【正しく食べれば怖くない!】美容に効果的なチョコレートの種類と食べ方

スポンサーリンク

「チョコレート=太る、肌に悪い」だけではない!

チョコレートには、【カカオポリフェノール】と【カカオプロテイン】が含まれています。特に、カカオポリフェノールは美容に効果があると知られています。 「チョコレート=太る、肌に悪い」と思っていた方には意外かも知れません。実は研究によって、この2つの成分にはすごい効果があることが分かってきました。 チョコレートに含まれる、たくさんの素晴らしい効果について学びましょう!

カカオポリフェノールとは?

皆さんはポリフェノールという成分を聞いた事はありますか? ポリフェノールとは、赤ワインや緑茶などに含まれている植物由来の抗酸化物質です。 ポリフェノールの抗酸化作用は血行を促進し、身体を温める効果があります。また【動脈硬化予防】や【活性酸素によるトラブルを防いでくれる】ことで注目されています。

また、東京医科大学と株式会社明治の産学共同で実施した「カカオポリフェノール摂取による健康リスク(高血圧、高血糖、高コレステロール)の変化に関する研究」によると、閉経後の女性が継続的にカカオポリフェノールを摂取することで、インスリンの働きを改善できるという結果が出ました。 高血圧・高血糖・高コレステロールといった閉経後女性の健康リスク予防に役立つことが証明されたのです。

これまでぼんやりと身体に良いと言われていたそのポリフェノールが、具体的にどう機能するのか研究されているのは興味深いですね。チョコレートの材料になるカカオ豆には、このポリフェノールがたっぷりと含まれています! 自然食品からポリフェノールを摂取することは、意外と難しいのですが、カカオ豆ならその状態のまま全てを摂取する事が出来ます。しかも、ワインと違い、酔っ払ったりしません。 日中におやつとして、美味しく手軽にポリフェノールを摂取することができるのですから、チョコレートは思いのほかヘルシーな食べ物なのかもしれないのです。

meiji「カカオポリフェノールに閉経後女性の健康リスク予防の可能性」

カカオプロテインとは?

帝京大学と株式会社明治の産学共同で実施した「チョコレート摂取による健康機能に関する実証研究」により、チョコレート摂取による腸内環境改善に関する報告がありました。 これまでポリフェノールの健康効果はよく知られていましたが、カカオプロテインに関する効果は知られていなかったので、これは喜ばしい発見です!

さらに実験を重ねることで、高カカオチョコレートの摂取によって、腸内細菌フィーカリバクテリウムの増加が確認されました。フィーカリバクテリウムは健康な高齢者の腸内に多く存在することから長寿菌とも呼ばれ、ビフィズス菌、乳酸菌に続く新たな有用菌として近年注目を集めています。

カカオ豆に含まれるタンパク質であるカカオプロテインは、ポリフェノールと並ぶカカオの機能性成分です。

食物繊維を普段の食事であまり摂取できない現代人にとって、高カカオチョコレートでカカオプロテインを摂取できるとは朗報です。しかもフィーカリバクテリウムの増加を促進する効果があると、研究者から太鼓判を押してもらえたのです!

皆さんはブームとなっている「菌活」を取り入れていますか?菌活とは、身体に良い働きをする菌を積極的に食事から取り入れることです。自分の腸内に住んでいる良い菌(善玉菌)を育てて、腸内環境を整えると、代謝や免疫力が高まって健康で元気な身体になれます。ヨーグルトや納豆を食べたり、キノコ料理を積極的に食べるなど、最近ではたくさんのレシピが紹介されていますよね。研究で証明されたように、高カカオチョコレートを食べることも、菌活になるのです!

ただし、腸内環境の改善には繋がりますが、即効性があると立証されたわけではありません。便秘改善を目的に、チョコレートを食べ過ぎるのは良くないの注意して下さいね。

meiji「5分で分かる効果 カカオポリフェノール・カカオプロテイン」

meiji「新発見!カカオプロテインで便通改善 実証研究」

タイトルとURLをコピーしました