スポンサーリンク

小姑問題はこんなにも深刻!離婚を避けるためのケーススタディと対策
スポンサーリンク

小姑問題が原因で離婚に至る3つのケース

https://pixabay.com/ja/

嫁姑問題、小姑問題も突き詰めてみれば、夫を挟んでの愛情・人情の争奪戦、マウントの取りあい、夫の収入に対する期待・依存が原因である場合がほとんどです。

姑はなんだかんだ言っても、母親として息子や息子の家族が幸せに暮らすことを願っています。

小姑は違います。

未婚であれば、自分の生活や将来の幸せを常に優先的に考えるし、結婚して子供が生まれれば、自分の子供や家庭を最優先に考えます。人間の本能として仕方がないことです。

これが、小姑問題の解決が難しい大きな原因の一つです。小姑問題はこじらせると離婚の引き金になるほど解決が難しくなります。

ここでは、小姑問題から離婚に至ってしまった3つのケースを追いながら、夫に見られる共通の問題行動や妻が陥りがちな問題のある思考パターンを浮き彫りにしていきます。

小姑が離婚したため無期限で同居しなければならない

https://www.pexels.com

小姑と同居するのは姑と暮らすよりも危険です。世帯収入が低かった過去において大家族が一緒に暮らす生活が成立したのは、譲り合い精神が生きていたからです。そして、何よりも嫁の立場が極端に低く、嫁がなんでも耐え忍んでいたからです。

今時、戦前戦中のように、なんでも我慢して従う妻なんてナンセンス。そんな人生は送れませんよね。

・Aさん(32歳)の場合

Aさん(32歳)は派遣社員として働いていました。結婚して3年になりますが子どもは授かりませんでした。自営業を営む実家を手伝う夫と義理の父母と同居していましたが、姑が家事を全て引き受けてくれていたので、特に不便を感じることもなく平和に暮らしていました。

しかし、小姑(夫の姉)が離婚して子供を連れて実家に転がり込んでくると、家の中の空気が徐々に変わっていきました。最初は遠慮がちであった小姑が、家業の手伝いを始めると、発言権が強くなりました。

家事を姑に任せっぱなしのAさんに対して「家庭への貢献度ゼロだね!」「子どもも生まない、家事もしない嫁ってすごいよね」とたびたびイヤミを言うようになりました。

姑と小姑はいつもヒソヒソと悪口を言っているようで、Aさんが部屋に入ってくると急に話をやめることもありました。

食事中の会話でも、小姑はあてつけのようにAさんには入れない話題を探します。家族旅行の思い出や親戚の話、従兄弟の近況などみなが楽しそうに話していると、Aさんは強い疎外感を感じました。

仕事でも家でも気苦労が多かったAさんは徐々に体調を崩し始めました。すると小姑はこれ幸いと、買い物や外食に家族全員で出かけるときに、Aさんに留守番を押し付けてくるようになりました。

小姑のイヤミに耐え切れなくなったAさんが夫に相談すると、その時は頷いて聞いてくれたのですが、後日「人の言葉を悪く捉えるな」、「被害妄想じゃないのか」などと、逆に夫から叱られる始末。
小姑に上手く言いくるめられたのでしょう。

Aさんの体調はますます悪化し、仕事中に過呼吸で倒れたときは、そのまま実家に戻りました。小姑の顔を思い浮かべると苦しくなり、どうしても夫のもとに帰れない日々が数週間続いた後、Aさんは離婚を決意しました。夫はあっさりと離婚の申し出を受け入れました。

小姑からAさんの悪口を聞かされ続けていた夫は、家事もしない、自分の姉や両親とも上手く付き合えない嫁に嫌気が差していたみたいです。子どもができなかったことも、二人があっさり婚姻関係を解消できた理由の一つかもしれません。

小姑問題で「同居」は最も避けるべき最悪のキーワードです。小姑が夫の実家に転がり込んできたら、別に家を借りましょう。

夫の実家の支援をあてにしている場合ではありません。何もかも失ってからでは遅いのです。

夫が実家離れできていない

結婚してからも、妻と新しい家庭を築くよりも、実家や小姑をより大切に考える夫がいます。こういう夫はなんでも実家に相談します。妻の希望よりも姑や小姑の意見を優先します。

・Bさん(23歳)の場合

Bさん(23歳)の夫も実家をなによりも大切に考える種類の人間でした。結婚式も実家のしきたりに従って、実家の菩提寺で仏前結婚式を挙げるはめになりました。

Bさんは学生旅行で訪れたことのあるヨロン島のシーサイドガーデンで結婚式を挙げることがずっと夢でした。マリンブルーの海が視界いっぱいに広がる美しいガーデンです。

何度も夫を説得しましたが、口うるさい小姑が、親戚にどう思われるかなどと言って許しませんでした。夫の故郷は人と人の繋がりが濃い田舎なので、親戚の目も気にする必要があったのです。

結婚後も小姑はたまに新居にやってきては、掃除が行き届いてない、節約しなさいなどと口うるさく注意します。Bさんも夫の家族に好かれたいと思い、逆らうことなく「はいはい」と従いました。

Bさんが妊娠すると、小姑はマタニティライフに関しても、口うるさく干渉してきました。冷たいものを食べるな、危ないから外出は控えなさいなどと言われ、Bさんは強いストレスを感じたようです。

Bさんは無痛分娩を希望していました。自分が痛みに対して抵抗力が極端に少ないことを自覚していたのです。対応可能な産院をみつけ、費用なども調べました。夫は出産法など興味がないのか、賛成や反対の意思表示は特にありません。

しかし、詮索好きの小姑は普段から夫にあれこれ聞き出します。Bさんが無痛分娩での出産を予定していること知った小姑は、「痛みの伴わない出産では母としての自覚が芽生えない」などと古臭いことを言って許しません。

出産に不安を募らせるBさんは分娩に立ち会って欲しいと夫に頼み、夫も快諾して事前講習など一緒に受けてくれました。しかし、出産当日になると、小姑がやってきて出産に立ち会おうとする夫を部屋から追い出してしまいました。出産は汚れだから男が近づくべきではないという伝統的な考え方があったようです。

痛みへの恐怖心や急に立ち去ってしまった夫への絶望感から、出産はなかなか進まず、Bさんはその後18時間も分娩台の上でくるしみました。

やっと生まれた女の子は4000グラムを超える巨大児でした。外出もゆるされず適度な運動ができなかったので、お腹の中で育ちすぎてしまったのです。

育ちすぎたあかちゃんは出産時に上腕部が産道で圧迫を受け、神経を傷つけてしまいました。両手が上がらなくなり、赤ちゃん特有のバンザイの姿勢ができません。

上がらない両手を必死に動かす赤ちゃんを見ながら、B子さんは思いました。自分がしっかりしなくては。強くなってこの子を一人で育てようと。

あれこれと口うるさく指図してくる夫の姉が原因で離婚に至る。小姑問題でも上位を占めます。

小姑が経済的に依存してくる

https://www.pexels.com/

兄と妹の場合、兄は小さいときから「妹をたすけてあげて」、「妹の面倒をみてあげて」と言われて育ちます。妹を守り、助けてきた兄は、大きくなってからも妹が可愛くて心配でたまりません。

ボーナスをもらっても、妻には贈り物一つ買わないのに、小姑にはお小遣いを渡すし、ねだられれば高価なプレゼントを買い与えます。

・Cさんは(51歳)の場合

最近離婚を決意したCさんは(51歳)は二つ年上の姉さん女房です。リストラされた夫は個人でアフリカから布を仕入れネット販売をしています。夫の収入はごくわずかで不安定です。二人の間には二十歳になる娘が一人います。

Cさん(51歳)の夫には4つ年の離れた妹がいます。Cさんは愛想の良い、しかしオネダリ上手の小姑が苦手でした。

小姑は20歳で結婚して二人の子供を授かったものの、3年後には事故で夫を亡くし、保険会社で営業として働きながら女手一つで子供を育てました。

Cさんの夫は若くして未亡人となった妹の面倒をなにくれとなくみています。Cさんは市役所に務めていたので、給与も勤務形態も安定しており、夫はそんなCさんに甘えているふしがありました。

妹の営業成績が振るわずコミッションが稼げない月など、夫はわずかしかない収入をそのまま小姑に渡すこともありました。甥や姪の授業参観、風邪をひいた小姑の世話、電気製品の修理など、いちいち小姑は夫を呼びつけ、夫も呼ばれれば喜々として駆けつけるのでした。

昨年、一昨年と義理の父母がガンで相次いで亡くなったときも、義父母が住んでいた家などの遺産はそっくりそのまま小姑が相続しました。夫から両親の遺言に従ったと説明されると、Cさんはそれも仕方がないことと、それなりに納得はしました。

そんなCさんがついに耐え切れなくなり、夫との生活に終止符を打つことを決意したのは、夫から、ネイルショップを開きたい姪のために、初期費用を出してやりたいと相談を持ちかけられたときです。

費用振込の期限が迫るなか、なかなか首を縦に振らない妻に業を煮やした夫は、無断で通帳を持ち出し、頭金を支払ってしまったのです。

Cさんの家の貯金はほぼ100%、Cさんのボーナスを蓄えたものです。もともと少ない収入を妹のために使い果たす夫は、家庭の生活費は愚か、自分の車を買う費用もCさんに頼っていました。

Cさんにも大学に通う娘はいるわけだし、今後、学費や結婚費用と貯金はいくらあっても足りません。稼ぎが少なく、生活費を負担しない夫に文句の一つも言わずにきた寛容なCさんではありましたが、小姑の家庭の出費を丸抱えする力は自分にはないと終に離婚を決意したのです。

このように、小姑問題はお金に起因することが多いようです。

スポンサーリンク

小姑問題で解決が難しく、いっそ離婚したほうが良いケース

スポンサーリンク