【赤ちゃんにおすすめの絵本特集】読み聞かせのメリットも紹介します♪

赤ちゃんに絵本を読むことによるメリット

まだ視界もぼんやりしていて言葉も理解できない赤ちゃんですが、パパやママが絵本を読み聞かせしてあげることで、赤ちゃんにはもちろんのこと、親にとってもメリットがあることをご存知ですか?

0歳からの赤ちゃんに絵本を読み聞かせすることで、赤ちゃんの脳と心を育んでいくのです。絵本の内容は理解できないし、かわいいイラストが描いてあっても何なのか分からないでしょう。

それでも赤ちゃんに絵本を読み聞かせするメリットについてお話していきましょう。

赤ちゃんは胎児の頃から耳が聞こえている

妊娠中から、お腹の中にいる赤ちゃんに話しかけたり歌を歌ってあげたりすると良いと言われていますが、赤ちゃんは胎児の頃から耳が聞こえているのです。

実は、妊娠初期の早い段階の頃から赤ちゃんの脳は作られているのです。ですから、産婦人科によっては妊婦さんに「マタニティミュージック」をプレゼントするところもあるのです。

お腹の中にいる時からママの声を聞いてきた赤ちゃんは、産まれてからもママの声には聞き覚えがあるのです。聞きなれたママの声は赤ちゃんに安心感与えてくれるのです。

絵本の読み聞かせは愛情ホルモンを分泌させる

0歳の赤ちゃんは、パパやママに抱っこされるのが大好き。抱っこされている時の親のぬくもりや表情、やさしい声は愛情ホルモン(オキシトシン)の分泌を促しているのです。あまり聞きなれないかも知れませんが、このオキシトシンは親子の愛情を深めるうえで欠かせない、とても大切なホルモンなのです。

オキシトシンの分泌が促進されると、赤ちゃんはパパやママからの愛情を受けて心が満たされます。これによって、知能レベルやストレスを抑える効果もあると言われているのです。

実は、絵本の読み聞かせは赤ちゃんにだけメリットがあるわけではありません。親にも効果があるのです。子育て中は何かと育児のストレスが溜まりやすいもの。夜中におむつを変えたり授乳したり、ママは本当に忙しいですよね。育児の疲れが溜まってくると、ホルモンのバランスが崩れてイライラしてくることもあるでしょう。

そんな時に赤ちゃんを抱っこしてあげると、溜まっていた育児疲れにエネルギー補充されるのです。また、ママには母乳の分泌効果もあると言われています。

ただし、育児疲れがあまりにひどい場合には、周りの人の協力も必要です。子育ては一人でするものではありません。リフレッシュして赤ちゃんとの時間を過ごすようにしましょう。

絵本の読み聞かせで好奇心や集中力を育てる

赤ちゃんに絵本の読み聞かせをすることで、脳と心の発達に大きな影響を与えられます。言葉を覚えたり、絵本の内容を理解する時期ではありませんが、好奇心や集中力は赤ちゃんの頃から育てることが出来るのです。

愛情いっぱいにパパやママがスキンシップしながら絵本を読んであげることで、赤ちゃんの想像力や知性がどんどんふくらんでいくでしょう。すると、幼児期に入ったころには、絵本の世界からさまざまな事へと興味を増やしていくことが出来るのです。

シナプスと呼ばれる脳の情報伝達物質の数は、幼少期でほぼ決まると言われています。ですから、愛情たっぷりに子育てをすると言うことには大きな意味があるのです。

絵本を選ぶ際のポイントは?

生後2~3か月までは、赤ちゃんは1日のほとんどを眠って過ごしています。

新生児の頃は、ママが読みやすい絵本を選ぶと良いでしょう。ママの優しい声が子守唄のような感じで赤ちゃんの耳に入っていきますよ。

生後3か月を過ぎた頃の赤ちゃんは、起きていられる時間が増えてきている頃です。だんだんと表情も豊かになってきますね。この時期には物語などのストーリー性があるものではなく、色や形などがハッキリとしている絵本を選んであげると良いでしょう。

オトマトぺの効果

オトマトぺとは、ものごとの声や音、また気持ちを表した音のことです。
例えば犬の絵を指さして「ワンワン」と言ったり、お星さまが輝いている絵を指さしながら「キラキラ」と読み聞かせるときに使います。
3か月を過ぎた頃の赤ちゃんは笑うことが多くなってきているので、オトマトぺの読み聞かせは大好きになるでしょう。

赤ちゃんに絵本を読んであげる時のコツ

赤ちゃんに絵本を読んであげる時のコツをご紹介します。

タイトルとURLをコピーしました