日本人の8割以上が毒親育ち?!機能不全家族育ちの生きづらさから脱出する方法

日本人の8割以上が苦しむ機能不全家族の特徴

日頃「毒親」という言葉で語られることが多くなった「機能不全家族」。これは、アルコールや薬物、ギャンブル、暴力やセックスなどの依存症、育児放棄やゴミ屋敷化など、さまざまなネグレクトの問題を抱えた親(毒親)がいる家族のことです。

驚くことに、日本では8割以上の家庭が「機能不全家族」で、家族が本来の家庭としての役割を果たしていないのだそうです。この事実は、アダルトチルドレンやDV問題に精通する臨床心理学博士の西尾和美さんによって提唱され、著書『機能不全家族-「親」になりきれない親たち』(1999年、講談社刊)に書かれています。

8割の機能不全家族育ちを苦しめる「毒親」の存在

https://www.photo-ac.com/

子供の人生において、機能不全家族である毒親の存在感は圧倒的です。なぜなら子供は一人で生きて行くことができないので、毒親がどんなに不条理なことを押し付けても、生きていくめにはそれを受け入れざるを得ないからです。

あなたも覚えがありませんか。テストで百点を取らないと不機嫌になる親。一流大学、一流企業に入れないなら人間的な価値がないという親の態度は、情緒的脅迫の原型です。

「子供は親の言うことだけ聞いていればいい。生んでやったのに親に意見するな」

「親の介護は子供の責任」

「産んで育ててやったんだから、親に恩返しするのは当たり前」

「お前なんか生まなきゃよかった」

さまざまな毒のある言葉が子供の心を傷つけますが、それでも親を喜ばせたい、愛されたいという欲求から応え続け、結局は毒親に反発しながらも、支配された人生を歩むことになっているのです。このような重い生きづらさを抱える人が、日本では8割を超えているのは驚異ですよね。

日本の8割以上を占める機能不全家族・毒親の特徴

毒親。特に母親が毒親化すると、子供は常に、母親の有害な批判や否定を受けながら育つことになります。毒親の愛情のない心、条件付きの愛、すさんだ環境は子供に大きな傷を残します。

日本で8割以上を占めると言われる機能不全家族とは以下のような家庭です。

  • 両親の仲が悪く、常に夫婦喧嘩している
  • 親の浮気や不倫の発覚などの修羅場を見せられる
  • 祖父母と両親の仲が悪く、常にいがみ合っている
  • 精神的、身体的、精神的な虐待や放置
  • 子供に対する厳しいしつけと人格否定
  • 兄弟(姉妹)や優秀な子供との比較
  • 親から課せられるあまりにも大きすぎる期待
  • 家族の誰かがいつも病気がちな不健全な状態
  • 外には愛想よく、家族には厳しい。
  • 父親と母親の言うことや指示が違い、どちらをやっても否定される
  • 窒息するほど溺愛されるか、まったく無関心で放置される
  • ゴミ屋敷のような家庭環境に置かれる
  • 育児放棄、いつも親が不在

こういった家族の中で育つと、子供はほぼ自己肯定感を失ってしまいます。そして、人を疑ったり、他人の好意を受け入れられなくなることが多いようです。あるいはその逆で、他人が自分から離れて行くのが怖くて、必用以上に尽くしたり、世話を焼いたり執着したりを繰り返すことも少なくありません。他人との距離感がうまく取れず、生きづらさが生じてくるのです。

「子供時代の思い出は、両親が夫婦喧嘩をしていることしかありません。いつも喧嘩を止めようとして私も怒鳴られ、ひどい言葉で否定されてきました。社会に出ても、大声を出す人が怖いです。できれば人と関わりたくない。些細なことでも心が前を向くのにひどく時間がかかります」
(40歳・女性)

「幼い頃から母親の過干渉がすごかったです。彼女はずっと優等生で過ごしてきた人。テストや図画工作、音楽まですべて「私の子供ならできるはずだ」と過剰に期待され、常に優等生の母と比較され、何をやってもダメだと刷り込まれてつらかった」
(33歳・女性)

なぜ日本人に8割以上もの機能不全家族がいるのか?

それにしても、なぜ日本人の8割以上が機能不全家族などという状態になってしまったのでしょう。前述の臨床心理学博士の西尾和美さんがその理由を以下のように説明しています。

  • 日本人は世間や周囲の人の目を気にする習性があること
  • 他人や相手の世話にのめりこみ、自分を見失ってしまう共依存や特殊な人間関係を、逆に美徳とする社会構造であること
  • 育った家庭や学校、職場で「健全な人生のあり方」や「コミュニケーション術」、「人間関係の持ち方」を教える場が極端に少ないこと

確かに、これでは8割以上の機能不全家族がいても仕方ありません。苦しい日本の現状が見えてきます。

生きづらさを抱えるアダルトチルドレンたち

https://www.photo-ac.com/

親に評価されることだけを最優先し生きてきた子供のことを、心理学用語でアダルトチルドレンと呼ばれます。アダルトチルドレンは、自分のことを肯定できないまま結婚し、自信がないまま家庭を築き、いつの間にか毒親と同じ子育てをしていると気づき、苦しみます。

毒親育ちのアダルトチルドレンは、自分の心の傷を癒さない限り、子供を産んだ時に次の世代に再び不健全なコミュニケーションや人間関係、思考、行動を伝え続けてしまうことが多いと西尾先生は警鐘を鳴らしています。

アダルトチルドレンが幸せになるためには、毒親に痛めつけられた心の傷を癒すことが最優先です。生きづらさを解消するためには、負の連鎖を断ち切り、積極的に自分を愛して守る手段を考えていくことが大切です。

タイトルとURLをコピーしました