育児に疲れてしまった…そんな時の原因・対処方法とは

とても可愛い我が子とはいえ、24時間つきっきりでのお世話は疲れてしまうもの。時には「育児やめたい」「一人になりたい」と思ってしまうことだってありますよね。しかし、疲労感を溜めたままにしておくといつか限界がきてしまいます。そうならないために、育児疲れの原因や対処方法を知っておき、無理なく育児をできるようにしましょう。

公開日:    最終更新日:

育児は誰だって疲れてしまうもの

https://www.pakutaso.com/20170116031post-10206.html

にこにこ無邪気な笑顔、抱きついてくる小さな手…子供はみんな可愛いですが、わが子の可愛さは格別ですよね。でも子供にはお世話も必要、そしてそのお世話のほとんどがお母さんの仕事となってしまうものです。24時間365日、年中無休で朝だろうが夜だろうがお構いなし。体も心も休まる暇のない育児は、どんな人でも疲れてしまうものです。

ではそもそも育児疲れを感じてしまう原因には、どんなことがあるのでしょうか?ここからは育児疲れに多い原因をご紹介しましょう。

育児疲れを感じてしまう原因とは?

自分の時間が全くない!

https://www.pakutaso.com/201606221551-6.html

学校や仕事でも、授業や業務の間に必ず30分から1時間程度の休憩が取れるものですよね。そこでちょっとコーヒーブレイクをしたり、携帯で趣味の情報を探したり自分の好きなことに時間を使うことができます。

しかし育児は赤ちゃんや子供の都合に合わせて動くことが必要で、自分のペースでは一切動けませんよね。たまに赤ちゃんや子供が機嫌よく一人で遊んでいたり昼寝をしていても、「ここがチャンス!」とばかりに洗濯や掃除などたまっていた家事をこなしているお母さんも少なくないでしょう。まして夜は子供の夜泣きや寝かしつけに時間が取られる上に、仕事から帰ってくる旦那様のご飯やお風呂の支度、なんならそこに片付けも付いてきて、気が付いたらもう深夜…。

育児を頑張るお母さんには、一息つく自分の時間は全くなく、1日の疲労がずーっと溜まっていってしまうのです。

パンやお菓子がご飯代わり?栄養不足

https://www.pakutaso.com/20171013296post-13760.html

赤ちゃんや子供は食事中も遊びたいもの、一生懸命作った食事も食べずぽいぽい遊び散らかすことも多いですよね。ご飯を用意して食べさせて食べこぼしや食器を片付けて…、そんなことをやっていると「自分のご飯は簡単なものでいいや」と、手軽に食べられるパンやお菓子で済ましているお母さんも少なくないでしょう。

しかし、糖分や炭水化物ばかり食べていると、カロリーが足りていても人間の体に必要で疲労を取り除く効果のあるタンパク質やビタミンが足りなくなってしまうので、疲労が取れずいつも疲れているような状態になることがあります。

食事がおろそかになると、ただでさえ辛い育児疲れがより辛くなる可能性がありますよ。

子供は予測不能…常に緊張感

https://www.pakutaso.com/20150147015post-5054.html

子供の行動って、大人には理解できないことが多いですよね。はいはいできるようになる頃からは自分で行きたい方向に行ってしまうので、気が付いたら「危ない!」となることもしばしば。スマホがよだれだらけ、冷蔵庫や棚に入っている調味料を床に撒き散らす、大事な書類をトイレに投げ込む、熱湯の入ったポットに手をかけてしまうなど、冷や汗が出た瞬間が皆さんにもあるでしょう。

家はもちろんですが、外に出たらもっと危険がたくさんあります。急に飛び出して車や自転車にひかれないか、変な大人にさらわれたり声をかけられたりしないか、他の子供とケンカしていないか、見守る親は一瞬たりとも目が離せません。

家にいても外にいても、わが子を守るためお母さんは常に緊張状態を強いられるのです。

育児につきもの…睡眠不足

関連記事