スポンサーリンク

失敗しない!おすすめのハイライトカラーとオーダー方法のポイント
スポンサーリンク

話題のハイライトカラーってどんなもの?

https://pixabay.com/ja/

ハイライトカラーとは、ベースの髪色よりも明るい色の細かく筋状に入れる手法のことで、髪により立体感が生まれるため人気を得ています。例えば、ブラウンベースの髪にベージュのハイライトカラーを入れると、ミルクティのような柔らかな髪色に変身します。元々は、海外セレブがハイライトカラーを入れていたのがきっかけとなって注目が集まるようになりました。外国人の髪のようにふんわりと明るく自然な髪色から、別名「外国人カラー」とも呼ばれています。

ハイライトカラーは、おしゃれヘアのアクセントとしても人気ですが、カラーリングした髪色や白髪をぼかす効果もあるため、若い世代だけではなくマダム世代からも人気があります。カラーリングをした後しばらくすると、根元から地毛の色が生えてくるためプリン状態になることがありますが、ハイライトカラーを入れればカラー部分と地毛部分が馴染むため、プリン状態になる心配がありません。特に白髪でお悩みのマダム世代は、白髪が目立ち始めてきたところにハイライトカラーを入れると、白髪とカラーが馴染んで目立ちにくくなる他にも、髪色全体が明るくなるためより若々しく見える効果が期待できるのでおすすめです。

スポンサーリンク

ハイライトカラーをオーダーする際のポイント

ハイライトカラーは、カラーの種類や入れ方によって仕上がりが大きく変わります。そこで、理想通りのハイライトカラーを入れるためにも、オーダーする際のポイントをご紹介します。

ポイント①ハイライトの太さ

https://pixabay.com/ja/

ハイライトカラーは太さによって印象が大きく変わります。そのため太めに入れるのか、細めに入れるのかがとても重要になります。髪の量が多く、軽く見せたい時や、アクセントのあるクールな印象にしたい時には、少し太めのハイライトカラーがおすすめです。逆に髪にボリュームを出したい時や、立体感を作って全体をナチュラルな明るい色にしたい時には、細めのハイライトカラーがおすすめです。

ポイント②ハイライトの量

ハイライトカラーの太さが決まったら、どのくらい入れるかを考えます。しかし、オーダーする際には具体的に「ハイカラーを何本入れて下さい」と伝えるのはとても難しいため、どんなイメージにしたいのかを伝えるようにしましょう。こんなイメージというのがわかるような画像や雑誌の切り抜きなどがあると、よりイメージが伝わりやすくなります。

ポイント③髪全体のカラーの雰囲気

https://pixabay.com/ja/

髪全体の雰囲気やカラーを伝えると、どんな色のハイライトカラーを入れたら良いのかが伝わりやすくなります。グリーンやブルー、ピンクなどのカラーは、一見奇抜なイメージがありますが、細かいハイライトカラーを入れることでマイルドな色合いになるため、さりげなく違和感のない仕上がりが可能です。他の人とは違った髪色を楽しみたい方はおすすめです。

ポイント④ブリーチの有無

https://pixabay.com/ja/

ハイライトにブリーチを入れるか、入れないかによっても仕上がりが変ります。ハイライトカラーをはっきり目立たせたい時には、ブリーチによって明るめのハイライトを入れることができます。しかし、ブリーチによるハイライトは色落ちが早いため、髪色全体が短い期間で明るくなる可能性があります。長くハイライトカラーを楽しみたい人にはブリーチなしをおすすめします。

スポンサーリンク

おすすめのハイライトカラー9選

おすすめ①モスグレー

 

この投稿をInstagramで見る

 

坂卓也/三ノ宮/美容院/くすみカラー/ボブ(@sakatakugram)がシェアした投稿

モスグレーは日本人の地毛色にとても合う色で、嫌味のない品の良さがあります。ストレートのボブもしくはロブヘアにおすすめのカラーで、モスグレーのハイライトが立体感を出すので、ストレートヘアでもおしゃれ度がぐっと上がるストレートヘアになります。

おすすめ②グレージュ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Freelance美容師✂︎SHIMA(@i.n.shima)がシェアした投稿

アッシュ感を出し過ぎないハイライトならグレージュがおすすめです。グレージュはハイライトカラーの定番とも言えるカラーで、外国人の地毛のようにツヤ感がありながら全体的な落ち着きもあるため、派手になり過ぎず幅広い年齢層から人気のカラーです。ハイライトカラー初心者の方にもおすすめのカラーです。

おすすめ③ミントグリーン

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sena【新宿美容室】ハイライトカラー カラーリスト(@sena__hair)がシェアした投稿

ミントグリーンと聞くとどんな色になるのか心配になるかもしれませんが、ミントグリーンとベージュを合わせたハイライトは、ミント色が強調されず柔らかい髪色でくすみを無くします。全体的に柔らかい明るさがあるカラーなので、生え際のプリン状態が気になる人におすすめです。

おすすめ④マットシルバー

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sena【新宿美容室】ハイライトカラー カラーリスト(@sena__hair)がシェアした投稿

マットシルバーは、抜け感や透明感が特徴のカラーです。毛先に向けて大きくハイライトを入れていくと、毛先の動きがより強調されます。ロングウェーブヘアの方におすすめのカラーです。柔らかくてふんわりした印象を与えるため、ボリュームが気になる人にも人気のカラーです。

おすすめ⑤ダークグレー

 

この投稿をInstagramで見る

 

yuya // 松本 侑也 // 表参道 //美容師(@eclat.yuya)がシェアした投稿

地毛の髪色に少しアクセントをつけるならダークグレーがおすすめです。細めのハイライトカラーを入れることによって、髪全体にツヤと自然な明るさが出るので、よりナチュラルな髪色にしたい人やオフィスであまり明るい髪色にできない人にもおすすめのカラーです。

おすすめ⑥マロンベージュ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sena【新宿美容室】ハイライトカラー カラーリスト(@sena__hair)がシェアした投稿

ミルクティよりも暖色が強めなマロンベージュは深みのあるカラーで、より女性らしい髪色のため女性に人気のカラーの一つです。髪質が柔らかそうに見えるマロンベージュは、ロングのゆるめカールやウェーブと相性が良いカラーです。

おすすめ⑦ブルージュ

 

この投稿をInstagramで見る

 

おざと よしき/無料カラーモデル募集/東京 美容室(@zaza_ozato)がシェアした投稿

ブルージュとは、ブルーとベージュが合わさったカラーのことで、ブルージュのハイライトカラーは、落ち着いた印象を与えるため大人の女性の魅力がさらにアップします。また透明感を出して髪をより綺麗に見せてくれるため、ストレートのロングヘアの方に特におすすめのカラーです。全体的に明るすぎないダークカラーの髪色に、さりげないブルーのハイライトのコントラストは、神秘的かつおしゃれ上級者のような雰囲気が漂います。赤やブラウン系のカラーに飽きたという方をはじめ、人気急上昇のカラーです。

おすすめ⑧ラベンダーピンクのグラデーション

 

この投稿をInstagramで見る

 

RYOTA/インナーカラー/グラデーションカラー/外国人風(@r_y_o_t_a_alive)がシェアした投稿

女性らしく可愛らしいイメージのラベンダーピンクをハイライトに入れるなら、グラデーションにするのがおすすめです。毛先に向けてラベンダーピンクが強調されていくので、あまり派手になり過ぎる心配がなくおしゃれに見えます。

おすすめ⑨ポイントハイライト

 

この投稿をInstagramで見る

 

前髪にもピンク💓💓 . instagramからのご新規様20%OFFにて施術させていただきます…♡ . ダメージレスなカラーにこだわって、来ていただいたお客様一人一人丁寧に施術させていただきます✳︎ . ご予約はTOPのURL、ホットペッパー、DM、LINEからお待ちしてます…✉︎ . #ブリーチ #ブリーチカラー #ハイライト #ハイライトカラー #グラデーションカラー #グラデーション #バレイヤージュ #インナーカラー #デザインカラー #ミルクティーグレージュ #ラベンダーグレージュ #ミルクティーベージュ #グレージュ #ラベンダー #ミルクティー #ピンクベージュ #仙台美容室 #hairstyle #ショート #ミディアム #ロング #セミロング #ボブ #ヘアカラー #ハイライト #ハイトーン #スタイリング剤 #卒業式ヘア #成人式ヘア

ⓜⓘⓐ/ハイトーン美容師/仙台(@arue_mia)がシェアした投稿 –

髪全体ではなく、部分的なハイライトもとても人気があります。前髪や襟元、もみ上げや耳の後ろ部分などにハイライトカラーを入れて、他の人とは違ったおしゃれを楽しむ人が最近増えています。ハイライトカラーを目立たせたいという人は前髪などのすぐ目につく部分がおすすめです。さりげなくハイライトを楽しみたい人という人は、髪を耳に掛けた時や、髪が風に揺れた時などにさりげなく見えるような部分にハイライトを入れると良いでしょう。

自分にぴったりのハイライトカラーでおしゃれな髪色を楽しもう!

https://pixabay.com/ja/

ハイライトカラーは、カラー選びやハイライトの入れ方によって仕上がりが様々なところや、髪のお悩みも解決してくれるなど、年齢を問わず多くの世代からいろんな髪色を楽しむことができると人気です。ハイライトの仕上がりによっては髪全体の印象が大きく変わるため、ハイライトを入れる際にはイメージをより詳しく伝えてオーダーすることがとても大切です。理想通りのハイライトカラーにするためにも、今回ご紹介したハイライトカラーやオーダーする際のポイントを参考にして頂き、自分にぴったりのハイライトカラーを見つけましょう。おしゃれな髪色は気分が上がって、表情も明るくなります。ぜひ美しい髪色を楽しみましょう。

※最後までお読みいただきありがとうございます!
この記事が面白かったと思われた方は、スポンサーサイトにも行ってみてくださいね♪
プラスクオリティーはスポンサー料で成り立っています。

スポンサーリンク