脱ワンオペ!子育てに無関心を決め込む夫をその気にさせる方法

「ワンオペ」という言葉を耳にしたことのある人は多いでしょう。育児のワンオペは昼間の家事育児を一人で回すこと。作業の絶対量の多さもさることながら心理的なプレッシャーも大きく、母親のメンタルヘルスにも影響します。一番身近なパートナーである夫に無関心から脱却してもらいたいと感じる妻は多いでしょう。

公開日:    最終更新日:

夫の協力がないワンオペはかなりしんどい…

ワンオペの苦しさ

https://www.photo-ac.com/

育児のワンオペはなぜ苦しいのでしょうか。それにはいくつもの要因があります。

・物理的にタスクが多い

特に未就学児・未就園児の小さな子供は、自分でできる作業が極端に少なく、すべて親掛り。自分でやりたがって作業そのものにも大変な時間を費やし、失敗からの後始末やコーチングに労力と時間を取られたりします。それが生活全体へのしわ寄せに…。

無関心な夫あるあるの「昼間何やってたの?」発言には「こういう流れで時間がなくなるんだよ!」と突っ込みたくなりますが、あまりにも毎日がこういう細かなしわ寄せムーブの連続なため、いちいち説明するのも難しいんですよね。

・タスクの寸断

料理でも掃除でも、一つ一つの作業は効率よく一気にできればそれぞれ10分や30分でできることが多い家事労働。しかし、乳幼児がいるとそうはいきません。頻繁に「ママ〜!」とお呼び出しがかかったり、トラブルの後始末に追われます。何一つ一息にできないのが乳幼児育児中のストレスの一つでしょう。

・一人で命を預かる緊張感

小さな子供は一瞬目を離しただけで恐ろしい危険行為に及んでいることが多々あります。まさかと思うようなところによじ登っていたり、まさかと思うような尖ったものを手にしていたり。いくら安全管理に努めても、斜め上の成長で上回ってくるのが子供たちです。危機管理に神経を尖らせて片時も目を離さずにいなければならない状態が常に続いている緊張感と疲労は、大変なものです。

・孤独感

子供を産むまでは社会人として仕事に立ち回っていた人は多いでしょう。それが子育てで急に社会から隔絶され、夫と子供だけに対面する生活になってしまいます。私自身、子供達が小さくて言葉もあまり通じなかった頃は毎日「大人と喋りたい!」と切実に思っていました。

変わる社会状況

https://www.photo-ac.com/

昔であれば祖父母世代が手伝ってくれたり、ご近所付き合いの中で預け合いをしたりと、子育てには本来大人の助け合いがありました。

ところが少子高齢化や晩婚化に伴い、子育てに関わる大人の手はぐっと少なくなっているのが現実です。そのような現状に沿えば、父親こそ大切な育児の担い手の一人として、無関心のままではいられないはず。それにもかかわらず、子育てのワンオペはある意味ずっと当たり前のこととして見過ごされてきました。

しかし近年「ワンオペ」という名がつけられたことによって、母親たちがたった一人で子育てに奮闘することに抱き続けてきた苦しさや違和感が可視化したのです。

なぜ夫は子育てに無関心なのか

それにしてもなぜ男性には子育てに無関心な人がいまだに多いのでしょうか。

当然妻がするべきことだとみなしており、疑問を感じていない

https://www.pakutaso.com/

これには世代間格差も大きく影響しています。公教育の中で家庭科が男女ともに必修になったのは1993年から(高校では翌年94年から)。それまでは男子は「技術」、女子は「家庭科」という風に授業が男女別になっており、男子に家庭科を学ぶ機会はありませんでした。

そのため「家事育児は誰もがやるべきこと」と言う意識が、80年代生まれ以前の世代には特に薄いのです。さらに、親が専業主婦家庭だった人の割合も非常に多く、男性が家事や子育てに自然に関わるモデルケースを見ずに育ったことも無関心に繋がっているとも推察されます。40代30代20代が入り混じる今のパパ世代は、ちょうど時代や感覚の変わり目なのかもしれません。

何をすべきかよくわかっていない

https://www.pakutaso.com/

無関心は無知からくるものが多いもの。皮肉なことに、日頃仕事を頑張っているパパほど育児をしている様子を見られません(逆に、帰ってこずに飲みに行っちゃうパパも)。関わる時間の絶対量が少ないため、必定、圧倒的に見識が不足します。日頃見ていなければ、何をすべきか、どんな手仕事が発生するかは全く想像もつかず、結果的に無関心になってしまうことでしょう。

子育てに無関心の夫をその気にさせる方法

関連記事