もしかしたらうつ病の可能性も?更年期に被害妄想をしてしまう原因と対処法

40~50歳は「更年期」と呼ばれ、身体にあらゆる不調が現れやすくなってくる年齢です。更年期に入って被害妄想が酷くなってきた…という方はいませんか?もしかすると、それは「更年期うつ」と呼ばれる、更年期障害の症状の1つかもしれません。更年期うつの原因と対処法を知って、しっかり向き合っていきましょう。

公開日:    最終更新日:

もしかしたらうつ病の可能性も?更年期に被害妄想をしてしまう原因と対処法


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/pp816IMGL0968_TP_V.jpg

40~50歳は「更年期」と呼ばれ、身体にあらゆる不調が現れやすくなってくる年齢です。更年期に入って被害妄想が酷くなってきた…という方はいませんか?
もしかすると、それは「更年期うつ」と呼ばれる、更年期障害の症状の1つかもしれません。更年期うつの原因と対処法を知って、しっかり向き合っていきましょう。

被害妄想がひどいのは更年期のせい?

更年期の精神的な症状とは

更年期と言えば、さまざまな種類の症状があらわれますが、人によって激しく出る人、ほとんど感じないままの人と個人差があります。更年期の精神的な症状としては、うつ病や躁うつ病に似たものです。

情緒不安定、気分が落ち込む、倦怠感、人前に出たり人に逢うのが億劫、不安や孤独感を強く感じたり、仕事の効率が悪くなるだけでなく、今まで楽しかった趣味や好きだったものに興味が全くなくなり、やる気が失せるのです。

うつから被害妄想へと


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/KOIBITODe_TP_V.jpg

こういったうつ状態は症状が進むと被害妄想へと変わっていきます。充分な根拠や確証のない状態で、他人が自分を攻撃していると思い込んでしまうため、周りの人がみんな敵に見えたり、悪意があるように思えてしまうのです。実際は全くそのようなことがないので周りも本人もなすすべがありませんし、人間関係に大きな亀裂を入れてしまいかねません。
このように更年期に被害妄想の症状が出ることは珍しいことではないのです。

被害妄想の種類

被害妄想はその特徴から大きく3つに分類されます。
他人に笑われている、噂されているなど、まったく関係のない他人の言動や表情なども全てが自分に向けられている。関係のあることだと思い込む「関係妄想」。
盗聴器が仕掛けられている、誰かに後をつけられたり見張られたりしている、盗撮されているなどと思い込む「注察妄想」。
周りにいる人が自分を襲おうとしている、食べ物や飲み物に毒が混入されている、爆弾が仕掛けられているなど、誰かに襲われたり、苦しめられたり、危害を加えられると思い込む「迫害妄想」。
思い込みが激しくて、実際にそれが起こっていると思っているため、「被害妄想だ」という自覚を持つのはとても難しいです。

更年期うつの原因は?

エストロゲンの減少がさまざまな影響を与える


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/TAKEBE160224560I9A0437_TP_V.jpg

女性ホルモンのひとつ、エストロゲンの減少によって、このような女性の更年期は引き起こされます。子宮の活動が衰えてくる時期、ちょうど閉経を挟んだ前後の期間なのですが、それまで女性の身体のバランスをとってきたエストロゲンが減少することにより、身体のさまざまな部分に不調が見られるようになります。
生理不順、ホットフラッシュ、イライラなど自覚しやすい症状が出る場合もありますが、冷え、頭痛、乾燥など、一見、更年期と関係なさそうな不調があらわれることもあります。

更年期は心にも影響している


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/KZ1796062_TP_V.jpg

エストロゲンの減少は、神経伝達物質であるセロトニンを不安定にさせます。それによって、気分の落ち込みや不安が引き起こされていきます。これがうつになりやすい原因のひとつです。
また、更年期の期間は自分自身や環境に大きな変化があらわれやすい時期と重なります。例えば、女性ホルモンが減少することにより見た目に老いがあらわれてくる。鏡に映る日々の自分に一喜一憂したり、老いは止められないとあきらめたりと感情が揺さぶられていきます。

そして、年代的にちょうど子育てが終わる時期なので、専業主婦などは肩の荷が下りて喪失感を感じやすくなります。と、同時に、自分たちの両親の介護の問題など頭の痛い問題も持ち上がってきます。精神面を攻撃するような出来事、環境が、次々と襲ってきます。このような心理的なストレスが、うつにつながっています。

更年期うつのセルフチェックをしてみましょう

自分でできる、更年期うつのセルフチェック


https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/N784_nayamuokamisan_TP_V.jpg

なかなか自覚症状を感じることが難しい更年期のうつですが、客観的に自分を見て判断するセルフチェックがあります。自分が当てはまらないか、ぜひチェックしてみてください。

更年期うつになると

更年期うつの場合はこのような精神的な特徴があります。

・すぐに疲れてしまったり倦怠感がある
・もの忘れがひどくなるなどの集中力低下
・寝つきが悪く、すぐに目が覚めるといった睡眠障害
・何をしていても楽しくない、食欲もない、身なりにも気を遣わなくなる
・外出するのもおっくうで家に引きこもりがちになる
・イライラしたり、ちょっとしたことでもカッとする、わけもなく落ち込んだりするような情緒不安定
・人が話していることをなかなか理解できない

関連記事