癒しだけではこじらせてしまう!失恋で心が辛い時、試しておくべき2つの方法

たかが失恋、されど失恋。長く引きずる失恋は思った以上にダメージが大きいものですよね。失恋が辛い時は共感や優しい言葉で傷を癒すことが何よりですが、実は、それだけでは返って失恋の痛みをもっとこじらせてしまうことも。失恋が辛い時2ステップでラクになるとっておきの方法をご紹介します。

公開日:    最終更新日:

誰にもわかってもらえない失恋のつらさ

失恋が辛い時、心に何が起こってるの?

https://pixabay.com/

世の中には素敵な出会いの数だけ、別れの数もあるものです。人は「たかが失恋ぐらいでめそめそするなんて馬鹿げている」と笑うかもしれませんが、失恋は時として人の心を深くえぐるように傷つけることもあります。

長い間失恋から立ち直れないままに、うつ状態につながることも珍しくありません。胸を引き裂かれるような失恋の痛みを長引かせないために大切なのは、それ以上、痛みをこじらせないことです。

失恋が辛い時は、過去との距離が近すぎる

https://pixabay.com/

失恋で心が激しく痛むのは、自分と過去(別れた相手)との距離が近すぎるために起こります。別れた相手と物理的に離れても、あなたの心はいまだに彼のすぐそばに置き去りになっているのではないでしょうか。

別れた後も、あなたの周りには、相手との楽しかった頃を思い出させる品物や、2人の写真などが飾られていませんか。それを見るたびに、心の中で「嫌だ、別れたくない、失恋なんて嘘だ!」と葛藤を繰り返しているのです。そして、心の中には恋愛関係を終わらせた相手や自分に対する怒りや愛憎、自責の念、後悔、執着などネガティブな気持ちが渦巻いているはず。

1日のうち、こんな暗黒に突き落とされたような時間をどれだけ過ごしているでしょうか。まさにそれが失恋の強烈な痛みの元凶となっているのです。

失恋が辛い時に私たちが陥りがちなこと

多かれ少なかれ、恋もすれば失恋だって経験します。1週間も経てば忘れてしまうかすり傷のような失恋もあれば、ダメージが大きく、忘れるのに数ヶ月、数年かかる失恋もあるでしょう。失恋が辛い時に私たちが陥りがちな状態は、ほとんど似通っています。失恋とは、私たちにとって時に巨大なストレスです。

ストレスMAX 失恋が辛い時の状態とは?

①四六時中、別れた彼のことが頭を離れない

https://pixabay.com/

ドラマを見ても、映画を見ても、何を見ても彼のことを思い出してしまう。彼の名前を心の中で何度も呼んでしまう。彼が今何をしてるのか常に考えてしまう。復縁を期待して彼に連絡して無視、あるいは拒否されて落ち込む。情緒不安定ですぐ泣いてしまう。

②思い出の品物を捨てられない、他人の幸せが辛い

思い出の写真やメールを何度も見て泣く。友達の結婚や、元彼の結婚の噂で傷つく。自分以外がみんな幸せに見えてしまう。バレンタインデー、クリスマスの時期は自分だけ不幸な気もちに。

③誰にも失恋を相談できず、生活が荒む

https://pixabay.com/ja/

誰にも相談できず、心がぐちゃぐちゃになり、どうしていいかわからなくなる。つらいことを忘れるためにお酒に溺れたり、行きずりの男と関係を持つといった自己破壊的行動をとる。拒食と過食を繰り返したり、汚部屋になることも。

④静寂が怖くなる

一人でしんとした部屋に帰るのが怖くなる。静かな環境に苦痛を感じ、ラジオやテレビ、音楽をつけっぱなしにする。感情の起伏が激しく、気分が高揚したり興奮しやすかったり、急につらくなって塞ぎ込んでしまったりする。

⑤自分の居場所がどこにもないと思う

https://pixabay.com/

失恋の痛みを誰もわかってくれないし、誰も信用できないと思い込んでしまう。電話やSNSなど、人とのつながりをやめてしまう。心を許せるはずの友達や家族に対しても交流を躊躇する。どこにも自分の居場所が見出せない状態。

たかが失恋、されど失恋。この大きなストレス状態を放置しておくと、失恋をこじらせるだけでなく、あなたの心が壊れてしまいます。

失恋が辛い時、心を「癒す」だけではこじらせる

失恋が辛い時は、まずは傷ついた心に共感してもらい、優しさや思いやりを自分に与えて失恋の傷口をゆっくり癒すことが何より大切です。

しかし、実は「癒し」だけでは失恋の痛みがかえって長引き、こじらせてしまうこともあります。

失恋が辛い時、その辛さを乗り越えるために必要なのは、自分を叱咤激励しながら本来の自信を取り戻すことです。執着を捨てて前に進む勇気は、失恋の痛みからあなたを引き離すブースターの役割を果たします。

心の痛みを劇的に回復させる方法①「失恋の傷を癒す」

関連記事