【気になる海外旅行のお金事情】いくら持っていけばいい?現金とカードはどっちを使う?

観光やショッピングなど、楽しみなことがたくさんな海外旅行。現地でのプランや持ち物についてはしっかりと準備している方がほとんどだと思いますが、お金に関しては意外と「大体これくらい持っていけばいいかな」というようにざっくりと考えている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、海外旅行をする際のお金事情について詳しくご紹介していきいます。

公開日:    最終更新日:

海外旅行に持っていく現金の目安は?

https://www.pakutaso.com/

海外旅行に持っていく現金の目安についてですが、これといった指針はなく、旅行のスタイルがどういうものなのか、どこに旅行に行くか等で金額が異なってきます。ただ一つ言えることは海外旅行に行く際には、現金は必要最低限の金額を持ち歩くようにし、多額の現金を持っていかないことが原則なります。 しかしそれでも必要最低限はいくらなのか気になる方もいるでしょう。クレジットカードが普及しているとはいえ、チップやタクシー料金など現金メインの支払いがあるので現金が必要です。 そこで現金は3万円前後(現地通貨2万円、日本円1万円)あるといざというときに便利です。ただし前述しましたが、日本より現地通貨が安い国では、もう少し少なくても大丈夫でしょうし、物価の高い国へ旅行へ行くのなら3万円より少し多めに持っていくと安心です。 海外旅行先の物価やあなたがそこで何をしたいか、またパッケージツアーで全て必要経費は払い込んでいるのか、または航空券だけ買って全て現地で調達するのか等旅のスタイルでも現金の持ち込み方が異なりますので、旅行前に現金がいくら必要なのかぜひ吟味してくださいね。

現金とクレジットカード、海外旅行ではどちらを使うべき?

https://pixabay.com/ja/

海外旅行でのお金の使い方ですが、主に現金とクレジットカードが考えられます。旅行となるともちろん現金をある程度は必要ですし、持ち歩くメリットもあります。 反対に、クレジットカードの便利性を考えるとやはりこちらにもメリットがたくさんあります。 しかし、海外旅行ではクレジットカードを主体として使うことをオススメします。

クレジットカードを使うメリット:盗難・紛失の場合

https://www.pakutaso.com/

海外では「日本人はたくさんお金を持っている」というイメージがまだあります。そのため、スリや盗難などの被害に遭いやすいのも現状です。 クレジットカードを持たずに現金で済ませようとしていても、それが入っている財布やカバンを取られたらひとたまりもありませんよね。同じように、荷物の紛失トラブルは気をつけていても起こってしまうことがあります。現金を入れていたカバンを落としてしまう、そんな悲劇も起こりかねません。 もし現金だけ所持していたら、運が相当良くない限り大抵のお金は返ってきません。泣き寝入りするのが現状ではないでしょうか。 反対にクレジットカードの場合は、クレジットカード会社に連絡をとって使用停止にすれば不正使用される心配はなくお金がなくなってしまうことはありません。また盗難の場合、クレジットカードの盗難の被害届を出していると一定期間遡って保障されることもありますので、現金より優遇がききます。 ただ、このような盗難、紛失に備えてクレジットカードを2枚持ち歩くといいでしょう。

クレジットカードを使うメリット:カードの付帯サービスが受けられることがある

https://pixabay.com/ja/

みなさんはクレジットカードには、クレジットカード会社からの付帯サービスが付いていることがあることはご存知でしたか?特に海外旅行で使えるサービスが多いことがあるんです。 例えば、海外旅行保険が付いているものですと、海外旅行で必須の保険に入る必要がありません。旅行保険も安いものではないのでありがたいサービスですよね。また他には空港ラウンジが使えるものがあります。海外へ出発前に空港でリラックスできるのは、気持ちを落ち着かせるためにもいいことですよね。 さらにはクレジットカード会社の加盟店であれば免税店や現地のお店での割引等の優遇を受けられるので、お得にお買い物をすることができます。クレジットカードをあまり利用したくないという人でも、クレジットカードを見せるだけでもサービスが受けられることもあるのでやはり持って行った方がいいですよ。

クレジットカードのメリット:大抵の場所で使える

https://pixabay.com/ja/

カード社会である海外旅行先。もちろん行く先々で異なりますが、大抵の場所でクレジットカードが使えます。使えない場所を探す方が最近では難しいことも。レストランのチップも、クレジットカードで食事代に上乗せして支払うことも可能なので十分な現金が手元になり場合とても便利ですよ。 また、映画館や公共機関等の券売機でもカードのみ使用可のところがあり現金払いに対応していないことがあります。もちろん窓口では現金支払いは可能ですが、時間の節約を考えると券売機の方が早いことがあります。こんなときにもクレジットカードは便利ですので海外旅行へ行く際には必ず持っていくようにしましょう。

もちろんクレジットカードを使うデメリットもある

https://pixabay.com/

海外でのクレジットカード利用のメリットをいくつかお話ししましたが、もちろんクレジットカードのデメリットもあります。海外ではいくらカード社会とはいえ、現金だけ対応している場合もあります。 例えばクレジットカードの使えない屋台などのお店や市場では現金が必要になりますよね。レストランやホテル等で何かサービスをしてもらった時さっとチップを支払うなら現金の方がスマートな場合もあります。現金の魅力はいつでもさっと支払えるところではないでしょうか。 このようにクレジットカード、現金でそれぞれメリット、デメリットがあるので、どちらか一方だけ持ち歩くのではなく、上手に組み合わせてお金を利用するといいですよ。海外旅行先でもクレジットカードと現金の比重が異なってくるでしょう。前もってリサーチして何がどのぐらい必要なのかを検討してくださいね。

カードがあれば、ATMで現金を引き出すことも可能

https://www.instagram.com/p/BrA6Rg4nRhA/media/?size=l

上記以外のクレジットカードを海外旅行に持っていくメリットの一つに、ATMでも引き出しが可能だということが挙げられます。つまり、海外旅行先で突然現金が必要になった場合もクレジットカードがあれば現金を手にすることができるということです。 この現金の引き出しについてはキャッシングにあたります。キャッシングと聞くとあまりいいイメージを持っている人が多くはないかもしれません。他のローンなどの信用履歴に傷がつくのでは、などと心配しがちですよね。しかし、キャッシング利用だけでは信用履歴に傷がつくことはなく、安全です。信用履歴に傷がつく場合は、支払い期限に返すのが遅れてしまった場合のみなので、支払い期日までに返済がされれば問題ありません。大まかに言えば、クレジットカードでお買い物をしているのと同様の扱いになります。 ただし、ATM利用だからといってなんどもキャッシングをしていると何重にも支払う金額が増えてしまうので、支払い期日までに返済できる金額を目安にキャッシングしてくださいね。

キャッシングできるATMの見分け方

上述した通りクレジットカードがあればATMからお金を引き出せますが、絵画にある全部のATMで引き出せる訳ではありません。あなたの持っているクレジットカードの裏にマークがあるので、その印があるATMにて引き出し可能となります。 基本的にカード会社によってマークが異なりますので下記をチェックしてくださいね。 ①VISAカード:PLUSマークのあるもの

https://www.visa.co.jp/travel-with-visa/atm_info.html

②JCBカード:Cirrusマークのあるもの ③Master Card:Cirrusマークのあるもの

https://www.jcb.jp/index.html

ATMの中にはPLUSマークに対応しているマシーンがCirrusマークに対応していることもよくありますが、ATM利用の前に必ずこの上記のマークを確認してくださいね。 VISA:https://www.visa.co.jp/ JCB:https://www.jcb.jp/index.html Mastercard:https://brand.mastercard.com/brandcenter-ja.html

海外でATMを使う時の注意

https://www.pakutaso.com/

関連記事