク