こじらせるとやっかい!男性のマリッジブルー。期間やその実態とは?

女性よりもやっかいかもしれない男性のマリッジブルー

もともと、女性のマリッジブルーが悟りやすいのは、気性の変化が激しいという面があるからです。笑っていたかと思うと落ち込んだり、何もないのに泣き出したり…。精神面が不安定な女性に対して、男性のマリッジブルーはどちらかといえば慢性的。

そのため「なんか機嫌悪そう」「なんか疲れてそう」という判断で終わってしまうのです。

そんな男性のマリッジブルーは、一度こじらせてしまうとやっかいなものでもあります。本人は不安に駆られているのに、周囲が気付かないため、解消できるきっかけすら見つけにくくなります。ひどい場合は、結婚を破棄する、結婚してから人格が変わるなどの可能性もあるので、結婚前にしっかりケアしておくことが大切なのです。

男性のマリッジブルーの時期はいつ訪れる?期間は?

https://pixabay.com/ja/

男性がマリッジブルーになる時期は、たいていが「結婚をする」という認識をしてからでしょう。結婚の取り決めから、どれだけ経ってからのものかは個人差がありますが、「自分は結婚するんだ」という認識の中に、強いストレスを感じるとマリッジブルーに陥りやすくなるようです。

そして、いつまで続くのかというと、すっかり安心しきるまでは続くと言えます。中途半端な不安の解消の仕方では、どこかで燻った状態が続いてしまい、ストレスそのものにも弱くなります。些細なことでマリッジブルーをぶり返したりもするので、本人だけではなく、妻となる女性もしっかり向き合うべき問題なのです。

なぜ男性がマリッジブルーになるのか

「男のくせにマリッジブルー?」と考える人は、男性という生き物に強さを求めているからなのでしょう。おまけに、結婚することによって、失うものは女性の方が多いという概念があるので、男性がマリッジブルーになるなど想像もできないのです。男性の多くも、自分はそこまで繊細ではないと思っている人が多いのではないでしょうか。

では、なぜ男性がマリッジブルーになるのか。それは、男性にも失うものがあり、まだ見ぬ未来の可能性に、強い不安を感じるからなのです。一人の生活は二人になり、将来は子供も望むでしょう。責任を持って、妻と子供を守り、養っていけるのかという、まさに人生を懸けたリアルな問題が、責任感の大きさの分だけ強いストレスとなってマリッジブルーを引き起こします。

男性のマリッジブルーの乗り越え方

「不安なら、前向きなことを言って結婚を楽しみにさせてあげよう!」と意気込んでしまうと、逆効果になってしまいます。男性がマリッジブルーに陥った時には、本人だけではなく女性も、不安を取り除き、一緒になって向き合うことが大切です。「男のくせに」「しっかりしてよ」「結婚がいやなの?」これらのプレッシャーは、ご法度です。

では、男性のマリッジブルーの乗り越え方として、具体的にはどんな対策が挙げられるのか、ご紹介していきます。本人ができること、そばで支える女性ができること、どちらもご紹介していきますので、是非マリッジブルー対策に役立ててみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました