更年期とは違う!空の巣症候群ってなに?その特徴や乗り越え方

空の巣症候群の特徴と更年期との違いとは

子どもが成長して巣立った時、『やっと大仕事を終えた!これからは自分の時間が取れる!』とこの先の人生を謳歌できる女性はどれほどいらっしゃるでしょうか?

これまでは「お母さんお母さん」と散々頼ってきた子どもがいざ手を離れた時、心にぽっかりと穴が開いたように、寂しくて…虚ししくて…なにも手につかなくなってしまったという症状が出ている方、それはもしかしたら、更年期ではなく『空の巣症候群』かもしれません。

空の巣症候群になりやすいタイミングとは?

https://www.photo-ac.com/

空の巣、つまり鳥の巣をヒナが巣立ったイメージからわかるように、子どもが結婚や就職、あるいは進学をしたタイミングに陥る傾向あります。

子どもが自立に向け、親の手から離れ一歩踏み出したタイミングが要注意なんです。親離れとは言いますが、お母様がたにとってはいわゆる❝子離れ❞と言われるタイミングにあたります。

では、実際にどんな特徴や症状があるのか、詳しく確認してゆきましょう。

空の巣症候群の特徴①:無気力・無関心

https://pixabay.com/ja/

達成感が子育てのみにあったため、子どもが手を離れた今なにをやっても達成感を感じられなくなってしまい、

なにをするにもやる気が出ない…動きたくない…と無気力になるのは、空の巣症候群の典型的な症状と言えます。

生活の中心だった子どもが不在になり、時間的な強制もなくなったことにより、なにをしたらよいのかわからない・なにがしたいのかわからない、なにが楽しいのかもわからない…という症状もよく見られるものです。

空の巣症候群の特徴②:自信がない

これまでは子どもに尽くすことで、自分バランス・存在意義を感じられていたという方の場合は、急にその自分を保つ日々を失ったことにより、なにをしても自信が持てなくなってしまう傾向もあります。

今まではありがとう!と言ってくれる子どもがいたり、自分がなにかしたことが子どもの役に立っているという喜びがあったのに、それを感じる機会を失ってしまったことにより、自分を見失ってしまう症状もしばしばみられます。

空の巣症候群の特徴③:虚しい

https://pixabay.com/ja/

なにか嫌なことや傷つくことが起きたわけでもないのに、理由もなく虚しい…心にぽっかり穴が開いてしまったように、ただただ心が寂しくてという症状も空の巣症候群でよくみられる症状です。

もちろん皆さん、今まで一緒にいた子どもが離れて育ってゆくことに、『なんだか寂しいな…』と感じるのは当然!という部分もあるのですが、空の巣症候群の場合は、虚しさや言葉にならないほどの不安感や孤独感になってしまうのです。

空の巣症候群と更年期との違い:心の中の問題と身体の問題

以上のような特徴から変調をきたし、身体のだるさや不眠などに陥ってしまうこともあります。

女性ホルモンのバランスの影響で体調に変化が起きる、更年期障害と似たような症状が出てくることもあるため、よく勘違いされてしまうのですが、空の巣症候群はまったく異なるもの。

❝母親という役割❞を失ってたというところから来る、心の中のものによって陥る症状、つまりこれは周りの理解や協力が必要な精神面のお話なんです。

タイトルとURLをコピーしました