なぜ起こる?自律神経の乱れによる頭痛の特徴や改善方法とは

自律神経と頭痛の関係性とは

頭痛は、さまざまな理由で起こる「血管の拡張や収縮」が原因となり起こります。 自律神経を整え、血管の働きをよくしておくと、頭痛もある程度、予防することに繋がります。頭痛の代表的なパターンには、 血管の「収縮」で起こる頭痛と、血管の「拡張」で起こる頭痛の2つがあります。どちらも対処法を間違えると症状が悪化することがあるので、 それぞれの頭痛の特徴と、対処法を知っておくことが大切です。

頭痛の中には、命に関わるものも!

危険な頭痛とは、頭蓋内に病変があるもので、 脳腫瘍やクモ膜下出血、脳炎、髄膜炎など、見逃すと生命に関わるものです。今まで経験したことがない突然の強い頭痛、いつもと様子が異なる頭痛、 後頭部から首にかけての強い痛みが起こった場合や、頭痛とともに麻痺、言語障害、も のが見えにくいなどの症状が現れた場合は注意が必要です。そういった頭痛も、中にはあるということもお忘れなきよう!

自律神経の乱れによる頭痛の特徴は?

頭痛が起きる原因は血管にあり!

慢性頭痛は検査しても見つからないタイプの頭痛で、いわゆる頭痛持ちの頭痛です。慢性頭痛は自律神経の乱れで症状が出るケースが多く、以下の四種類に分けられます。

【緊張性頭痛】

首から肩、後頭部周辺の筋肉が収縮して、血行が滞ることで、 たまってしまった乳酸などの老廃物が神経を刺激して起こります。 慢性頭痛の中では最も多い頭痛だといわれています。デスクワークなどで、長時間同じ姿勢を続けていると起こりやすい頭痛ですね。

【片頭痛】

低気圧や温度変化、ストレスによる緊張から解放されたときなど、 なんらかの理由で血管が急激に広がり、それが神経を圧迫することによって起こります。女性ホルモンの一種が関係しているともいわれ、男性よりも女性に多く見られる頭痛。

【群発頭痛】

群発頭痛は、「目がえぐられるような」「きりで刺されるような」と表現されるように、 耐えられないほどの痛みだといわれます。あまりの痛みにじっとできずに、痛みを紛らわせるために動き回らずにはいられない、 ひどいときには痛みのあまり頭を壁に打ちつけるという人もいるそうです。一度痛みがあらわれると、毎日のように頭痛を起こすようになります。 痛みは一定期間、たいていは1~2ヵ月くらい続きます。その後、半年から2~3年と、しばらく時間がたった後、 再び同じような頭痛に見舞われるのです。

【薬物乱用頭痛】

あまり聞いたことがないと思いますが、 最近特に増えている慢性頭痛で、鎮痛剤の飲みすぎが原因です。鎮痛薬の服用が、最初は月に一から二回程度と次第に増えていき、 いつの間にか毎日のように朝、昼、晩と服用してしまうと、薬によって痛みが誘発され、 薬の有効時間も短くなります。

薬物乱用頭痛の元は片頭痛です。片頭痛の発作の頻度は一ヶ月に六回程度ですが、 薬物乱用頭痛になると一ヶ月に十五回ぐらいの頻度で発作が起こります。薬を飲んでいるのに明らかに頻度が上がっているようでしたら、 薬物乱用頭痛が起きている可能性がありますので要注意!

薬物乱用頭痛の特徴をご紹介します。

タイトルとURLをコピーしました