失敗しない!おすすめのハイライトカラーとオーダー方法のポイント

話題のハイライトカラーってどんなもの?

https://pixabay.com/ja/

ハイライトカラーとは、ベースの髪色よりも明るい色の細かく筋状に入れる手法のことで、髪により立体感が生まれるため人気を得ています。例えば、ブラウンベースの髪にベージュのハイライトカラーを入れると、ミルクティのような柔らかな髪色に変身します。元々は、海外セレブがハイライトカラーを入れていたのがきっかけとなって注目が集まるようになりました。外国人の髪のようにふんわりと明るく自然な髪色から、別名「外国人カラー」とも呼ばれています。

ハイライトカラーは、おしゃれヘアのアクセントとしても人気ですが、カラーリングした髪色や白髪をぼかす効果もあるため、若い世代だけではなくマダム世代からも人気があります。カラーリングをした後しばらくすると、根元から地毛の色が生えてくるためプリン状態になることがありますが、ハイライトカラーを入れればカラー部分と地毛部分が馴染むため、プリン状態になる心配がありません。特に白髪でお悩みのマダム世代は、白髪が目立ち始めてきたところにハイライトカラーを入れると、白髪とカラーが馴染んで目立ちにくくなる他にも、髪色全体が明るくなるためより若々しく見える効果が期待できるのでおすすめです。

ハイライトカラーをオーダーする際のポイント

ハイライトカラーは、カラーの種類や入れ方によって仕上がりが大きく変わります。そこで、理想通りのハイライトカラーを入れるためにも、オーダーする際のポイントをご紹介します。

ポイント①ハイライトの太さ

https://pixabay.com/ja/

ハイライトカラーは太さによって印象が大きく変わります。そのため太めに入れるのか、細めに入れるのかがとても重要になります。髪の量が多く、軽く見せたい時や、アクセントのあるクールな印象にしたい時には、少し太めのハイライトカラーがおすすめです。逆に髪にボリュームを出したい時や、立体感を作って全体をナチュラルな明るい色にしたい時には、細めのハイライトカラーがおすすめです。

ポイント②ハイライトの量

ハイライトカラーの太さが決まったら、どのくらい入れるかを考えます。しかし、オーダーする際には具体的に「ハイカラーを何本入れて下さい」と伝えるのはとても難しいため、どんなイメージにしたいのかを伝えるようにしましょう。こんなイメージというのがわかるような画像や雑誌の切り抜きなどがあると、よりイメージが伝わりやすくなります。

ポイント③髪全体のカラーの雰囲気

https://pixabay.com/ja/

髪全体の雰囲気やカラーを伝えると、どんな色のハイライトカラーを入れたら良いのかが伝わりやすくなります。グリーンやブルー、ピンクなどのカラーは、一見奇抜なイメージがありますが、細かいハイライトカラーを入れることでマイルドな色合いになるため、さりげなく違和感のない仕上がりが可能です。他の人とは違った髪色を楽しみたい方はおすすめです。

ポイント④ブリーチの有無

https://pixabay.com/ja/

ハイライトにブリーチを入れるか、入れないかによっても仕上がりが変ります。ハイライトカラーをはっきり目立たせたい時には、ブリーチによって明るめのハイライトを入れることができます。しかし、ブリーチによるハイライトは色落ちが早いため、髪色全体が短い期間で明るくなる可能性があります。長くハイライトカラーを楽しみたい人にはブリーチなしをおすすめします。

おすすめのハイライトカラー9選

おすすめのハイライトカラーを9選ご紹介します!

タイトルとURLをコピーしました