気分はリゾート♪アジアンテイストなお部屋を作るためのインテリア&実例集

スポンサーリンク

アジアンテイストなお部屋を作る際のポイントは?

開放感があり、リラックス効果抜群のアジアリゾート。日常のすべての嫌なことを忘れることができますよね。そんな癒し空間が家の中にあれば、仕事後もリラックス。開放感に満たされること間違いありません。

同じアジア圏であっても、日本とはまたまるで異なった文化を持つ、インドネシアのバリ。そのリゾートで使用される独特のダークブラウンの家具とバティック柄のテキスタイルは、アジアの土着的なイメージを連想させます。

家のインテリアにも、アジアンリゾートの空気感を取り入れてみませんか?ポイントを押さえて、思わず昼寝をしてしまいたくなる風通しのよい空間を作ってみましょう!

アジアンテイストなお部屋を作るためのおすすめインテリア

https://pixabay.com/

では、アジアンテイストなインテリアをつくるために便利なインテリアアイテムの条件をここでご紹介していきましょう!

まず、アジアの雰囲気で何より大切になるのが、有機的な素材を使用し曲線的なフォームを描いていること。素材感としては、見た目にも手触りを感じさせるような藤やラタンなどを使用します。テキスタイルとしては写真のようなビロード調のものを使用すると、ラグジュアリーなアジアテイストをつくることができます。

また、カラーリングもとても大事。家具には基本的には一部または全体にダークブラウンが使用されているものを使うとイメージが出やすくなります。そして、写真のようにアースカラーにパープルやヴィヴィッドで強目のピンクを取り入れてみると雰囲気がでてきますよね。そして、ホワイトを効果的に投入することも、大切です。

モンステラやテーブルヤシのような南国の雰囲気が出やすい観葉植物を取り入れてみると、さらにバリ風のイメージは強くなります。

アジアンテイストなお部屋のレイアウト実例集

ではここからは、実際にアジアンリゾート風のインテリアをご紹介していきましょう!各部屋での取り入れられ方を、ポイントとともにお伝えします。

また、小物の使い方も重要になってきますので、そちらにも注目してみましょう!

土着的なアイテムを取り入れる

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

BALI INTERIORS by @sheilaman_(@baliinteriors)がシェアした投稿

この写真では、壁面の飾り棚に大胆にたくさんの土着的なアイテムを並べています。どこかユニークで、かつ、土地に根付くスピリチュアルなイメージを掻き立てられるオブジェばかりです。このようなオブジェを空間に取り入れることでアジアンリゾートの雰囲気は増してきます。

ソファ前のコーヒーテーブルにも注目してみましょう。こちらは、木の荒さをそのまま生かした作りになっています。素材のもつ独特のフォルムをそのまま生かし、その風合いすらデコレーションの一部にしてしまっています。

また、南国風のグリーンの入っているポットにもラフな質感がそのまま残されています。

このように、自然のもつラフでワイルドなイメージを空間に取り込むことも、アジアのリゾート風テイストを作り出すのに効果的な方法です。

かごのようなイメージを

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

BALI INTERIORS by @sheilaman_(@baliinteriors)がシェアした投稿

写真でとりあげられているダイニング空間は、どこかモダンなテイストをベースとしながらも、使われている素材感はアジア風のテイストを醸し出すものを使用しています。

まずダイニングテーブルには、先ほどの実例と同じように木のラフなテイストをそのまま生かしたマテリアルを使用しています。その上に置かれているジャーや器も素材感がいきたアイテムです。

そして最もポイントとなっているのが、ダイニングテーブルを明るく照らすランプシェード。かごを編んでいる途中のようなユニークな形状は、アジアのカジュアルな雰囲気を生かした、おしゃれでユーモアあふれる演出です。

中央のテーブルヤシと相まって、モダンなアジアテイストを作り上げています。

タイトルとURLをコピーしました