スポンサーリンク

【妻の産後クライシス】そのとき夫にできることをご紹介します
スポンサーリンク

産後クライシスは誰にでも訪れる

https://www.pakutaso.com/

女性は出産後、急激に変わる生活スタイルで心身ともに疲労し、ストレスをためてしまいます。しかも赤ちゃんがいると、簡単にストレス解消をすることもできません。そのストレスのはけ口が夫に向かい、夫婦関係が悪化していきます。このような状況が産後クライシスです。

出産後、女性は自分の体の回復もままならないうちから、24時間、赤ちゃんと一緒に過ごします。授乳が上手にできなかったり、寝かしつけに苦労したり、沐浴をしたり、今まで経験したことのないことの連続です。

産後クライシスに陥る女性は、精神的に弱いのでしょうか。それともごく少数の女性なのでしょうか。産後は、多くの女性が同じような大変さを経験します。産後クライシスはどんな女性でも陥る可能性があるのです。

スポンサーリンク

産後クライシス中の妻の気持ち

産後クライシスに陥った女性は、心の中にどんな気持ちを抱えているのでしょうか。具体的な声をご紹介します。

夫は育児の大変さを分かっていない

https://www.pakutaso.com/

初めての出産となれば、出産後の生活がどんなものになるのか、男性には分かりづらいと感じます。妻は、授乳、おむつ替え、沐浴、寝かしつけなど、今まで経験したことのないことを、こなしていかなければなりません。しかも毎日続きます。夜は、授乳のために何度も起きなくてはいけません。寝不足の毎日が続きます。ストレスがたまるのは当然です。

それに気づかずに、夫が家事を手伝わない。赤ちゃんが泣いているのに、スマホから目を離さないのならば、妻が夫にあたってしまうのも当然でしょう。

いたわりの言葉がないのか

https://www.photo-ac.com/

夫は仕事があり、ゆっくり休んでほしいので、寝室を別にしている夫婦も多いでしょう。妻は夜中、授乳のために何度も起きています。夫は妻が夜中に何度起きたのか、知らないかもしれません。また授乳や寝かしつけなど、どうしても母親でないと赤ちゃんが泣き止んでくれないことも多くあります。このようなことは、出産直後から毎日続きます。育児はやはり女性への負担が重くなります。

夫のためと思って寝室を別にし、育児も一生懸命やっているのに、いたわりの言葉が一言もないと、「夫は何も分かっていない」と妻は感じてしまいます。

夫は心のなかで感謝していると言うかもしれません。思い切って言葉にしないと、育児で疲れ切った妻には届かないでしょう。

私ばかりが育児をしている

https://www.pakutaso.com/

夫は仕事とはいえ、職場で色んな人に会い、話ができます。昼休みには同僚と楽しくお昼ごはん。ゆっくりコーヒーを飲む時間もあるでしょう。仕事終わりに飲みにいこうと思えばいけるはずです。

産後クライシスに陥った女性は、そんな普段と変わらない生活を送る夫にイライラします。妻は、毎日赤ちゃんと一緒で、外出するのも大変です。一人でゆっくりしたいと思っても、誰かが赤ちゃんの面倒を見てくれないと、身軽に外出するなんて、できないのです。

もちろん赤ちゃんはかわいいですが、24時間毎日面倒を見ていると、疲れが溜まります。

夫には、休みがあります。しかし育児に休みの日はありません。自分ばかりが、ずっと育児をしている。妻がそう感じても不思議ではありません。

スポンサーリンク

妻の産後クライシス中、夫にできること

妻がイライラして、怒りっぽくなった。夫婦喧嘩が多くなった。それは夫に助けてほしいという妻からのサインです。そのサインをしっかり受け止められる夫でいて下さい。そして辛い状況にある妻を支えてあげて下さい。

夫にできることを具体的に紹介していきます。

妻の育児生活を知ろう

https://www.pakutaso.com/

仕事が休みの日に、妻がどのような一日を過ごしているのか、ぜひ知って下さい。朝、台所には、夜中に使った哺乳瓶がそのままになっているかもしれません。洗い物や洗濯物がたまっていたり、おむつのゴミがたまっているかもしれません。母乳育児ならば、質のよい母乳ために、妻は脂質の多いものや甘いものを我慢して、栄養のいい食事を準備しなければいけません。

夫が知らないところで、いろんなことを一人でこなしているはずです。その大変さを理解してあげて下さい。

妻へ優しい一言を

https://www.pakutaso.com/

夫は仕事に行けば、たくさんの人に会って、たくさんの刺激があります。自分のペースで物事を進めることができます。出産前と同じ生活スタイルでしょう。

一方、妻は出産直後から赤ちゃんと離れることができません。昼夜関係なく、赤ちゃんは泣きます。その都度起きて、おむつを確かめたり、授乳をしたり。夜中に粉ミルクを作ることもあるでしょう。何事も赤ちゃん優先で、自分のことは後回し。赤ちゃんのために妻は一生懸命です。出産前と急激に変わった育児中心の生活にストレスを感じるのも当然です。

一日一度、たった一言「よく頑張っているね」「体、大丈夫?」と声をかけてあげましょう。こう言ってくれるだけで、妻は「夫は私の大変さを理解してくれている」と喜びを感じます。そして「大変なときはいつか終わるから」と前向きな気持ちになれるものです。

イライラを受け止める

https://www.pakutaso.com/

「どうせ俺があやしても泣き止まないから」、「母親のほうがいいに決まっている」という理由で、赤ちゃんが泣いても手を出さない夫がいます。妻は出産直後から、ひたすら赤ちゃんの面倒をみています。泣き声が聞こえたら、たとえ体がつらくても、様子を見に行きます。そんなことを毎日何度もしているのです。そんな夫にイライラして、怒りをぶつけたくなります。

夫には赤ちゃんを泣き止ませることができなくても、育児に関わろうとする姿勢を見せてほしいのです。

育児は一人でするものではありません。夫がそれを理解し、一緒に頑張ろうという気持ちでいてくれたら、妻のイライラは間違いなく、消えていくはずです。

妻を休ませてあげる

https://www.pakutaso.com/

「夫が休みの日、昼寝をしていると腹が立つ」、「忙しい私を尻目に、夫は好きなドラマをゆっくり見ていて、不愉快だ」

毎日が育児の連続で、寝不足でもある妻からみれば、本当にうらやましく見えます。夜まとまって眠れる時間は3時間程度。ドラマなどゆっくり見る心の余裕もないでしょう。

また赤ちゃんの世話は、いつも順調にいくとは限りません。おむつからうんちがもれて、服やシーツまで汚れてしまった。母乳を吐いて、布団まで汚れた。自分の体調が悪くても、授乳や寝かしつけをしなくてはいけない。育児中にはよくあることです。

育児は楽しいものというイメージを持つ人が多いかもしれませんが、実際は面倒なこと、我慢の必要なことの連続です。毎日育児に明け暮れる妻が、ストレスを抱えても不思議ではありません。

「僕がみておくから、少し休んで」、「たまにはゆっくりお茶でもしてきてよ」

そう夫が言ってくれたら、どんなにか嬉しいでしょう。赤ちゃんが成長して、少し余裕が出てくれば、妻は産後クライシスから回復するでしょう。そして理解のある夫に心から感謝します。

普段どおりの生活を送れることに感謝しよう

赤ちゃんに恵まれて、夫は普段通りに会社にいける。これがどんなに幸せなことかを改めて考えてみましょう。

日本産婦人科医会の統計によると、2010年1月から16年4月まで、全国で計298人の妊産婦が死亡している、という報告があります。毎年50人前後が出産時に命を落としているのです。お産は病気じゃないと簡単に考える人もいますが、お産は命がけです。母子健康で産まれることは幸運なことなのです。

毎日育児で疲れている妻が夫にきつく接してきても、それは妻が育児を一生懸命やっている証拠。そう思って受け止めてあげて下さい。妻と赤ちゃんいて、普段通りに一緒に生活できることは当たり前ではないのです。

きっと乗り越えられる

https://www.pakutaso.com/20170754188post-12414.html

産後クライシスを乗り越えるためには、夫のほうが少し心を広く持ち、妻に言い返さない、イライラを受け止める我慢が必要でしょう。それは妻が育児に慣れ、赤ちゃんがもう少し大きくなるまでの、一時的なものです。

妻の育児疲れやイライラを解消してあげられるのは夫しかいません。夫が妻の産後クライシスに早くに気づき、妻を支えてくれたならば、妻はきっと夫の愛情を強く感じます。そして産後クライシスを乗り越えたのちには、今までより強くなった夫婦関係を感じることができるはずです。

※最後までお読みいただきありがとうございます!
この記事が面白かったと思われた方は、スポンサーサイトにも行ってみてくださいね♪
プラスクオリティーはスポンサー料で成り立っています。

スポンサーリンク