なぜ起こる?自律神経の乱れによる頭痛の特徴や改善方法とは

特に原因は思い当たらないけれど、頻繁に頭痛が起こる…そのような症状に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。軽い頭痛だとあまり気にならないという人も多く、つい放置してしまいがちです。しかし、その頭痛は自律神経の乱れによるものだった場合、放置するとさらに症状が悪化してしまう場合も…。自分の頭痛の原因や改善方法を知り、しっかりと対処していきましょう。

公開日:    最終更新日:

自律神経と頭痛の関係性とは

https://www.pakutaso.com/20160212046post-6962.html

頭痛は、さまざまな理由で起こる「血管の拡張や収縮」が原因となり起こります。 自律神経を整え、血管の働きをよくしておくと、頭痛もある程度、予防することに繋がります。頭痛の代表的なパターンには、 血管の「収縮」で起こる頭痛と、血管の「拡張」で起こる頭痛の2つがあります。

どちらも対処法を間違えると症状が悪化することがあるので、 それぞれの頭痛の特徴と、対処法を知っておくことが大切です。

頭痛の中には、命に関わるものも!

危険な頭痛とは、頭蓋内に病変があるもので、 脳腫瘍やクモ膜下出血、脳炎、髄膜炎など、見逃すと生命に関わるものです。

今まで経験したことがない突然の強い頭痛、いつもと様子が異なる頭痛、 後頭部から首にかけての強い痛みが起こった場合や、頭痛とともに麻痺、言語障害、も のが見えにくいなどの症状が現れた場合は注意が必要です。

そういった頭痛も、中にはあるということもお忘れなきよう!

自律神経の乱れによる頭痛の特徴は?

頭痛が起きる原因は血管にあり!

https://www.pakutaso.com/20170840242post-13003.html

慢性頭痛は検査しても見つからないタイプの頭痛で、いわゆる頭痛持ちの頭痛です。

慢性頭痛は自律神経の乱れで症状が出るケースが多く、以下の四種類に分けられます。

【緊張性頭痛】
首から肩、後頭部周辺の筋肉が収縮して、血行が滞ることで、 たまってしまった乳酸などの老廃物が神経を刺激して起こります。 慢性頭痛の中では最も多い頭痛だといわれています。

デスクワークなどで、長時間同じ姿勢を続けていると起こりやすい頭痛ですね。

【片頭痛】
低気圧や温度変化、ストレスによる緊張から解放されたときなど、 なんらかの理由で血管が急激に広がり、それが神経を圧迫することによって起こります。

女性ホルモンの一種が関係しているともいわれ、男性よりも女性に多く見られる頭痛。

【群発頭痛】
群発頭痛は、「目がえぐられるような」「きりで刺されるような」と表現されるように、 耐えられないほどの痛みだといわれます。

あまりの痛みにじっとできずに、痛みを紛らわせるために動き回らずにはいられない、 ひどいときには痛みのあまり頭を壁に打ちつけるという人もいるそうです。

一度痛みがあらわれると、毎日のように頭痛を起こすようになります。 痛みは一定期間、たいていは1~2ヵ月くらい続きます。その後、半年から2~3年と、しばらく時間がたった後、 再び同じような頭痛に見舞われるのです。

【薬物乱用頭痛】
あまり聞いたことがないと思いますが、 最近特に増えている慢性頭痛で、鎮痛剤の飲みすぎが原因です。

鎮痛薬の服用が、最初は月に一から二回程度と次第に増えていき、 いつの間にか毎日のように朝、昼、晩と服用してしまうと、薬によって痛みが誘発され、 薬の有効時間も短くなります。

薬物乱用頭痛の元は片頭痛です。片頭痛の発作の頻度は一ヶ月に六回程度ですが、 薬物乱用頭痛になると一ヶ月に十五回ぐらいの頻度で発作が起こります。薬を飲んでいるのに明らかに頻度が上がっているようでしたら、 薬物乱用頭痛が起きている可能性がありますので要注意!

▼薬物乱用頭痛の特徴は以下の通りです。

・特定の部位ではなく、頭全体にズキンズキンと拍動性に痛む
・頭痛発作が一ヶ月に十五回以上現れる
・無力症、悪心、そわそわ、記憶障害、集中困難、うつ傾向、快感消失などの症状を伴い、日常生活に支障が生じている

慢性頭痛は、めまい・耳鳴りなど自律神経失調症の症状と一緒に起きることもあります。このように 「緊張性頭痛は血管の収縮」、「片頭痛は血管の拡張」と、同じ頭痛でも原因は正反対。対処法を間違えると症状が悪化することがあるので、注意が必要です。

季節の変わり目は体調の変化に注意!

https://www.pakutaso.com/20120403093post-1339.html

昔から「季節の変わり目にはめまいがする」「天気が崩れる前には頭痛がする」など、気象の変化によって持病が悪化することを「気象病」と呼んでいます。その中でも、うつや不安といった気分障害にまつわるものを、佐藤先生は「天気痛」と名づけ、研究しています。

天気痛は、天候が変わりやすい春や低気圧が続く梅雨、台風の多い秋などに要注意です。

日々の寒暖差や、低気圧と高気圧が頻繁に入れ替わる気圧変動が大きい季節が「春」。寒暖差に対応するため、自律神経の一つである交感神経が優位が続くと、 エネルギー消費が増え、疲れやだるさを感じやすくなります。

自律神経には、体を活動的にする交感神経とリラックスさせる副交感神経があり、 この2つがバランスをとりながら、心臓や腸、胃、血管などの臓器の働きを司っています。

自律神経は、自分の意思ではコントロールできず、 ちょっとしたストレスでもバランスが乱れてしまいます。

自律神経の乱れによる頭痛の予防・改善方法

◎朝食は必ず食べる

https://www.pakutaso.com/20160835221post-8609.html

1日3食を守ることが大切ですが、特に朝食は、寝ている間に下がってしまった体温を上げ、 自律神経を整えるのに大きな役割を果たすので欠かさないようにしましょう。

また、気象病対策にはビタミンB1が有効です。 痛みや自律神経のメカニズムとも深く関係している、脳の栄養素・糖質を 体内でエネルギーに換えてくれる働きをします。ビタミンB1が多く含まれているのは豚肉、うなぎ、玄米などです。

◎ゆっくり長くできる運動をする

https://www.pakutaso.com/20150916250post-6009.html

自律神経を安定させるために取り入れたい運動は、 ウォーキングや軽めのランニング、水泳など、ゆっくり長くできるものです。

なかでも水泳は自律神経の働きによい刺激を与えてくれます。体温より低い水の中でゆっくり体を動かすと、体の代謝がじわじわと上がっていきます。クロールや平泳ぎを何キロも泳ぐ必要はありません。水の中をゆっくり歩くだけでも効果があるので、実践に移しやすいですね。

めまいや頭痛が出やすい人は、 ストレッチや筋トレで首回りの筋肉をつけて、血流を促すとよいでしょう。

◎「内関」のツボを押す

https://www.instagram.com/p/BobINnzljjP/media/?size=l

自律神経の乱れに効くのが、手首にある「内関」のツボです。内関はもともと、乗り物酔いや自律神経の乱れに効くツボなんです。 ふらつきやめまいなどの症状が現れそうなときに刺激すると、症状が収まります。

両手首の内側にあるしわの真ん中から、ひじ方向に指3本分下がったあたりに、 響くような感覚があれば、そこが内関です。左右の腕にありますが、特に痛さやだるさの感じるほうを主に刺激します。

※ツボは押しっぱなしだと、体が刺激に慣れてしまうので、こまめに押すようにしてください。つまようじの根元を使ってツンツンという刺激を繰り返す方法もよいでしょう。

参照:
神戸市長田区きずな整体整骨院
https://www.instagram.com/kizunaseitai/

◎タッピング

https://www.pakutaso.com/20160520140post-7905.html

関連記事