大人女子のマストアイテム、ハイライト♡おすすめ商品と入れ方や順番など

「最近顔がのっぺりしてきたかも……?」素敵に年齢を重ねていても、お顔に立体感がなくなってきたように感じることはありませんか?そんな憂いも、ハイライトをメイクに取り入れるだけで解決しちゃいます。可愛らしい丸みをぜひ手に入れてください!

公開日:    最終更新日:

ハイライトの力で疲れ顔とさよなら

https://pixabay.com/ja/

大人の女性にこそ使ってほしいメイクアイテム、それはハイライトです。頬や唇に光をあつめるだけで、立体感をもたせてくれます。また、顎や鼻にハイライトをポンポンとのせると、キュッとシャープな骨格を演出できます。

ふれるとプニッとふわふわしているのに、見た目じゃそれがつたわらない。昨夜パックをする時間がなくて、今朝は顔がつかれてみえる。

そんなときこそハイライトを使って光をあなたの味方に!

ハイライトは順番や入れ方がポイント

朝起きて、さあ今からメイク!その前に、今日自分がなりたい顔のイメージを思い浮かべてみてください。

  • たくさん会議があるから、知的なオーラをまとっていたい。
  • はじめて出会うお客さまに、ふんわりやさしい印象を与えたい。
  • あかるい雰囲気で、生徒たちとステキな時間をすごしたい。

そんな願いはあるのに、忙しい毎日をワンパターンなメイクで過ごしてしまっていませんか?

ハイライトの入れ方や順番を工夫して、理想の自分へと近づいちゃいましょう。

たとえば以下の印象などいかがでしょうか。

ふわんとやさしい光で透明感を

https://pixabay.com/ja/

ハイライトを仕込むおすすめ箇所は、頬骨の上、ひたい、そして耳たぶです。

入れ方は、頬骨にそってすうっと引くだけ。先にのせておいたチークをより馴染ませるのにも便利なアイテムです。

ひたいには、中心に小さな円を描くように。耳たぶには最後指にのこったハイライト、筆にあまったハイライトをちょんとのせれば完璧。

順番として、ハイライトはメイクの仕上げにまとうのが基本となります。

ハイライトで光を誘導して、頬とひたいにはやさしい丸みを、耳たぶには密かなツヤを作りだしましょう。

キュッと引き締めてエレガントに

https://pixabay.com/ja/

ハイライトは骨格矯正アイテムのひとつといえます。おすすめ使用箇所はふたつ。

まずは鼻筋です。

入れ方は、鼻のつけ根からするりとのせるだけ。骨格が浮きでて鼻がより高くみえます。さらに鼻先へハイライトをポン!丸みが気になる鼻の形をキュッとコンパクトにみせてくれます。

ふたつめは顎先です。

メイクを順番に仕上げていくなかで、フェイスシャドウでシェーディングを行っている方もいるのではないでしょうか。エラが気になったり、丸顔がすこしだけ嫌になったり。そこにぜひハイライトをプラス!

入れ方は、顎先にかるく馴染ませるだけ。顔立ちをさらにギュッと引き締めてくれます。

ハイライトの入れ方であなたのなりたい骨格に近づけるのです。

ぷっくりボリュームで足される色気

https://pixabay.com/ja/

ふと鏡にうつる自分の唇が、小さくなったように思うことはありませんか?

年齢を重ねていくうちに唇のボリュームがへったのかも。そうはいってもぷっくり唇が恋しい!

そんなときは少量のハイライトを、唇の山の先へのせてみましょう。それだけで立体感がグッとアップ。

ついでに目頭にもすこしだけオン。入れ方は、目頭のくの字にそってひかえめに。鼻筋がより際だち、彫りが深くなってみえます。

ここでのハイライトの順番は、全体のバランスをみながら最後に足すのがベスト。

こまやかな部分に光をプラスして、瞳にもうるみを演出してみてはいかがでしょう。

ピッタリなハイライトをみつけて、自分へのご褒美に

 

この投稿をInstagramで見る

 

FENTY BEAUTY BY RIHANNA(@fentybeauty)がシェアした投稿

ハイライトにもタイプがあるのをご存じですか?パウダータイプやリキッドタイプ、クリームにグロウタイプも。

そんなにあるの?どれをえらべばいいのかわからない!そう思われたかもしれません。ですが大丈夫。

みなさんその日の気分や目的で、お洋服やヘアスタイルをえらばれていることでしょう。

ハイライトもおなじように、楽しみながら使い分けるとステキです。もしくは好みのタイプをみつけちゃいましょう。

以下にハイライトの種類をご紹介します。

関連記事