ホ・オポノポノで事態悪化?それって好転反応かも。そのメカニズムとは

ホ・オポノポノはハワイの伝統的な問題解決やセルフヒーリングの方法です。でも、問題解決しようと思ってホ・オポノポノを始めたのに、逆に事態悪化してしまった、なんてことはありませんか?この方法を実践していると、一時的に好転反応が起きて事態が悪化してしまうことがあるんですよ。好転反応はよくなる前兆。こちらの記事ではホ・オポノポノの好転反応について解説していきます。

公開日:    最終更新日:

ホ・オポノポノの基本をおさらい

https://unsplash.com/

ホ・オポノポノは、「ありがとう」「ごめんなさい」「許してください」「愛しています」を繰り返し言うことで、自分の周りにいいことが起き始める問題解決の方法です。この「ホ・オポノポノ」は古くからネイティブハワイアンに伝わる知恵でした。現代ではその思想は幅広い分野で取り上げられ、世界に広く知られるように!

ホ・オポノポノは、繰り返し4つの言葉を呪文のように唱えることで、潜在意識のインナーチャイルド(子供の頃に傷ついた記憶・内なる子供)を浄化し、その結果、いいことが起こり始めるという仕組みです。潜在意識が浄化されれば、今まで「潜在意識の記憶」が原因で思うように生きられなくなっていた人も事態が改善されていくのは間違いないでしょう。

ホ・オポノポノを始めると事態が悪化することがある

https://unsplash.com/

ホ・オポノポノで事態改善しようとしてやってみたのに、一時的に事態が悪化してしまうことがあります。よくなると思ってやってみたのに、なんで?と思うかも知れません。

病気が治って良くなる前に、一時期に症状が悪化してしまうことを好転反応といいます。治る直前に患部から放出される膿が、血液中に混ざって症状が悪化してしまうんですね。

それと同じように、ホ・オポノポノを実践し始めると潜在意識が浄化され、よくなる前兆として、一時的にいやなことが起きたり、身体の不調が起きたりすると考えられていますよ。

ホ・オポノポノの好転反応とは

せっかくよくなる前兆として好転反応が起きたのに、効果が出る前にホ・オポノポノを止めてしまっては意味がありません。では、ホ・オポノボノの好転反応は具体的にどのようなものがあるかをお伝えしていきます。

その①体調不良が起こる

https://unsplash.com/

ホ・オポノポノを始めると好転反応で、頭痛や眠気・めまいが起きたり、逆に眠れなくなってしまったりする人もいます。好転反応で眠くなるスピリチュアルな意味は、魂が、あちらの世界でこれからの人生会議をしていると考えられていますよ。これから大きく運が変わったり転機が訪れたりする時に強烈に眠くなることが多いのはそのためです。いずれにしても好転反応の場合は一時的で、長くは続きません。

その②イライラする

https://unsplash.com/

無償にイライラしてしまうから、ホ・オポノポノを続けられない!なんてことはありませんか?これは今まで潜在意識の中に貯めこんでいた「負の記憶」が浄化段階にあるということですよ。

負の記憶が多ければ、その分だけ負の感情があふれてきてイライラしてしまうことも!感情のせめぎ合いを乗り越えたら、きっとホ・オポノポノの効果を実感できるはずですよ。

その➂過去の記憶が押し寄せてくる

https://unsplash.com/

毎日ホ・オポノポノの4つの言葉を唱えていると、過去の辛かった記憶が押し寄せて、辛くて途中でやめてしまう人もいます。なぜ辛くなるのかというと、潜在意識の書き換えが起こる前に、過去のトラウマと向き合い、乗り越えていく作業が必要とされるからです。

辛い場合は、4つの言葉の全部を唱えるのはやめて、「愛してます」「許してください」「ごめんなさい」「ありがとう」の中で、自分にとって心地よい言葉だけを口にするようにしましょう。

その➃いやなことが起こる

関連記事