スポンサーリンク

【不安解消に効果的】不安な時や落ち着かない時に効果的なアロマ12選
スポンサーリンク

不安解消効果が期待できるアロマは他にも色々

不安解消効果が期待できるアロマ:ベルガモット


https://girlydrop.com/

ベルガモットは、紅茶のアールグレイの香り付けにも使われている柑橘系の果実です。ベルガモットのアロマオイルは、ほのかに甘く、さわやかな香りがします。香水にもよく使われるので、アロマ初心者の方でも、親しみやすいと感じるのではないでしょうか。

精神的にバランスをとりたいときや、不安感が強いときに、ベルガモットのアロマオイルは力を貸してくれるでしょう。心を落ち着かせてくれる鎮静作用があるので、不安解消効果もしっかり期待できます。

またベルガモットには消化を促進させる効果もあるので、ストレス性の胃痛などの症状を緩和させたいときなどにも使うことができます。

ちなみにベルガモットには光毒性があるので、お肌に塗布した場合は、数時間程度は直射日光に当たらないよう気を付けましょう。アロマバスに使ったりスキンケアに取り入れたりする場合は、夜がおすすめです。

不安解消効果が期待できるアロマ:プチグレン


https://girlydrop.com/

プチグレンはオレンジの葉から抽出されるものなので、柑橘系の香りですが光毒性はありません。ですので、スキンケアやボディケアなどにも使いやすいですよ。

中枢神経を抑制してくれる効果のあるアロマなので、不安感やプレッシャーによる緊張感などを解消したいときに活躍します。寝付けない夜にアロマディフューザーなどを使って香りを寝室に拡散させれば、安眠効果も得られるでしょう。

さらにプチグレンもストレス性の胃痛や腹痛などの、消化器系の不調を緩和させる作用を持っているので、不安や緊張で胃が痛くなりやすい方などは、それらの症状を解消させるために使ってみてはいかがでしょうか。

不安解消効果が期待できるアロマ:カモミール


https://www.pakutaso.com/

リラックス効果が高いことで知られているカモミール。青りんごみたいな、甘くて優しい香りのするアロマです。不安なときや心がもやもやとして落ち着かないときなどに香りをかぐことで、ほっとした気持ちになることができるでしょう。

不安解消効果はもちろん、ゆったりとリラックスさせてくれるので、不眠解消効果も期待できます。

痛みを和らげる効果もあるので、気圧の関係やストレスなどで頭痛が起こりやすい方にも、おすすめのアロマオイルと言えます。ぜひ上手に活用してみてください。

ちなみにカモミールのアロマは香りが濃厚なので、使うときには、濃度を高くしすぎないように気を付けてください。

不安解消効果が期待できるアロマ:ローズ


https://www.pakutaso.com/

気品あふれる優雅で華やかさたっぷりのローズ。ローズのアロマは、女性に嬉しい効果が色々あります。

まず鎮静作用があるので、不安や沈んだ気持ちを解消してくれる効果が期待できます。ローズの華やかな香りには、多幸感をもたらす作用があるので、落ち込んだきもちを解消し、ハッピーな気分へと導いてくれることでしょう。

さらにローズのアロマオイルには、ホルモンバランスを整えてくれる効果も。生理痛やPMSの症状、更年期障害の諸症状などが気になるときにローズのアロマを活用すれば、辛い症状を少しは緩和させることができるはず。ローズのアロマオイルを使ったアロマバスにゆっくりと入って、身体を温めつつリラックスするのもおすすめです。

不安解消効果が期待できるアロマ:メリッサ(レモンバーム)


https://www.pakutaso.com/

メリッサ(レモンバーム)は、レモンのようなさわやかな香りのする、しそ科の植物です。香りは柑橘系に似ていますが、柑橘系の果実から抽出されるものではないので、光毒性はありません。

メリッサには、心のバランスを整えてくれる作用があります。不安なときや元気が出ないとき、情緒不安定になってしまっているときに、使うと良いでしょう。心を安定させて、不安感などを解消する効果が期待できますよ。香りがさわやかなところも、使いやすいポイントです。

さらに抗炎症作用のあるアロマなので、スキンケアに使うのもおすすめ。ニキビができてしまっていたり、お肌が荒れやすいタイプの方にとくに適しています。

不安解消効果が期待できるアロマ:フランキンセンス


https://girlydrop.com/

「乳香」とも呼ばれていて、ほのかにレモンみたいなさわやかさを感じさせる香りが特徴のフランキンセンス。メジャーなアロマの中の一つです。

フランキンセンスには、気持ちを安定させる効果があるので、不安解消したいときに活用するのにぴったりです。緊張するようなシーンで香りをかげば、不安な気持ちが落ち着いて、リラックスすることができるでしょう。緊張しそうな場面に、フランキンセンスのアロマオイルを染み込ませたハンカチなどを持って行くのもおすすめです。

またフランキンセンスには収れん作用があるので、お肌のケアに使うのにも適しています。キャリアオイルなどとブレンドして、スキンケア用オイルを作ってみると良いでしょう。特に乾燥肌の方や、年齢サインが気になるお肌のケアにおすすめです。

不安解消効果が期待できるアロマ:ジャスミン

うっとりさせるような甘い香りのジャスミン。ドーパミンの分泌を活性化させる効果があり、陶酔感と多幸感をもたらします。かつて、媚薬のように使われていたのも納得です。

多幸感をもたらしてくれるので、不安や鬱々とした気分を解消したいときに使うのにもぴったりです。ただしジャスミンは香りが濃厚で強いので、使いすぎには気を付けてくださいね。

さらに子宮に作用するアロマでもあるので、生理痛などの緩和に活用することもできます。生理中にいらいらしやすい方にもおすすめです。

不安解消効果が期待できるアロマ:クラリセージ

クラリセージは、甘くハーバルな香りのアロマオイル。心を落ち着かせてくれる効果と、気持ちを高めてくれる効果の両方があるので、不安なときや気持ちが落ち込んでしまっているときに活用するのに、ぴったりのアロマオイルの一つであると言えるでしょう。不安感を解消し、前向きな気持ちに導いてくれるはずです。

さらに鎮静作用やホルモンにはたらきかける作用もあるため、生理痛や頭痛などの緩和にも活用させることができます。ホルモンに作用するため妊娠中には基本的に避けなければならないアロマオイルですが、妊娠中以外は様々な症状を解消・緩和させるのに役立ちます。活用してみてください。

スポンサーリンク

アロマオイルを使う上で気を付けたいポイント

スポンサーリンク