頭痛に効くヨガポーズ!慢性的な頭痛もヨガポーズで解消しよう

ヨガにはたくさんの嬉しい効果がありますが、頭痛にも効果的なことはご存知でしょうか?呼吸を意識し、血行を良くすることで、身体のあらゆる不調を少しずつ改善することができます。頭痛に悩む女性におすすめしたいヨガのポーズをご紹介します。

公開日:    最終更新日:

ヨガの特徴


https://instagram.com/p/Bf1ZvyhBGB0/

女性に嬉しい効果がいっぱい

ヨガは、体や美容、健康に効果をもたらしてくれます。ストレッチによくにていますが、ヨガの歴史は、約4,000年~5,000年前のインドが始まりとされています。ヨガの種類はたくさんあり、自分のからだにあったヨガの種類や目的別に選んで楽しんでいってほしいです。

ヨガをすることで体が柔軟にもなりますが、ヨガの呼吸法などから精神を安定させたり、集中力を養うためにも役立ち、多くの効果を得ることができるでしょう。

深い呼吸法で、空気を取り入れながら体全体を使うので体が温まり、代謝が上がることで、美容やダイエットへの効果も発揮してくれるのです。血液の巡りが良くなるので体内から健康になっていくでしょう。

ヨガは、ゆっくりした呼吸法がキーポイントになっています。そのおかげで、自律神経のバランスが整い精神が安定したり瞑想効果で精神を鍛えることができるのも特徴になります。

多くのひとから愛されているヨガで、あなたの頭痛の悩みも解消していきましょう。


https://www.instagram.com/p/BrUlP2Vnlmd/

頭痛に効く!ヨガのポーズ【うさぎのポーズ】


https://instagram.com/p/Bdy8p6LHvqC/

ヨガのうさぎのポーズ(シャシャンカーサナ)は、背中周りが凝っているひとにオススメです。頭痛の原因では、血液の巡りが悪く大切な酸素を運びきれなくて、頭痛がおこってしまうケースがほとんどでしょう。

背中周りをよよほぐしてあげることで、頭痛が軽減されるでしょう。他には、鼻ずまりの暖和や、ストレスや疲れの解消効果、首、肩、背中のコリをほぐす効果が得られます。

うさぎのポーズの方法です。

1.正座の姿勢から、息を吐きながらできるだけ背中を丸めて、膝の近くに頭を下ろしていきます。

2.両手は頭の横について、お尻を天井にもちあげていきます。もし首が詰まるのを感じたら、少し膝から遠ざけて位置をずらしましょう。無理は絶対にしないでいきましょう。

3.首に負担を感じないかたは、余裕があれば両手でそれぞれの踵を掴み背中をさらに伸ばしていきましょう。一緒に深いヨガの呼吸をしていきましょう。

頭痛に効く!ヨガのポーズ【下を向いた犬のポーズ】


https://instagram.com/p/BXBKoZ3h0vG/

正しくやれば、効果万能なダウンドッグのポーズです。実際には、「全身の疲れを軽減する効果」や、「コリをほぐし」「頭痛にも効く」リラックス目的のポージングになるでしょう。

方法をご紹介していきます。

1.床に四つん這いになった状態からスタートしましょう。手を肩幅に広げ、足を腰の幅に開いたら、太ももと腕を床に垂直にキープします。

2.両手を前に移動させ、両足のつま先を立てます。息をゆっくり吐きながら膝を持ち上げていきます。腰を十分に伸ばして、床とボディで三角形を作るようにイメージしてください。

注意することは、肘を伸ばしきらないことです。腕と足をぐーんと伸ばしていき、床に沈んでいくようなイメージでゆっくり5呼吸ほど繰り返してみましょう。

頭痛に効く!ヨガのポーズ【後ろ合掌のポーズ】


https://instagram.com/p/BZwW0X7A1PC/

単純に見えるヨガポーズのようで、やってみるとむずかしいのが「後ろの合掌のポーズ」です。頭痛に効くといわれています。背中で両手をあわせることで、背中の筋肉をほぐしてくれて、血行をよくしてくれます。

そうすることで、デスクワークなどで凝り固まった背中の筋肉をほぐしていき、コリが解消されて、頭にも血液が循環して、すっきりと気持ちの良くなるヨガのポーズです。

後ろで合掌するポーズのやり方を紹介していきます。

1.両手を背中であわせます。

2.背中は丸めないように5呼吸ほど深く呼吸していきましょう。

手をあわせるのがむずかしいひとは、指を下に向けてあわせてみましょう。

頭痛に効く!ヨガのポーズ【頭を膝につけるポーズ】


https://instagram.com/p/BdJaNMQjOgf/

「疲労回復」「月経中の不調の暖和」「頭痛の暖和」に効くのが頭を膝につけるポーズです。ヨガの深い呼吸とストレッチをするおかげで、一緒に脳を鎮静させてくれます。足の裏とお尻から背中の筋肉を伸ばしていきます。頭痛の要因には背中のコリも原因のひとつでしょう。

では頭を膝につけるポーズをご紹介していきましょう。

1.両足をまっすぐ前に伸ばして座りましょう。右膝を曲げて、床に倒していきます。右のかかとを太ももの内側近くに足の裏をあてます。三角の形を意識してみましょう。

2.両手を左足の方に伸ばして足を掴んでみましょう。はじめは足の親指を、次に足の裏、かかとを掴み、最終的にはさらに手を伸ばし、片方の手で他方の手首を掴めるようにしましょう。注意することは、左足は膝の裏を伸ばして床につけ、まっすぐにしておくことでしょう。

3.息を吐きながら腕を曲げ、両肘を開きながら前屈していきます。額、鼻、唇、最後に顎の順で左膝につけていきましょう。それから顔を左膝の内側か外側の床につけます。

初めのうちは左足が捻れてしまうので気をつけましょう。前屈している時に、お尻を床から上げないように注意し、上体を前方に伸ばしながら背骨を前後に広げていくイメージで深い呼吸をしましょう。

頭痛に効く!ヨガのポーズ【足の親指をつかむポーズ】


https://instagram.com/p/Bg7SxXalDBF/

足の親指を掴むポーズ(パーダーングシュターサナ)は、背中を刺激するヨガのポーズになります。ストレスの解消や、頭痛の暖和によく効くポーズです。はじめは、掴むことが苦しいと感じるかもしれませんが、自分のできる範囲で前屈体制をとって、伸ばしてコツコツやっていきましょう。

バランス感覚を養い、姿勢を整える効果や気持ちを安定させる効果、便秘を解消する効果などが期待できます。いたってシンプルな前屈のポーズなのに、効果は高く取り入れやすいヨガのポーズでしょう。

逆転のポーズに似ているので、頭痛にも効果があると言われています。血液の巡りが良くなっていきます。筋トレなどの間や、終わりのクールダウンにも取り入れられているポーズです。

1.くるぶしを付けて直立し、頭のてっぺんを上に引き上げるイメージで、肩を後ろに回すように引き、肩甲骨を引き下げてみましょう。膝は内側によせて引き締めて、重心はカカトのほうにかけましょう。

2.次に足は腰幅に開きましょう。

3.足の親指を掴み背筋を伸ばしていきましょう。

4.ヨガの深い呼吸を意識しつつ前屈を深めていきます。肘は外側に開きましょう。

頭痛に効く!ヨガのポーズ【ラクダのポーズ】


https://www.instagram.com/p/BrTnKHLhtvR/

頭痛の原因となってしまうものはたくさんありますが、一般的に肩こりが原因になっていることは多いですよね。ここでご紹介するラクダのポーズは、少し難易度が高いのですがデスクワークなどで前傾姿勢になりやすい人におすすめ。ゆっくりと行うことで前に丸まってしまっていた肩を大きく広げることができ、肩甲骨の柔軟性が高まります。その結果、血行がよくなり肩こりが解消されやすくなります。

ラクダのポーズを繰り返し練習することで、慢性的な肩こりの解消につながり姿勢も改善されます。根本的な頭痛の改善につながるのがいいですね。

では次に、ラクダのポーズの手順、効果的に行うためのポイントをご紹介します。
初心者にとっては難度も高めですので、ひざや腰を痛めている方、首に違和感がある方は絶対に無理をしないようにしましょう。ヨガ初心者の人は、インストラクターの方がいる環境にて行うのがおすすめ!

1. ひざを肩幅に開き、床にひざ立ちの姿勢になりましょう。その後両手を腰にあてます。

2. 息を吸いながら、腰を斜め上に伸ばしましょう。上半身を少しずつ後方に反らしていきます。

3. 右手で右のかかと、左手で左のかかとをつかみましょう。

4. そのまま30秒ほど呼吸を続けながらキープします。胸を天井に向け大きく開くように意識しましょう。

5. 両手を腰に戻し、ゆっくりと体を元の位置に戻していきます。

この動きを、数回繰り返してみましょう!

頭痛に効く!ヨガのポーズ【魚のポーズ】

関連記事