スポンサーリンク

育児に疲れてしまった…そんな時の原因・対処方法とは

スポンサーリンク

パンやお菓子がご飯代わり?栄養不足

赤ちゃんや子供は食事中も遊びたいもの、一生懸命作った食事も食べずぽいぽい遊び散らかすことも多いですよね。ご飯を用意して食べさせて食べこぼしや食器を片付けて…、そんなことをやっていると「自分のご飯は簡単なものでいいや」と、手軽に食べられるパンやお菓子で済ましているお母さんも少なくないでしょう。

しかし、糖分や炭水化物ばかり食べていると、カロリーが足りていても人間の体に必要で疲労を取り除く効果のあるタンパク質やビタミンが足りなくなってしまうので、疲労が取れずいつも疲れているような状態になることがあります。

食事がおろそかになると、ただでさえ辛い育児疲れがより辛くなる可能性がありますよ。

子供は予測不能…常に緊張感

子供の行動って、大人には理解できないことが多いですよね。はいはいできるようになる頃からは自分で行きたい方向に行ってしまうので、気が付いたら「危ない!」となることもしばしば。スマホがよだれだらけ、冷蔵庫や棚に入っている調味料を床に撒き散らす、大事な書類をトイレに投げ込む、熱湯の入ったポットに手をかけてしまうなど、冷や汗が出た瞬間が皆さんにもあるでしょう。

家はもちろんですが、外に出たらもっと危険がたくさんあります。急に飛び出して車や自転車にひかれないか、変な大人にさらわれたり声をかけられたりしないか、他の子供とケンカしていないか、見守る親は一瞬たりとも目が離せません。

家にいても外にいても、わが子を守るためお母さんは常に緊張状態を強いられるのです。

タイトルとURLをコピーしました