【東京の美術館】定番のおすすめから穴場まで一気にご紹介♪

スポンサーリンク

東京には様々な美術館がたくさん♪

東京には大きな展示会が開催されるような世界的に見ても訪れる価値の高い立派な美術館から、あまり知られていなくとも、ユニークな建物や個性あふれる展示が多くの人を魅了している小さい美術館まで様々なタイプの美術館があります。

大きな美術館であれば1日で回りきるのも大変なほど広いところもありますから、見ごたえもありますし、充実した時間を過ごすことができます。

小さな美術館であれば、その美術館にまつわる作家についてより深く知ることができます。

それぞれに魅力があるのでいろいろと訪れてみるとよいでしょう。

東京の定番のおすすめ美術館

国立新美術館

こちらの美術館は東京メトロ千代田線乃木坂駅から直結、東京メトロ日比谷線六本木駅からも徒歩5分の場所にあります。

全面に使用されているガラスが大変印象的な外観の建物は、有名な日本の建築家 黒川紀章氏によって設計されたものです。

国立新美術館といえば、館内の作品鑑賞と合わせて、素晴しい美術館の建物の鑑賞も楽しめるのでおすすめです。

国立新美術館には決まったコレクションがありませんが、公募展が展示室10室や野外の展示場で行われ、様々な企画展も常時行っています。そのため、訪れるたびに新しい発見があるでしょう。

そして、国立新美術館を訪れた際にぜひ合わせて行きたいのが、レストラン「ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ」です。

天井の高さが21メートルもあるアトリウムに立っている逆円錐の上にあるレストランで大変開放感のある素晴しい店内では、正統派のフランス料理を気軽に味わうことができます。

アラカルトはもちろん、ランチ、ディナーのコースが用意されています。

ランチのコースでは、メイン(魚または肉料理)にデザートと食後の飲み物がついた内容で¥2400 (税別)といった手頃な価格のものも用意されています。

美術鑑賞の後、ステキな空間の中でぜひ美味しいフレンチを味わってみては。

国立西洋美術館

東京・上野には素晴しい美術館が数多く集まっています。

中でも、建物がル・コルビュジエの建築であり、世界遺産にも登録されている国立西洋美術館は訪れるべき美術館の一つと言えるでしょう。

現代の建築物にも大きな影響を与えたと言われている建物を間近に見ることができます。

建築に詳しくない方でも楽しめる建築ツアーも開催されているので参加してみては。

館内には、中世末期~20世紀初めの西洋絵画を中心に展示してあります。また外には有名な近代彫刻作品も展示されています。

一般的にもよく知られている、ロダンの「考える人」があり、有名なモネの「睡蓮」の絵も展示されています。

あまり美術の知識のない人でも、学校の授業で習ったような誰もが知る有名な作品が展示されていますので、楽しめると思います。

そして西洋美術館を訪れた後に、立ち寄りたいのが併設されているミュージアムショップです。

こちらで展示されているモネの睡蓮をモチーフとしたグッズやそれ以外にもその時の企画展示されているシリーズのグッズも取り揃えてあり、お土産として購入することができます。家に帰っても美術館を訪れた時の記憶が蘇るでしょう。

また、書籍コーナーがあり、約2000種類もの美術に関連する書籍が用意されています。ここでしか入手できないものもあります。

サントリー美術館

サントリー美術館は六本木にある東京ミッドタウンの中に入っており、東京メトロ日比谷線や都営地下鉄大江戸線の六本木駅から直結で行けるので、雨の日でも外に出ずに行くことができます。

こちらのコレクションには国宝や重要文化財などが多く含まれており、貴重な展示を鑑賞することができます。茶器や日本画など、日本の美術に関する画展がよく開催されており、日本文化を知るのに訪れる価値のある美術館と言えるでしょう。

「生活の中の美」を基本理念としており、絵画や彫刻品だけではなく、日常生活で使用する道具などの美にも重点をおき、展示されているので、私たちの実生活で活かされるヒントも発見できるかもしれません。

※2020年5月22日まで休館中 5月23日より、リニューアル・オープン記念展が開催されます。

また、こちらの美術館には茶室が併設されており、開催日は限定されますが、お抹茶と和菓子を味わうことができます。(1日50組まで¥1000)

モダンで美しい茶室は「玄鳥庵」と呼ばれています。静かな非日常的な空間の中で美味しいお茶をいただきに訪れてみてはいかがでしょうか。

※現在休止中 リニューアル後 2020年5月より再開予定

タイトルとURLをコピーしました