もううんざり!夫婦喧嘩で消耗したくないときのプチ家出と離婚のヒント集 

お互い結婚当時はラブラブだったのに、今では顔を合わせれば夫婦喧嘩。これって本当にストレスがたまりますよね。しかし、キレる前にクールダウン。まずは自分と向き合う時間が必要です。今回は、すべての家事を放棄するプチ家出の方法と、離婚経験者に聞く離婚のメリットデメリットなど、将来を考えるヒントをご紹介します。

公開日:    最終更新日:

夫婦喧嘩が続いてキレそう!ムカムカが止まらない。どうしたらいいの?

https://www.photo-ac.com/

最初はくだらない勘違いで始まった夫婦喧嘩。

売り言葉に買い言葉、お互い感情的になって言っちゃいけないことまで口走ってこじれまくることもありますよね。また度重なるモラハラ、浮気、嘘など我慢の限界まで来る夫婦喧嘩もあるでしょう。とにかくひとつ屋根の下で夫婦喧嘩をして陰険な時間を過ごすのは正直最低な気分ですよね。夫婦間の波長は最悪。そもそも夫婦喧嘩はどういう原因で夫婦喧嘩が始まるのでしょうか。

夫婦喧嘩の原因ワースト5

https://www.photo-ac.com/

①不公平な家事のシェア

共働きなのに掃除洗濯炊事すべて押し付けてくる。体調が悪くても「俺の夕食まだ?」などと平気で言う。育児子育て任せっきり、妊娠中の妻への気遣いゼロ、脱ぎっぱなし出しっぱなし、休日は1日中スマホゲームに夢中

②金銭問題

買い物のしすぎ、借金やローンの問題、小遣いの問題、隠し預金の発覚、衝動買い、アプリの高額課金、支出への細かい口出しや説教

③不倫・異性関係

ラブホや風俗通いの発覚、スマホやLineからの不倫発覚、不倫相手からの挑戦的な電話や家庭訪問、女癖の悪さ

④嫁姑間のトラブル

姑の嫌味やマウンティング、義家族のアポなし訪問、盆暮れ正月の帰省関係、義母義父の介護を全てさせられる、病院や買い物の送迎トラブル、頻繁な雑用と呼び出し

⑤パートナーのモラハラ

俺様中心で威張り散らす、気に入らないと不機嫌になる、長期間の無視、出した料理に手を付けない、殴る、蹴る等の暴力、暴言や脅迫、一方的強制的なセックス、過剰な放屁、酒癖の悪さ、ギャンブル、外見非難、仕事批判

まさに、夫婦喧嘩あるあるの世界です。「夫婦喧嘩は犬も食わず」と言われるように、夫婦は喧嘩しても時間を置けばまたすぐ仲良くなると言われているのが通常ですが、何度も同じ原因で揉めたり、度重なる不愉快な状況が長びくと、誰だってムカムカイライラしますよね。我慢できない状態で顔を合わせるのは辛いもの。一人になってクールダウンする時間が必要です。

夫婦喧嘩はエネルギーの無駄遣い。家出?離婚?おすすめはプチ家出

https://www.photo-ac.com/

夫婦喧嘩で耐えられない、心が折れそうな時にする「プチ家出」は、最もメジャーな解決方法です。謝られてもなかなか許せない事がありますし、つもり積もったストレスを解消するためにも、物理的精神的に距離を取るのは大切なこと。

日頃から夫や義家族に「良い妻」を演じてきたなら、今すぐ一人になって、本来のあなたに戻る必要があるのです。

夫婦喧嘩からのプチ家出、思い切ってやってみよう

①日帰りでストレス発散

https://pixabay.com/ja/

「まあ、いっか!」と割り切って、1日外で好きなことをして過ごしましょう。家庭や役割に縛り付けられた自分を解放する時間です。公園でぼーっと過ごすもよし、お弁当を買って一人ピクニックもよし。カフェでのんびりと過ごしたり、図書館、漫画喫茶などで好きな本やコミックにどっぷり浸かるのもおすすめです。一人カラオケで思いっきり歌って声を出すのもストレス解消には最適。いざという時に使える一人で落ち着ける場所を日頃から探しておきましょう。1日フリーで過ごすと、夕方にはすっかり機嫌が戻り、晩御飯は何かおいしものでも作ろうという気持にもなるはずです。

②1泊2日の家出で更に羽を伸ばす

関連記事