飲む点滴「甘酒」は美容効果たっぷり!効果的な摂取方法は?

美容効果が高いとされ、飲む点滴と言われている甘酒。スーパーでもおなじみになりましたよね。よく耳にするものの、なぜ飲む点滴と言われているのでしょうか?米麹からできている甘酒には、実は美容に嬉しい効果がたくさんあるんです。今回は、甘酒の美容効果と効果的な摂取方法をご紹介します。

公開日:    最終更新日:

甘酒って何からできているの?

https://www.photo-ac.com/

美容と健康に良いということでブームが続く甘酒。その甘酒は何からできていて、どうして美容と健康に効果があるのか、という事はご存知でしょうか?甘酒のことを詳しく知って、もっと効果を活かせたらいいですよね。ここでは、甘酒そのものについて説明していきます。

知れば知るほど女性の健康と美容に、甘酒が最適な飲み物であると思うはずですよ♪

甘酒には二つの種類がある

https://www.pakutaso.com/

甘酒は大きく分けると、米麹からつくるものと、酒粕と砂糖でつくる2種類があります。

米麹を使ったものは、米麹と米、水を混ぜ発酵させたもの。基本的には、砂糖を加えないため、米そのものの自然な甘みが味わえます。アルコールが含まれていないので、お酒が苦手な方でも飲むことが出来ます。

もう一つの甘酒は、日本酒を作る時にでる酒粕を使ったもの。この酒粕に砂糖を加えて煮込んだものです。多くの市販品は、この酒粕の甘酒。アルコールを含んでいますので、子供やお酒が苦手な方は飲むことが出来ません。

飲む点滴と言われ、健康や美容に良いとされているのが、米麹で作る甘酒です。この米麹の甘酒には、必須アミノ酸やビタミンB群、食物繊維などが豊富に含まれ、美容や健康、疲労回復など様々な効果が期待できます。

【米麹(こめこうじ)】についてもう少し詳しく

https://www.photo-ac.com/

麹(こうじ)とは、蒸したお米や麦に麹菌という、カビの一種が生えたものです。カビと言う名が付いているものの、麹菌は「人間に役立つ、食べられるカビ」なのです。麹菌には以下の働きがあり、食べ物の旨味と甘味を引き出します。

●栄養素を取り込みやすくし、消化を助ける

麹に含まれているアミラーゼ(旨味)とプロテアーゼ(甘味)と言う酵素が栄養素を分解するので、消化・吸収がスムーズになり、胃腸の働きを助けます。

●乳酸菌の力で腸内をサポート

麹に含まれている食物繊維と麹の酵素からオリゴ糖が作られる。これらは乳酸菌などの善玉菌が増殖するもととなるため、腸内の環境が整い免疫が活性化します。

●多彩なビタミン類を生成

麹菌が発酵するときに、ビタミンB1やB2、B6、ナイアシン、パントテン酸、イノシトール、ビオチンなど肌の代謝を促進するビタミン類が作られています。また、ビタミンB群が豊富なので、疲労回復にも効果が期待できます。

【酒粕】についてもう少し詳しく

https://www.photo-ac.com/

酒粕は、主に清酒製造の「圧搾」と呼ばれる工程後に残った「搾りかす」のことを指します。 酒粕には、清酒の原料である米やこうじ、酵母由来の炭水化物やたんぱく質、アミノ酸、ペプチド、ビタミンなどの栄養素を豊富に含んでおり、様々な食品に利用されてきました。

●丈夫な筋肉や骨を作るたんぱく質が豊富

爪や髪の毛、皮膚など、私たちの体を構成しているたんぱく質。筋肉や骨の健康の維持に欠かせないもので、代謝を促して抵抗力や免疫力をアップさせます。酒粕に含まれる植物性たんぱく質は、肉や魚などの動物性のものに比べるとカロリーや脂質が控えめでヘルシーです。

●血管を拡張して血流改善のペプチド

ペプチドは酒粕のたんぱく質が分解される過程で発生します。血管を拡張して冷え性改善効果があるほか、血圧の上昇を抑える働きがあります。

●アミノ酸

アミノ酸には疲労回復や免疫力を強化する働きがあります。新陳代謝を高めるため美肌やダイエットなど女性には嬉しい効果もたくさんあります。

ウィキペディア(Wikipedia)甘酒
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%98%E9%85%92

甘酒の嬉しい美容効果【安眠効果】

https://www.pakutaso.com/

甘酒には安眠効果があるとされています。それは、甘酒には、バントテン酸やGABAが豊富に含まれているから。これらの成分は、ストレスを和らげ疲労回復の効果があります。

日中に強いストレスを感じたり、疲れすぎていると、寝る前も興奮状態が続いて、なかなか寝付けないという事もあります。そんな時に、気持ちをリラックスさせてくれるのが甘酒です。

寝る前に温かい甘酒を飲むことで、身体も温まり、心も身体もリラックスして、睡眠の質も良くなります。たっぷり睡眠を取ることでお肌の調子も良くなりますから、まさに甘酒は、美容と健康に良い飲み物と云えます。

また、安眠効果を高める飲み方は、ホットがおすすめです。冬場や冷え性の方は、温かい甘酒にショウガを加えて飲むと身体がポカポカして眠りに就きやすくなります。ぜひお試しください。

甘酒の嬉しい美容効果【美肌】

https://www.photo-ac.com/

甘酒の美容効果の一つに美肌作りがあります。甘酒を飲むことで、シミやそばかすを防ぎ、皮膚を健康に保つ働きがあります。

甘酒に含まれる美肌成分とは?

https://www.photo-ac.com/

甘酒には、美容と健康に良い成分が豊富に含まれていますが、美肌作りに効果的な成分と働きは次のとおりです。

・コウジ酸

美白化粧品にも配合されているコウジ酸は、シミの原因となるメラニンの生成を抑え、シミやソバカス、肌のくすみにも効果が期待できます。

・タンパク質(アミノ酸)

アミノ酸は肌細胞の元となるものです。このアミノ酸があることで肌の新陳代謝もスムーズにいき、ツヤやかな肌を保つことが出来ます。

・ビタミンB群

肌のターンオーバーを促し、肌の保湿や弾力を高めてくれる働きがあります。

・食物繊維とオリゴ糖

腸内環境を整え便通を良くするため、体内の老廃物を排出し、くすみのない肌にしてくれます。

甘酒の嬉しい美容効果【美髪】

甘酒には美髪効果もあるとされています。甘酒に含まれるビオチンには、髪や頭皮を健康に保つコラーゲンを合成する作用があります。コラーゲンは肌をプルプルにすることで知られていますが、頭皮や髪にも必要な成分です。

また、髪の材料となるのがアミノ酸。甘酒にはアミノ酸が豊富に含まれていますから、健康でハリや艶のある美髪作りには、とても効果があります。ビタミン類も髪の成長には欠かせないものですから、甘酒は、髪に良い成分が盛りだくさん含まれています。飲むトリートメントと云っても過言ではありません。

甘酒の嬉しい美容効果【アンチエイジング】

抗酸化作用の高いフェルラ酸が入っている

甘酒には、エルゴチオネインやフェルラ酸という高い抗酸化作用を持つ成分もが入っているため、アンチエイジングにはとても効果的です。

その一つ、フェルラ酸は米ぬかやコーヒーなどに多く含まれているポリフェノールの一種です。肌の老化の原因となる酸化を防ぐ効果が高く、米麹の甘酒を飲むことで抗酸化作用が期待できることが分かっています。

注目のアンチエイジング成分、エルゴチオネインとは?

甘酒には、身体に良い様々な成分が含まれていますから、美容にはもちろん、アンチエイジング効果も期待できます。その中でも、最近注目されているのが、「エルゴチオネイン」という成分です。

https://www.photo-ac.com/

甘酒には、最近注目されているアンチエイジングに高い効果があるとされる「エルゴチオネイン」という成分が配合されています。この、エルゴチオネインの主な働きは、活性酸素の除去です。体内で活性酸素が増えると身体を酸化させ老化を加速させる原因となります。

エルゴチオネインは、非常に強い抗酸化作用がありますので、活性酸素によるDNAの損傷や過酸化脂質の生成を防ぐ働きがあります。また、美肌作用として、シミやソバカスを防ぐ他、肌の弾力を回復・維持する働きもあります。

その他にも、紫外線から肌を守り、老化を抑える作用も期待できます。エルゴチオネインは、甘酒の他にはシイタケやヒラタケに含まれています。

Hokto公式サイト 「エルゴチオネインで菌活」
https://www.hokto-kinoko.co.jp/kinokolabo/jiten/jiten12/

甘酒の効果を引き出す飲み方

https://www.photo-ac.com/

たくさんの美容効果がある甘酒。せっかく飲むのだから美容効果を高める飲み方をしたいもの。ここでは、美容に効果的な飲み方や飲むタイミングをご紹介します。

甘酒の効果的な飲み方

https://www.photo-ac.com/

甘酒を効果的に飲むには温度に気を付けることが大切です。甘酒は温めすぎてしまうと、甘酒に含まれる酵素やビタミン類の効果が無くなってしまいます。60℃以上には温めないように気をつけましょう。

また、最近では、甘酒を温めず、冷やし甘酒も人気ですので試してみるのもいいでしょう。

料理に取り入れる

https://www.photo-ac.com/

甘酒の効果は実感してみたい。でも甘味や風味がちょっと苦手。そんな方は料理に活用してみてはいかがでしょうか。甘酒のもつ甘みやコクはおお菓子作りや煮物を作る時などに効果を発揮します。

お菓子の場合、甘酒を使うことで砂糖やクリームの量を抑えることができるので、ダイエット効果にもなりますね。

煮物の場合、砂糖やみりんの代わりに甘酒を使用すると、コクとまろやかさが加わります。調味料が少なくても、優しい薄味に仕上げることができますよ。

甘酒の効果を引き出す飲むタイミングとは?

https://www.photo-ac.com/

甘酒の美容効果を高める飲むタイミングは、その目的によって違ってきます。大きく分けて、ダイエット目的なら朝、安眠効果を得たいのなら夜、という事になります。

朝に甘酒を飲むメリットとして、短時間での栄養補給でき、脳の活動も活発にしてくれるとういうことが挙げられます。また、夜に飲むメリットは安眠効果のほか、肌のターンオーバーを促進してくれる効果がありますので、美肌効果があります。

運動後に飲むのもおすすめ

おやつ代わりの間食として飲む

https://www.photo-ac.com/

朝と夜に加えて飲むとしたら、おやつ代わりの間食もおすすめです。間食というとどうしても甘味の強いケーキやスナック菓子を想像してしまいますが、それらにはカロリー過多や栄養の偏りの心配もあります。

一方、間食に甘酒を選ぶと、カロリーが抑えられる上に、ビタミンをはじめとした身体に良い栄養素を補うことができます。 お腹も満たされて身体にも良いなんて、間食は甘酒に決まりですね!

運動後に飲むのもおすすめ

関連記事