我が子にも習わせたい!子供の人気習い事ランキング

習い事の種類も多様化してきている

皆さんは子供の頃どのような習い事をしていましたか? 学習塾、そろばん、英会話、水泳、ピアノ、野球、サッカー・・・、 習い事で得たものが、大人になってからも役に立っているという方も多いでしょう!子供の成長のために習い事をさせたいと考えている家庭も多いと思います。

文部科学省によると、 7割以上の子供が習い事をしており、そのうち3割が複数の習い事を掛け持ちしているそうです。

2020年の今、わたしたちが子供だった頃には 考えられなかった習い事が、増えてきているんです! そんな習い事も含め、「最近の習い事事情」を見ていきましょう。

今年 「英語」は必修から教科に格上げ、 「プログラミング」は必修になりました。つまり、これら二つの科目は国を挙げて強化に取り組んでいる科目であり、 しっかり取り組んでいくことが、子どもの将来につながると考えらます。

文部科学省「外国語教育」

文部科学省「プログラミング教育」

習い事をさせるメリット

子どもに習い事をさせることは、さまざまなメリットがあります。

・自信がつく
・体力がつく
・能力に気付ける
・コミュニケーションが得意になる
・成績が上がる

幼少期からの習い事は、 脳内ホルモンである「ドーパミン」を多く分泌させます。

→ドーパミンとは、快楽や喜びを感じた時にでる物質。

子ども時代にたくさんドーパミンを分泌させることで、 人間らしさ、向上心、集中力を高めることができます。脳の覚醒により、「もっとうまくなりたい」「もっと褒められたい」といった やる気が活性化しやすくなります。 他の子よりも得意なことがあるという自信は、大人になっても生かされるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました