我が子にも習わせたい!子供の人気習い事ランキング

最近では子供の習い事も多様化していきています。少し前までは水泳や習字などがほとんどでしたが、時代の流れにより、プログラミングやユーチューバー講座などの習い事が出てきました。では実際に今、本当に人気のある習い事はどれなのでしょうか?ランキング形式でご紹介していきます。子供に習い事をさせようと思っている方は参考にしてみてくださいね。

公開日:    最終更新日:

習い事の種類も多様化してきている

https://www.pakutaso.com/20150836218post-5857.html

皆さんは子供の頃どのような習い事をしていましたか? 学習塾、そろばん、英会話、水泳、ピアノ、野球、サッカー・・・、 習い事で得たものが、大人になってからも役に立っているという方も多いでしょう!子供の成長のために習い事をさせたいと考えている家庭も多いと思います。

文部科学省によると、 7割以上の子供が習い事をしており、そのうち3割が複数の習い事を掛け持ちしているそうです。

2020年の今、わたしたちが子供だった頃には 考えられなかった習い事が、増えてきているんです! そんな習い事も含め、「最近の習い事事情」を見ていきましょう。

今年 「英語」は必修から教科に格上げ、 「プログラミング」は必修になりました。つまり、これら二つの科目は国を挙げて強化に取り組んでいる科目であり、 しっかり取り組んでいくことが、子どもの将来につながると考えらます。

文部科学省「外国語教育」
https://www.mext.go.jp/a_menu/kokusai/gaikokugo/index.htm

文部科学省「プログラミング教育」
https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyouhou/detail/1375607.htm

習い事をさせるメリット

https://www.pakutaso.com/20161017286post-9212.html

子どもに習い事をさせることは、さまざまなメリットがあります。

・自信がつく
・体力がつく
・能力に気付ける
・コミュニケーションが得意になる
・成績が上がる

幼少期からの習い事は、 脳内ホルモンである「ドーパミン」を多く分泌させます。

→ドーパミンとは、快楽や喜びを感じた時にでる物質。

子ども時代にたくさんドーパミンを分泌させることで、 人間らしさ、向上心、集中力を高めることができます。脳の覚醒により、「もっとうまくなりたい」「もっと褒められたい」といった やる気が活性化しやすくなります。 他の子よりも得意なことがあるという自信は、大人になっても生かされるでしょう。

子供の習い事に通っている日数や予算は?

https://www.pakutaso.com/20160414116post-7720.html

一週間で習い事に通う日数の調査が行われ、 多かったのは週1日・週2日でしたが、週3日以上と回答した割合も35%にも上り、 なかには週7日という回答も…! 習い事をいくつも掛け持ちする子どもも多いようです。 習い事に通う曜日は、平日では水曜日、週末は土曜日が人気のようです。

子供の習い事に掛かる平均費用はどれくらい?

https://www.pakutaso.com/201706051781-26.html

気になる費用ですが、月額で5,000円から30,000円程度が主流のようです。

月謝やレッスン費用のほかに、教材や道具代、交通費もかかります。 複数掛け持ちしていれば、それだけ家計には大きな負担にもなります。

実際に、習い事にかかる費用の負担感をみると、 約6割が“負担”と回答しており、 外食費や被服・美容費、レジャーなどへの支出を我慢して 子供の習い事の費用を出している家庭が多いようです。

地域によっても子どもの習い事にかける費用の傾向に違いが見られ、 収入格差のほか、習い事に対する関心の高さ、習い事の充実度の差などが影響していると考えられます。

子供の成長だけでなく、家計にも目をむけて…

https://www.pakutaso.com/20120613170post-1601.html

子供の心身の成長のために、 幼い時期から、習い事をさせてあげたいと思う家庭も多いでしょう。 しかし、家計には負担がかかることも、目を背けることの出来ない事実です。

親の希望ばかりで無理に多くの習い事をさせてしまい、 子供のやる気が無くなってしまうのものも良くないです。

費用が家計の負担になり、親子ともにさまざまな面で無理を強いられてしまっては意味がありませんし、親と子にとって Lose-Lose な関係となってしまいます。

子供の成長や家庭の状況にあわせ、 あらかじめ資金をコツコツ準備したり、かけられる費用の上限を決めたり、 達成目標(やめ時)を定めたり、家族で相談しながら時には習い事を見直すことも必要です。

子供の教育には、 「学費のように必ずかかる費用」と、「習い事のようにある程度柔軟性が持てる費用」があります。 家計の将来をシミュレーションしながら、計画を立てて無理のない範囲でやりくりをすることが、子供の成長と家計を両立させる秘訣といえそうです。

子どもの習い事は何歳から?

https://www.pakutaso.com/20170645177post-12207.html

とあるサイトの調査で「子どもに習い事をさせているか」という質問に対し、 3歳までは半数以下ですが、4歳になると8割近くに急増! 4歳から習い事を始める子どもが多いようです。

4歳頃は自立心が発達し、 自分の意思が伝えられるようになる時期のため、習い事を始めるのに適した時期です。 また、4歳は保育園・幼稚園の年少クラスにあたり 習い事をしている友達からの影響によって、自分も始めたいと思うことが 4歳から習い事を始めている子供が多い要因のようです。

その後、 小学校2年生(8歳)になると、さらに習い事をしている子どもの割合は増え、9割近くなります。 要因として、小学校生活に慣れて落ち着いた8歳頃に習い事を始める家庭も多いようです。

【男の子向け】子供の人気習い事ランキング

関連記事